fc2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.4】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.3】

17位タイ~22位タイまでの5チーム。


◆23-24シーズン掲載数順位◆

1. 56回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回1位タイ【±0】
2. 52回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回3位【+1】
3. 51回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回10位【+7】
4. 48回 フェニックス・サンズ (前回11位タイ【+7】
5. 32回 オクラホマシティ・サンダー (前回15位タイ【+10】
6. 28回 ミルウォーキー・バックス (前回18位【+12】
7. 23回 デトロイト・ピストンズ (前回24位タイ【+17】
8. 21回 デンバー・ナゲッツ (前回5位【-3】
9. 20回 ダラス・マーベリックス (前回14位【+5】
10.18回 ワシントン・ウィザーズ (前回4位【-6】
10.18回 サンアントニオ・スパーズ (前回26位タイ【+16】
10.18回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回6位【-4】
13.16回 フィラデルフィア・76ers (前回7位【-6】
14.15回 インディアナ・ペイサーズ (前回28位タイ【+14】
14.15回 メンフィス・グリズリーズ (前回15位タイ【+1】
16.14回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回11位タイ【-5】
17.13回 オーランド・マジック (前回24位【-6】
17.13回 マイアミ・ヒート (前回23位【+6】
17.13回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回22位【+5】
20.11回 ニューヨーク・ニックス (前回19位タイ【-1】
20.11回 ヒューストン・ロケッツ (前回26位タイ【+6】
22.10回 サクラメント・キングス (前回15位タイ【-7】

22.10回 ボストン・セルティックス (前回19位タイ【-3】
22.10回 シカゴ・ブルズ (前回19位タイ【-3】
25. 9回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回8位タイ【-17】
26. 8回 ユタ・ジャズ (前回8位タイ【-18】
27. 7回 アトランタ・ホークス (前回24位タイ【-3】
27. 7回 ブルックリン・ネッツ (前回1位タイ【-26】
29. 3回 シャーロット・ホーネッツ (前回30位【+1】
30. 1回 トロント・ラプターズ (前回28位タイ【-2】



◆22位タイ・・・掲載数10回
サクラメント・キングス(実順位:西8位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
18位 25位 17位 16位 23位 24位 15位 22位

昨季念願のプレイオフ進出を果たし、
飛躍の年とすべきシーズンだったはずのSAC、まさかの落ち込みとなった。
昨季はこの段階で32勝、今季は31勝ということでほぼ差はない。
2年連続のプレイオフ進出も充分狙える位置にはいるわけだが、
UTAでも述べたように、2年連続で同じようなムーブをしているチームに対して、
コメント欄はとにかく厳しい。

サボニスのスタッツは毎試合尋常でない域に達してきているが、
ラスやヨキッチという先駆者が既にいることとで、
どうしても下位互換的な扱いをされがち。
フォックスはスリーは向上したものの、
クラッチ賞を獲得した昨季ほどのクラッチっぷりは見せておらず、
両名とも求められているハードルが非常に高い。

また群雄割拠かつ人気チームの多い西のプレイイン~プレイオフ進出ラインにおいて、
昨季PO進出を果たし本懐を遂げてしまった(と勝手に判断されてしまった)
このチームは割を食ってしまっている。
非情なまでに「プレイオフで当たりたいチーム」扱いされ、
オールスター選出を見てもそのあたりは顕著に表れ、溢れる涙を抑えきれない。



◆20位タイ・・・掲載数11回
ヒューストン・ロケッツ(実順位:西12位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
9位 4位 2位 2位 16位 19位 26位 20位

一番注目されないはずのプレイイン圏外チームにおいて、
このくらいの掲載数を維持できたのはかなり良い方。

掲載記事の中心となったのは、シーズン序盤の快進撃。
オフで獲得したFVVとブルックスについてはかなりの賛否が飛び交ったわけだが、
その両名がしっかりとゲームを整えた結果、
西をプレイオフ戦線をカオスにさせる一端まで担うことができた。
昨季までのHOUの惨状や、DETの現状などを考慮するに、
いかな再建チームであっても、勝利のメンタルと技術を持ち、
それを共有できるベテランの存在は必須である、と改めて知らしめた形だ。
ただ中盤以降は失速しており、コメントを賑わせる要素は概ね消えた。

その若手陣に対するコメントについては、やはりシェングンが筆頭。
ドラ4アメン・トンプソンについては、外角のなさから注目度が高まってきておらず、
彼を中心とした試合の記事は未だなし。
またジャバリ・スミスjrと比較して、
ジェイレン・グリーンの方がたまの爆発時にコメントも巻き込んで暴れる場合が多い。
一番コメントを稼ぐ存在は、やはりそのパフォーマンスと類稀でスマッシュヒットした
ブルックスと言えるだろう。

潜在的なネタ成分が解放されきっていないこの感じでいくと、
来季はポストOKCとしてランキング10位くらいを確保するポテンシャルは有していそう。



◆20位タイ・・・掲載数11回
ニューヨーク・ニックス(実順位:東4位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
5位 25位 26位 17位 11位 11位 19位 20位

的確なフロントの動きで、東の4強にまで到達しているNYK。
これは大盛り上がりだろうなぁ・・・と蓋を開けてみるとこの有様。

ニックスファン自体は割と多そうなので、
たまたまニックス好きで5chにコメントするようなファンが少ないのか・・・?
単純に東での期待値が薄く、どうせニックソだろくらいの感じになっていたか、
もしくはこんな強いニックスなんて見たくなかった、という思考か。

しかしOG獲得後のチームについては注目度も一新。
掲載した11試合中7試合はOG獲得後であることからも、
ネタチームへの期待を超えたその強さと注目度の高さが伺える。
連勝中は、特にディフェンスが良いことも手伝って、東で一番強いのではないか、
という意見も多く、NYKの試合は俄然盛り上がりを見せている。
後半もこの流れは続くであろうし、これは元々のチームのポテンシャルも含め、
今プレイオフのニックソ熱は凄いことになりそうな気がする。

ちなみに、ようやく「ディビンチェンゾがやばいんじゃね」という意見が界隈で目立ってきた。
ロールプレイヤーが殻を破ったと世間に認められるのは本当に大変なのだなと思う。



◆17位タイ・・・掲載数13回
クリーブランド・キャバリアーズ(実順位:東2位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
1位 1位 22位 30位 22位 9位 22位 17位

前述したNYKと同じような立ち位置のCLE。同じような順位となった。
私自身もリアタイ時に一番観戦している数の多いチームで、
面白いチームでもあるのだが、ネタ成分少ないだろうか…。

ともかく実順位は東2位。
怪我人の戻ってきたタイミングで一気に強さを解放。
勝手に落ちていく有力チームが続く中で、
NYKともども東のプレイオフを盛り上げる存在として一定の注目は浴びている。

コメントの稼ぎ頭はやはりドノバン・ミッチェル。
クラッチでの強さで特に終盤はドノミチ合唱も珍しくない。
そしてアフロ!

そして、あれ、これくらいしかいない。
ガーランドもモブリーも序盤はネガティブなコメントが多く、
目立ったのは「MIA産は信用ならない」という論調が主となっている現在において、
唯一MIA産の評価を(多少)覆す事に成功しているストゥルースくらいだろうか。

CLEにおいてネタとされる話題といったら、
CLEが活躍した際に「よし、これでキングが男気復帰するための環境が整ったな!」
みたいな感じで無理やりにレブロンをねじ込もうとする扱い。
やや弱めのオコロの枠に入るだけに、意外としっくりきてしまいそうなのが恐ろしい。

NYK同様に、CLEも中盤からの順位上昇ぶりから、本ランキング以上のポテンシャルは
持っていると思われるので、東の盛り上げに期待したい。



◆17位タイ・・・掲載数13回
マイアミ・ヒート(実順位:東7位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
23位 23位 22位 11位 15位 11位 23位 17位

昨季のファイナリストがこの順位か、
とは誰も思っていない。

そのくらいマイアミ・ヒートというチームのRSは注目度が上がってこない。
昨季のプレイオフでのアップセット祭は、打倒されたチームのファン以外を
熱くさせたわけだが、一方で再びのファイナル敗退により、
「MIA(ジミー・バトラー)の限界」
「東の不甲斐なさ」

を強調させてしまった。

無論、プレイオフになったらより強くなる=レギュラーシーズンは手を抜く

という公式が成り立つわけではないのだが、
ジミー・バトラーのRSの欠場率の高さは上記の論調を強めてしまったかもしれない。

それはそれとして、MIAと言えば、ドラフト外の発掘力・育成力に尽きるわけだが、
すっかり「MIAは気が付けば有力な若手が勝手に生えてくる機関」という
扱いを受けている。

それの筆頭が、まさにハイメ・ハケスjrであり、
ケイン、ハイスミス、ヨビッチでもある。
それらを率いるスポールストラHCが、今季も東の上位陣をガクブルさせるのか。
それともMIAはもう限界なのか。

概ね皆が思っていそうなMIAに対する意見は、
優勝しないんだったら東の有力候補やっつけないで!という感じだろうか。




テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2024/02/21(水) 07:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
<<ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.5】 | ホーム | ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.3】>>

コメント

NYK、MIAは面白いバスケやってるけどディフェンス重視だからオフシーズンが本番だからしゃーない。
  1. No.1 URL |
  2. 2024/02/21(水) 07:08:22 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

東のちょい上位チームは優勝は難しいってイメージと感触を受けるから、結局感あることは否めない
ヤニスとかのような爆発力とタレント力とかある方が勝ち上がる方がまだ面白いってなる
特に東は
ただ、ボストンとマイアミは優勝狙えるかもしれないレベルだけどちょっとネタ要素が少ない
  1. No.2 URL |
  2. 2024/02/21(水) 07:12:24 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MIAに対しては、優勝しなくていいから有力候補をやっつけて!と思ってるんじゃないの皆
望むのは上位(特に鹿)が無様に1stラウンド敗退する姿
POに強くたびたびアップセットを起こしたかつての熊と同じ立ち位置
まぁジミーのサボり癖は擁護出来ないので、その辺のマイナスイメージが熊に一歩劣る印象
ザック神のような聖人枠もいないし
  1. No.3 URL |
  2. 2024/02/21(水) 07:17:41 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

東の上位陣がプレーオフでヘタレすぎなんよな
ここ数年BOSMILPHIが東3強だけど全部プレーオフでヘタれるチームだからプレーオフバトラーに食われる
そしてプレーオフバトラーもファイナル行くころにはヘロヘロ
BOSMILはまだいいとしてPHIはいい加減CFには行かないときついけど今年もエンビ怪我したし無理だろうな
  1. No.4 URL |
  2. 2024/02/21(水) 07:30:14 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MIAはファイナル出なくていいマジで😅
  1. No.5 URL |
  2. 2024/02/21(水) 07:48:35 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

東はネタ的にも試合も見る価値は西に劣る
これはしゃーない
  1. No.6 URL |
  2. 2024/02/21(水) 08:01:12 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MIAが悪いわけじゃなて負ける上位シートが悪いのはもちろんなんだけど
去年とかMIAが勝ち上がってもファイナルで勝てる可能性がないのがな…
  1. No.7 URL |
  2. 2024/02/21(水) 08:10:58 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MIAには大本命BOSを倒してほしいと思ってるぞ
優勝するとは思ってない
  1. No.8 URL |
  2. 2024/02/21(水) 08:12:10 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

CLEはけっこう楽しんで試合をみている
  1. No.9 URL |
  2. 2024/02/21(水) 09:07:41 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

はたして管理人はオールスター休み中にこの企画を終わらせることができるのか
  1. No.10 URL |
  2. 2024/02/21(水) 09:20:43 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ジミーには優勝して欲しいけど周りのメンバーはきっとスポマジックの確変だろうし、東のトップ3チームは負けて欲しいと思ってるけどいつの間にかPHIとMILはその位置から離脱してるし、結局CLEってことになりますわね
  1. No.11 URL |
  2. 2024/02/21(水) 09:22:27 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

そういえば今季酷使ボドーwwwって草生やしてないのに気付いた
離脱者多いけど偶発性高いからあんま責める気起こらんしそこからのPT増加もまあしゃーなしかなって
  1. No.12 URL |
  2. 2024/02/21(水) 09:40:27 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

あまり話題になってないけど、類稀ブルカスが今季良いよね
成績としてもコメ稼ぎとしても優秀だと思う
  1. No.13 URL |
  2. 2024/02/21(水) 11:17:26 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

正直MIAのファイナルって見たくないんだよね
  1. No.14 URL |
  2. 2024/02/21(水) 12:43:55 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

HOUは、アメン、ホワイトモア取って今季のドラフト大勝利、シェングンと合わせてヤングコア出来た感ある
縁下系バンブリもハマり良いし、来季はかなり楽しみだわ
  1. No.15 URL |
  2. 2024/02/21(水) 13:01:15 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

バンブリの金額が心配だけど3年にしといて大正解かもな
アメンとウィットモアのルーキー契約最終年で切れるっていうのは悪くないかも
  1. No.16 URL |
  2. 2024/02/21(水) 16:27:43 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ホントの縁の下の力持ちはジェフグリーン
MILとBKNの名勝負もジェフグリーンが便利屋してくれたおかげで競ったし
DENの優勝までのプロセスも、苦しい時間帯はジェフグリーンとKCPの経験値と手堅いプレイがさえたし
今年HOUでも王者DENに2回も大金星でクラッチタイムなどに貢献してる
NBAの影のロールおっさんプレイヤー
  1. No.17 URL |
  2. 2024/02/22(木) 13:51:15 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/9414-a9a0758e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】MSGの大歓声の下、エンビードPHIを相手にフィジカルに戦ったNYKが先勝
【NBA】BIG3に仕事をさせなかったナズ、マクダニ エース対決をがっつり制したANT 犯罪契約NAW 全方位に層の厚さを見せたMINが先勝
【NBA】PO開幕 30得点とさすがのドノバン・ミッチェルに対し、バンケロは9TOでオフェンスを牽引できず CLE先勝
渡邊雄太の日本復帰に際して 関連記事のコメント数ランキングトップ15 と所感
【NBA】勝利のNOPが8位シード、ついにPOザイオンがお披露目に(出場するとは言ってない) 敗れたSACは2年連続のPO進出を逃す
【NBA】渡邊雄太、インスタライブにて来季のPOを破棄し、日本でプレーすることを発表
【NBA】ジミーなしでも強かったMIAがCHIに完勝し、第1シードのBOSと激突
【NBA】来季無保証のクリス・ポールはGSWに残留するのか 別のコンテンダー、または若手育成ポジに移るのか
【NBA】渡邊雄太が、日本時間4/20(土)10:30からインスタライブにて今後のことなどの詳細を語る予定
【NBA】バレット、レディッシュ、ガーランド、ハンター、ホワイト、八村、ヘイズ、ヒーローetc・・・大舞台で大小なりとも存在感を見せる19年組
【NBA】再建!再建!と揶揄されていたブルズ じわりとコービー・ホワイト中心で再建できそうな感じがでてくる
【NBA】プレイイン敗退となったホークス トレイ・ヤング&デジャンテ・マレー体制は終焉するのか
パリ五輪 USA代表選出通知とジャージ手渡しサプライズ 代表にはカワイ・レナードも含まれており、PO出場の可能性もあるのか

スポンサードリンク

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ
【アンテナサイト】
とろたまヘッドライン
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
ウリエルあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング