fc2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.6】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.3】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.4】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.5】

9位~10位までの4チーム。


◆23-24シーズン掲載数順位◆

1. 56回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回1位タイ【±0】
2. 52回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回3位【+1】
3. 51回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回10位【+7】
4. 48回 フェニックス・サンズ (前回11位タイ【+7】
5. 32回 オクラホマシティ・サンダー (前回15位タイ【+10】
6. 28回 ミルウォーキー・バックス (前回18位【+12】
7. 23回 デトロイト・ピストンズ (前回24位タイ【+17】
8. 21回 デンバー・ナゲッツ (前回5位【-3】
9. 20回 ダラス・マーベリックス (前回14位【+5】
10.18回 ワシントン・ウィザーズ (前回4位【-6】
10.18回 サンアントニオ・スパーズ (前回26位タイ【+16】
10.18回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回6位【-4】

13.16回 フィラデルフィア・76ers (前回7位【-6】
14.15回 インディアナ・ペイサーズ (前回28位タイ【+14】
14.15回 メンフィス・グリズリーズ (前回15位タイ【+1】
16.14回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回11位タイ【-5】
17.13回 オーランド・マジック (前回24位【-6】
17.13回 マイアミ・ヒート (前回23位【+6】
17.13回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回22位【+5】
20.11回 ニューヨーク・ニックス (前回19位タイ【-1】
20.11回 ヒューストン・ロケッツ (前回26位タイ【+6】
22.10回 サクラメント・キングス (前回15位タイ【-7】
22.10回 ボストン・セルティックス (前回19位タイ【-3】
22.10回 シカゴ・ブルズ (前回19位タイ【-3】
25. 9回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回8位タイ【-17】
26. 8回 ユタ・ジャズ (前回8位タイ【-18】
27. 7回 アトランタ・ホークス (前回24位タイ【-3】
27. 7回 ブルックリン・ネッツ (前回1位タイ【-26】
29. 3回 シャーロット・ホーネッツ (前回30位【+1】
30. 1回 トロント・ラプターズ (前回28位タイ【-2】



◆10位タイ・・・掲載数18回
ミネソタ・ティンバーウルブズ(実順位:西1位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
11位 8位 9位 19位 20位 14位 6位 10位

ゴベの華を咲かせてランク一桁までに乗せた昨季のMINからやや低下。
ただ実順位は昨季西8位だったものが西首位と大幅に向上。
そこから考えると少々物足りない位置か。なお東の首位

昨季本ランクが躍進した要因は、ゴベの電撃トレードから始まったゴベ語録に尽きるわけだが、
基本的にゴベ語録は煽り、嘲笑の意味合いが強い。
皆が懐疑的だったツインタワーが機能し、素晴らしいチームとなった現MINにおいては、
むしろゴベ煽りを使用する機会自体が減ってしまったことが挙げられる。
その意味でいうとバトラーが活躍するほど乱発される「俺勝」よりも不利。

ただそれを考慮しなくても、
伝統的にMINというチームはネタチームとしての認識をされていることが多く、
西首位であるにもかかわらず、
ゴベはゴベ、
タウンズは事あるごとにCATと呼ばれ続け(特に62得点敗戦は最高潮の盛り上がり)、
マクラフリンは変わらず枕不倫。
スローモーはすっかり リー・カイアー。
NAWはイトコと、
飛び交うあだ名と共にコメント欄は賑わいを見せる。

これらにエースのエドワーズ、真の狼戦士ナズ&マクダニと加えたMINは
紛れもなく優勝候補の一角に違わぬ強さを持ち合わせている。
また昨季王者のDENを最も苦しめたチーム、かつ今季も土をつけているため、
王者打倒の一番手として高い期待を寄せられているチームでもある。
特に対DENに明確な強みを持ち合わせていない某チームなどは、
DENはMINに任せ、そのMINを倒そうなどという夢を見ているとかないとか。

ちなみにNOPの欄で述べた、西の人気4チームと同時間帯に試合を行う煽りを受けて
コメントをもっていかれることの多いもう一つのチームがMINだ。
ここの嵐に巻き込まれると、

「ブリー!!!!」
「KD理不尽きたー!」
「キング!キング!」
「ゴベーーーーーッwwww」
「ブッカスwwwww」
「師弟尊い・・・」
「キンプリwwwww」

のような感じで、単発ゴベなど簡単に馬群に沈んでしまうのだ。
おそらくこのパターンで5試合くらいは落としたのではなかろうか。



◆10位タイ・・・掲載数18回
サンアントニオ・スパーズ(実順位:西15位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
6位 7位 12位 19位 23位 28位 26位 10位

BIG3解体から見事に復権。
まぁ実順位的にはアレだが、とにかくSASは復権した。

概ね皆の予想どおりの動きとなったこの現象は、
全てドラ1ビクター・ウェンバンヤマの力によるもの。
昨季のORL然り、ドラ1獲得チームは再注目されるものなのだが、
地味かつ弱い筆頭チームだったSASのランクを16上げたのはさすが。
参考までに、
前年ORLバンケロ時は+17、
その前年DETカニングハム時は+7。
その前年MINエドワーズ時は-1。
その前年NOPザイオン時は+14。

特にヤニスやホルムグレンとの激突時は、新時代怪獣対決として
高い注目を浴びたうえ、その期待に違わぬバトルを繰り広げてきた。
そのメンタルの強さや、技術の高さ、目を奪われるトンデモプレイは、
NBAそのものの破壊を度々感じさせてくれた。

それでも、チームによる徹底した出場時間制限や、
チームそのものがほとんど勝てていないこともあり、
昨季バンケロの伸びと同程度に落ち着いたが、
コメントアゲのポテンシャルとしては凌駕していただろう。



◆10位タイ・・・掲載数18回
ワシントン・ウィザーズ(実順位:東14位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
26位 21位 14位 4位 1位 3位 4位 10位

八村、抜けたんですよね?!
東のジョーカーが抜けたにもかかわらずこの高順位。

謎チーム特有の頑張れムードか、
はたまた記録的な大型連敗でもしたか。
その要素もないことはないが・・・。

ジョーダン・プール。
GSWで躍進し、優勝に貢献、大型契約と順風満帆な位置から、
調子に乗ってドレイモンドに殴られスタッツを落とし、最終的にWAS送りとなったこの選手。

本人は「自分が引っ張るチーム」と意気込みも充分。
タンクチームのコアとなって好き放題すれば、
勝てるかどうかは別として、結構なスタッツを残せるのではないだろうか。
という意見が多かった中、まさかの低スタッツ乱発を連続。

このあまりの低スタッツに加え、変わらずのセレクションや面白ターンオーバー、
「なんだなんだどうしたんだ?」と
WASの試合やプールの動画を眺めてみる人が続出する事態に。
その結果、マストウィンでもなく日本人がいるわけでもないWASのゲームについて
言及するコメントが多数溢れるという異常事態が発生した。

しかもデュオでもあるカイル・クーズマのスタッツもなかなか伸びず、
気が付くと両名は「ぷぅずま」「プーズマ」といった、
NBA屈指の低確率乱発魅惑デュオとなってしまったのだ。

ただ残念なことに、
「とりあえず朝起きたらぷぅのスタッツ見るわ」
「プールのスタッツ見ると安心して仕事に行ける」
という感じで、とりあえずスタッツだけ見ておけばプーロスは回避できるようで、
段々とWASの試合が言及される頻度は減っていき、
対DETや対CHAなどの頂上決戦時や、「プール無得点!」くらいのインパクトあるゲーム
のみが言及されるようになり、現在に至る。

最終的には、タンク中でも我々に笑顔を提供し、
強豪に選手を安く輩出するWASというチームの評価が日々上がっていくのだ。



◆9位・・・掲載数20回
ダラス・マーベリックス(実順位:西7位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
18位 29位 13位 7位 15位 15位 14位 9位

ドンチッチデビュー年以来となる、ランク一桁をゲット。
昨季のTDLでカイリーを獲得した影響を、ようやくフルで享受できた結果だろう。
カイリーは33試合しか出場していないが。

良くも悪くもコメントの流れは例年とあまり変わらず。
ドンチッチとカイリーのBIG2に加え、時折THJのスコアリングに対するリアクション。
それにキッドHCへの恨み辛みや、散々採用したスモールに対する文句などが
スパイスとして付加される。
LALとPHXを足して3で割ったようなコメントの流れだ。

しかしそのワンパターンなコメント傾向に待ったを掛けたのが、
ドラフト12位でゲットしたデリック・ライブリー2世。
待望のアスレチックセンターの登場によって、チームは序盤上昇。
コメントもルカついにMVPゲットか?という流れと共に盛り上がりを見せていたが、
またもイラチッチと共に連敗、失速するいつもの流れに。

しかしTDLでのPJワシントンとギャホードの獲得で、
俄然盛り上がりを見せてきたDAL界隈。
チームもプレイオフラインギリギリのせめぎ合いをしているだけに、
シーズン後半でのコメントの伸びは凄そうなチームと言える。

なお今のところ、2年連続プレイイン逸を期待されているようなコメントがないのは救い。




テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2024/02/22(木) 11:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.7】 | ホーム | JJレディックが、LAC時代の指揮官だったドック・リバースHCを「言い訳ばかり」と指摘>>

コメント

ウェンビーは、ほぼ毎回、マジかってプレー見せてくれるからSAS戦はなるべく見るようにしている
デカいこそのプレーでも、やっぱり毎回驚く
  1. No.1 URL |
  2. 2024/02/22(木) 11:56:07 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ウェンバはなんか思ってたんと違ったけどまあこれはこれで確かにやべえわってなった
224cmのKDみたいなのを想像してたらどっちかっつーっとゴベアとエンビを足して細くしたみたいな感じで、ドリブルとスリーは想像より下手だったけど守備とミッド~リム周りは想像より上手かった
  1. No.2 URL |
  2. 2024/02/22(木) 12:05:56 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

SASはオーナー一家が世代交代して、DALはキューバーンが一線から引いて、CHAはMJが引くと
各チームの上層部も入れ替わりつつあるタイミング

ただしWASはしれっと別部署に異動などなあなあ
外部の風入れないと勝てるチームにはならん
CHI、WASあたりはOBやお友達の取り巻きや斡旋が多すぎる
せめて査定ぐらいはちゃんとしろ
  1. No.3 URL |
  2. 2024/02/22(木) 12:43:26 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

WASこのまま行ったらBest3にも入るんじゃね!?って思ってたし
実際どっかの記事にもそれっぽいことコメしたけど
完全に下火になっちまったな。
こうなってしまうと、ぷぅに一体何が残ってしまうというのかw
  1. No.4 URL |
  2. 2024/02/22(木) 12:45:40 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

仕事でミスしたんで今季プールのスタッツ見てきます…
  1. No.5 URL |
  2. 2024/02/22(木) 12:46:38 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

しばらくはホルムグレン、ウェンバンヤマの怪獣バトルで楽しめる
オデン、ドラガンベンター、バルニャーニ路線じゃないのを祈るのみ

ザイオンもスゲーけどやっぱ身長とウイングスパン短すぎ
よくてバークレー、ショーンケンプ、グリフィンぐらいだろう
  1. No.6 URL |
  2. 2024/02/22(木) 12:48:39 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

プールとタイラーヒーローとマキシーって
ほぼ同期で強豪チームの6thかつ、同じポジションで高額契約と似たようなキャリア歩んでるけど
今のところどっちのほうが最終的に大成しそう?
  1. No.7 URL |
  2. 2024/02/22(木) 12:58:25 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

狼は上述されてるのに加えてミネる(4ピリ溶かし)もトロイフィーバーもあったのにこの順位とは…
パシフィックのエリートチーム強すぎっぞ
  1. No.8 URL |
  2. 2024/02/22(木) 13:40:26 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

今年の出来栄えだけで
タウンズ>ケビンラブの格付けできたと思う
最強のSG
  1. No.9 URL |
  2. 2024/02/22(木) 13:53:49 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

最近のアービングおとなしすぎませんかね
普通にいいハンドラーしてる
むしろドンチッチの、明らかなサボりや手抜きやモチベの振り幅の波が目立つ
  1. No.10 URL |
  2. 2024/02/22(木) 13:59:41 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

WASはGM×HC×選手×でいいところ全く無しで逆にネタが溢れすぎてて面白いんよな。
  1. No.11 URL |
  2. 2024/02/22(木) 14:19:58 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

プールは個人のNrtgで言えばレジェンド級だわ
全盛期ラスのようにスタッツだけで人を笑顔にできる
  1. No.12 URL |
  2. 2024/02/22(木) 14:51:35 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ディフェンスレーティング1位
5割以上の対戦勝率1位
アウェイの勝率1位

ミネソタは数字見ると間違いなく強い、というか優勝候補筆頭なんだがな
俺が見る試合が悪いのか変な負け方が多いから信用できない
  1. No.13 URL |
  2. 2024/02/22(木) 14:53:31 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MINはお互いシュート不調だとクソ強いけどお互い好調だとあんまし強くない
  1. No.14 URL |
  2. 2024/02/22(木) 16:17:25 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

DALは後半戦伸びそうだよなぁ
ライブリーとギャフォードの高性能ラジコン2台持ちとか他チームのハンドラーからしたら羨ましいだろう
ルカとの相性もバッチリだし
カイリーもいい意味で大人しくなってきて戦力の充実度は高い
  1. No.15 URL |
  2. 2024/02/22(木) 16:48:37 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

DALはDFが悪すぎてなあ
ライブリーもギャホードもビッグセンターに単体で対抗できるタイプじゃないし
外角はルカカイリーの介護で大忙し
ウイングの仕事量が多すぎる割に質と量が伴ってない印象
  1. No.16 URL |
  2. 2024/02/22(木) 17:38:23 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ぶっちゃけDALでのカイリーは出場数以外なんの文句もないからな
その出場数が伸びないのも味方の尻が脛に降ってくるっていう不運な怪我が原因だし
そもそも大物FAがあんま来ないチームだから残留してある程度稼働してるだけでも結構嬉しいまである
  1. No.17 URL |
  2. 2024/02/22(木) 17:39:22 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

案の定企画間に合ってなくて草
下の方と一番上2チームはもう定期で済ませてもいいだろうに
  1. No.18 URL |
  2. 2024/02/22(木) 19:32:45 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

DALはまだジェイソンキッドをHCにしてるのが一番の不安
  1. No.19 URL |
  2. 2024/02/22(木) 21:28:01 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

DALは編成うまいよなあ
自前でセンターと3D育てて
ローバイでPJW、ギャフォ取って
ルカ(とカイリー)の周りを得点効率の高い守備系で固めるっていう基本路線を維持してきっちり若返る
ルカの全盛期の間は少なくともPOは逃さんと思うわ
  1. No.20 URL |
  2. 2024/02/23(金) 11:28:04 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/9416-0d75371e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】MSGの大歓声の下、エンビードPHIを相手にフィジカルに戦ったNYKが先勝
【NBA】BIG3に仕事をさせなかったナズ、マクダニ エース対決をがっつり制したANT 犯罪契約NAW 全方位に層の厚さを見せたMINが先勝
【NBA】PO開幕 30得点とさすがのドノバン・ミッチェルに対し、バンケロは9TOでオフェンスを牽引できず CLE先勝
渡邊雄太の日本復帰に際して 関連記事のコメント数ランキングトップ15 と所感
【NBA】勝利のNOPが8位シード、ついにPOザイオンがお披露目に(出場するとは言ってない) 敗れたSACは2年連続のPO進出を逃す
【NBA】渡邊雄太、インスタライブにて来季のPOを破棄し、日本でプレーすることを発表
【NBA】ジミーなしでも強かったMIAがCHIに完勝し、第1シードのBOSと激突
【NBA】来季無保証のクリス・ポールはGSWに残留するのか 別のコンテンダー、または若手育成ポジに移るのか
【NBA】渡邊雄太が、日本時間4/20(土)10:30からインスタライブにて今後のことなどの詳細を語る予定
【NBA】バレット、レディッシュ、ガーランド、ハンター、ホワイト、八村、ヘイズ、ヒーローetc・・・大舞台で大小なりとも存在感を見せる19年組
【NBA】再建!再建!と揶揄されていたブルズ じわりとコービー・ホワイト中心で再建できそうな感じがでてくる
【NBA】プレイイン敗退となったホークス トレイ・ヤング&デジャンテ・マレー体制は終焉するのか
パリ五輪 USA代表選出通知とジャージ手渡しサプライズ 代表にはカワイ・レナードも含まれており、PO出場の可能性もあるのか

スポンサードリンク

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ
【アンテナサイト】
とろたまヘッドライン
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
ウリエルあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング