fc2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.8】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.3】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.4】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.5】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.6】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.7】

ドキッ!パシフィックディビジョンだらけで迎える最終回。
ひと昔前は「魔境サウスウエスト」でしたね。
どちらにしろ西で草。


◆23-24シーズン掲載数順位◆

1. 56回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回1位タイ【±0】
2. 52回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回3位【+1】
3. 51回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回10位【+7】
4. 48回 フェニックス・サンズ (前回11位タイ【+7】

5. 32回 オクラホマシティ・サンダー (前回15位タイ【+10】
6. 28回 ミルウォーキー・バックス (前回18位【+12】
7. 23回 デトロイト・ピストンズ (前回24位タイ【+17】
8. 21回 デンバー・ナゲッツ (前回5位【-3】
9. 20回 ダラス・マーベリックス (前回14位【+5】
10.18回 ワシントン・ウィザーズ (前回4位【-6】
10.18回 サンアントニオ・スパーズ (前回26位タイ【+16】
10.18回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回6位【-4】
13.16回 フィラデルフィア・76ers (前回7位【-6】
14.15回 インディアナ・ペイサーズ (前回28位タイ【+14】
14.15回 メンフィス・グリズリーズ (前回15位タイ【+1】
16.14回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回11位タイ【-5】
17.13回 オーランド・マジック (前回24位【-6】
17.13回 マイアミ・ヒート (前回23位【+6】
17.13回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回22位【+5】
20.11回 ニューヨーク・ニックス (前回19位タイ【-1】
20.11回 ヒューストン・ロケッツ (前回26位タイ【+6】
22.10回 サクラメント・キングス (前回15位タイ【-7】
22.10回 ボストン・セルティックス (前回19位タイ【-3】
22.10回 シカゴ・ブルズ (前回19位タイ【-3】
25. 9回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回8位タイ【-17】
26. 8回 ユタ・ジャズ (前回8位タイ【-18】
27. 7回 アトランタ・ホークス (前回24位タイ【-3】
27. 7回 ブルックリン・ネッツ (前回1位タイ【-26】
29. 3回 シャーロット・ホーネッツ (前回30位【+1】
30. 1回 トロント・ラプターズ (前回28位タイ【-2】



◆4位・・・掲載数48回
フェニックス・サンズ(実順位:西5位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
23位 18位 10位 10位 9位 5位 11位 4位

パシフィックディビジョン4強の中で、PHXだけは少し弱めか。
コメントパワーの1/3程度はWatanabeがローテーションに入っていた時のものであり、
ローテーションを外れてからの掲載率は50%程度。
と考えると6位相当のチームと言えるか。

ただそれでもKD、ブッカー、ビールのBIG3を擁するコメントパワーは健在で、
活躍したらしたで、しなければしないで、溶かしたら溶かしたで、
相応の盛り上がりは見せる。
残念なことに一番盛り上がるのは、最終Qにリードが溶け始めたあたり。
元々PGの補強をおろそかにしていたチーム状況から、
KDの疲れやブッカーのTOなどがあった際、
「ホレ見た事か」とイキり易いシチュエーションになってしまうのだ。

ビールに関しては、その欠場の多さから特に批判が多く、
元々の契約を結んだWASまで矛先が向くことも日常。
半面活躍をした際は、
ブッカーとKDのダブルチームを回避する理想的な存在とまで言われる。

KDはチームが敗戦する度に、次のバスはここだ!と揶揄されるのは相変わらず。

脆さはあり、批判も度々あるものの、チームは実順位西5位とそこそこの位置をキープ。
それでも最近のNBAの傾向として、BIG2を軸としたチームバスケという風潮が目立つため、
バリバリBIG3+ミニマムのPHXが優勝するかも、という意見は驚くほど少ない。
むしろLACという声の方が大きいのだが、そもそもLACの場合
解釈によってBIG2~4まで意見が分かれるので判断に困る。



◆3位・・・掲載数51回
ロサンゼルス・クリッパーズ(実順位:西3位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
8位 9位 20位 3位 6位 18位 10位 3位

カワイ・レナード&ポール・ジョージという最注目デュオ結成時以来となる3位に。
このスーパー2wayデュオも、毎年の怪我やヘタれ、またRSはロードマネジメントにより
期待値が年々下がっており、そのあたりはコメントにも大きく影響していたのだが、
今季は両エースの欠場頻度が減ったことが大きい。

しかしまず本チームに一番の影響をもたらしたのは髭だろう。
3年連続トレード要求の終着地として訪れたLAC。
両エースとラスで心身ともに良いチームとして戦っていけそうな雰囲気の中、
颯爽と現れたハーデン。
それと共に急激に落ち込んでいくLAC・・・。

元々期待値の高くなかったLACだけに、
ハーデンの加入でチームがギクシャクして解体、というのは、
それはそれで皆が楽しめてしまうベクトルであった。
すっかり「システムwwwww」と揶揄され、
LACの試合は毎試合お祭り状態に。

しかし、ラスの男気ベンチ志願から流れはぐっと変わった。
幾試合を経てフィットし始めたハーデンと共に、
カワイは、未だ全盛期かのようなプレイを見せ、チームは再びの上昇気流に乗る。
時たまポジョがポニョったとしても揺るがない強さがそこにはあった。
またズバッチの代わりをセンターラスが務める熱いシーンも心を揺さぶった。
6thノーマン・パウエルは卑怯(褒め言葉)と言われ、
最近では隙あらばマ〇コフィ、マン〇フィと叫ばれる彼らも2ndを支える。

メイショウルーが再びの栄冠を勝ち取る姿は、
先述したように、PHXよりもくっきり皆の目に映っているようだ。
まぁ結局のところカワイ次第なのは何も変わらないのだが。



◆2位・・・掲載数52回
ゴールデンステイト・ウォリアーズ(実順位:西10位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
2位 2位 1位 9位 3位 2位 4位 2位

つよい。
プレイイン進出の瀬戸際に追いやられている現シーズンにおいても、
この人気チームはありとあらゆる方面で掲示板を賑わせる。
例え主力が多数欠場していても、謎チームで盛り上がる。
それでも、全試合掲載に2試合足りない、というだけでも、
全盛期GSWと比較してわずかながらに陰りが見えないこともないが。

ステフ⇒スターの宿命か、ポジティブネガティブ盛りだくさんなコメント
ドレイ⇒暴力と潤滑油というDVムーブで盛り上がる
クレイ⇒基本批判で盛り上がり、たまにぐぬぬと言わされる
ウィギンズ⇒割と空気寄りだが、ノルマ達成するとほっこり枠に
ルーニー⇒割と空気寄りだが、活躍すればようやっとるに
GPⅡ⇒試合は少ないが堅実な人気
クミンゴ⇒現柱として大盛り上がり。やらかしもポイント高
ポジェ⇒GSWの未来として、プレイタイム増やせの大合唱
TJD⇒GSWの未来として、プレイタイム増やせの合唱
キニョネス⇒GSWの未来として、プレイタイム増やせの声
クリポ⇒なんだかんだで人気
ムーディー⇒なんだかんだでプチ人気
サリッチ⇒2ndの柱として正義枠
サントス⇒謎のブラジル人としてプチヒット
ガルーバ、タケシ「」

と、ほぼどんなローテ外メンバーが出場していようとコメントを稼げる
このユーティリティ性はランク1位LALですら成し得ないもの。
それでもこの人気はBIG3あってのものと言えなくもないので、
「クレイ、ドレイをすてるなんてとんでもない!」という天からの声が聞こえてきそうだ。



◆1位・・・掲載数56回
ロサンゼルス・レイカーズ(実順位:西9位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
9位 6位 2位 1位 4位 1位 1位 1位

盤石すぎる3連覇。

そもそも禁止カード、八村が加入する前からランク1位だったにもかかわらず、
日本人が加入して1位にならないわけがない。
73勝チームにケビン・デュラントが加入したのと同じような話だ。

先述したGSWと比較すると、
各人のNrtg(ネタレーティング)自体は主力に偏っている傾向はあるものの、
あまりに強すぎる注目度で同時間帯の他の試合(狼、ペリカン)を喰ってしまうこともザラ。

そしてここで注目したいのが、トーリアン・プリンス。
八村所属チームの闇として、その高すぎる注目度が故に、
必ずと言ってよいほどスケープゴートとして扱われる選手が産まれる。
WAS時代はその役目をウィル・バートンが担っていたことは記憶に新しいのではないか。

いちグッドロールプレーヤーといったタイプのプリンスだが、
LALの中では一定レベルのDFとIQを兼ね備えており、ハムの寵愛を一身に受けた。
伸びるプレイタイムや、何故か落ち込みがちのプラスマイナスは毎試合のように擦られ、
いつしかレブロンやADにも負けないNrtgを叩き出す存在となった。
次点でレディッシュもいるが、欠場が続いているので失速気味か。

ともあれ八村がスターターとして存在感を増してきているシーズン中盤。
ここからのLALの奮闘に心から期待したい。
ちなみに私はLAL全然好きではないですが、とりあえずいないとつまらないとは思ってます。




2月23日のゲーム開始時刻前に完走したので、
オールスターブレイク中に更新しきったとカウントしてよいでしょうコレ。

今回もコメントなどありがとうございました。
ワタンベのスリーが向上してローテーションに定着する代わりに、
皆がワンマン速攻とフリースローを定期的に外す呪いをかけて締めたいと思います。

あと今季のファイナルは、LAC-CLEという予想でいっちゃいましょう。
ブルさんがヒーローになるところ観たい。




テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2024/02/23(金) 08:57:21|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<【NBA】ADが釣られてLAL成す術なく、八村も32分8得点どまり GSWは外からステフ、中からTJD、ウィギンズと子気味良くスコア | ホーム | ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.7】>>

コメント

オールスター休み企画(オールスター明け試合3分前に完了)
お疲れ様です
  1. No.1 URL |
  2. 2024/02/23(金) 09:05:08 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

おつです

パシフィック4馬鹿GOAT
その一言でいい
  1. No.2 URL |
  2. 2024/02/23(金) 09:11:57 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

完走お疲れ様でした!!
CLEファイナル行くかなーー
  1. No.3 URL |
  2. 2024/02/23(金) 09:17:36 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

西が人気というかカリー西ブルKDレブロンのチームが人気なだけな気がしてきた
  1. No.4 URL |
  2. 2024/02/23(金) 09:35:43 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

乙です、面白かったです。
ファイナルに関しては西はLAC
東はリバースするMIL、事故るCLE、ヘタれるBOSからのヘロヘロなNYKがファイナル行く予想しておきます(笑)。
  1. No.5 URL |
  2. 2024/02/23(金) 09:42:28 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

CLEかNYKありそうだなー
西はOKCに期待したいけどここまで若いチームがファイナル行った例ってないよな
OKC三銃士がファイナル行った時もさすがにここまでは若くなかったし
  1. No.6 URL |
  2. 2024/02/23(金) 09:46:26 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人さんお疲れ様でした
いつもハイクオリティなまとめに感銘を覚えます。
  1. No.7 URL |
  2. 2024/02/23(金) 10:09:25 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

今年は髭とラスの愛憎ありまくりだろう2人のリングが見たい
  1. No.8 URL |
  2. 2024/02/23(金) 10:31:05 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

クレイの部分の
「基本批判で盛り上がり、たまにぐぬぬと言わされる」
このリズム好き
  1. No.9 URL |
  2. 2024/02/23(金) 11:02:59 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人ちゃん今年も本当にお疲れさまでした!!
LACとCLEのFinalいいですねー!
まぁ髭加入時は散々失敗しろ失敗しろ。。。と怨念を送っていたワイですが(苦笑)
その前にCLEとNYKのCFも期待していたり。

  1. No.10 URL |
  2. 2024/02/23(金) 11:25:11 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

溶かし芸と言えばPHXよりもGSWの印象
  1. No.11 URL |
  2. 2024/02/23(金) 13:44:12 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

いつもまとめありがとうございます。

ウェンビー効果やっぱすげぇなってのと、それに類する選手がいないピストンズはもっとすごいかもしれない。(ワイズマンがんばれ…)
そしてねばれウィザーズ(プール)。
  1. No.12 URL |
  2. 2024/02/23(金) 15:53:44 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人ちゃんおつおつやで
そうだよね、ここではネタレーティングだったよね笑
  1. No.13 URL |
  2. 2024/02/26(月) 18:36:53 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/9419-0c7081c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】MSGの大歓声の下、エンビードPHIを相手にフィジカルに戦ったNYKが先勝
【NBA】BIG3に仕事をさせなかったナズ、マクダニ エース対決をがっつり制したANT 犯罪契約NAW 全方位に層の厚さを見せたMINが先勝
【NBA】PO開幕 30得点とさすがのドノバン・ミッチェルに対し、バンケロは9TOでオフェンスを牽引できず CLE先勝
渡邊雄太の日本復帰に際して 関連記事のコメント数ランキングトップ15 と所感
【NBA】勝利のNOPが8位シード、ついにPOザイオンがお披露目に(出場するとは言ってない) 敗れたSACは2年連続のPO進出を逃す
【NBA】渡邊雄太、インスタライブにて来季のPOを破棄し、日本でプレーすることを発表
【NBA】ジミーなしでも強かったMIAがCHIに完勝し、第1シードのBOSと激突
【NBA】来季無保証のクリス・ポールはGSWに残留するのか 別のコンテンダー、または若手育成ポジに移るのか
【NBA】渡邊雄太が、日本時間4/20(土)10:30からインスタライブにて今後のことなどの詳細を語る予定
【NBA】バレット、レディッシュ、ガーランド、ハンター、ホワイト、八村、ヘイズ、ヒーローetc・・・大舞台で大小なりとも存在感を見せる19年組
【NBA】再建!再建!と揶揄されていたブルズ じわりとコービー・ホワイト中心で再建できそうな感じがでてくる
【NBA】プレイイン敗退となったホークス トレイ・ヤング&デジャンテ・マレー体制は終焉するのか
パリ五輪 USA代表選出通知とジャージ手渡しサプライズ 代表にはカワイ・レナードも含まれており、PO出場の可能性もあるのか

スポンサードリンク

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ
【アンテナサイト】
とろたまヘッドライン
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
ウリエルあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング