fc2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

21-22シーズン ALLNBA1st、2ndチームとMVP Vol.3      【 こ の サ イ ト で の 】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
6073.jpg


ではALLNBA1st のフロントコート3名です。


過去の受賞者は以下のとおり。

【16-17シーズン】:16-17シーズン ALLNBA1stチームとMVP発表!       【 こ の サ イ ト で の 】
・デマーカス・カズンズ(初)
・アンドリュー・ボガット(初)
・ランス・スティーブンソン(初)
・デリック・ローズ(初)
・ラジョン・ロンド(初)
・MVP チャンドラー・パーソンズ(初)

【17-18シーズン】:リンクなし(発表のみ)
・スティーブン・アダムズ(初)
・ブレイク・グリフィン(初)
・カーメロ・アンソニー(初)
・ロンゾ・ボール(初)
・エリック・ブレッドソー(初)
・MVP デマーカス・カズンズ(2回目 MVP初)

【18-19シーズン】:18-19シーズン ALLNBA1stチームとMVP発表!       【 こ の サ イ ト で の 】
・デマーカス・カズンズ(3回目 前年MVP)
・カーメロ・アンソニー(2回目)
・クレイ・トンプソン(初)
・ラッセル・ウェストブルック(初)
・ジェームズ・ハーデン(初)
・MVP ジミー・バトラー(初)

【19-20シーズン】
19-20シーズン ALLNBA1stチームとMVP Vol.1      【 こ の サ イ ト で の 】
19-20シーズン ALLNBA1stチームとMVP Vol.2      【 こ の サ イ ト で の 】
・ジョエル・エンビード(初)
・トバイアス・ハリス(初)
・ポール・ジョージ(初)
・ラッセル・ウェストブルック(2年連続2回目)
・ジャマール・マレー(初)
・MVP カイリー・アービング(初)

【20-21シーズン】
20-21シーズン ALLNBA1stチームとMVP Vol.1      【 こ の サ イ ト で の 】
20-21シーズン ALLNBA1stチームとMVP Vol.2      【 こ の サ イ ト で の 】
・レブロン・ジェームズ(初)
・マービン・バグリー3世(初)
・ポール・ジョージ(2年連続2回目)
・ラッセル・ウェストブルック(3年連続3回目)
・カイリー・アービング(2年連続2回目 前年MVP)
・MVP ベン・シモンズ(初)


【ALLNBA 1st フロントコート】

◆ケビン・デュラント(初)
kd.jpeg

史上最高クラスのスコアラーが、意外にも初の選出。

色々と話題に事欠かない選手ではあるものの、本企画はGSW移籍の後に始まったものということで、
なんだかんだと他の話題に押し込まれていた模様。

そんな中21-22シーズンは、ケビン・デュラントに対して最大の攻撃を撃ち込む形で終焉を迎えたのだ。

higanjima4.jpg

【悲報】GSWを2回の優勝に導いたケビン・デュラント 在籍前後でのGSWの優勝により揶揄されてしまう

GSWの優勝によって、
ケビン・デュラントがハリバンやウィギンズであってもGSWは優勝できた、ということが証明されてしまった。
それも、自身がスイープ敗退したBOSに対しての完勝という結果をもって。
そしてカリーは文句なしのFMVPを受賞。
優勝後に発せられたカリーやドレイモンドの、KDに対しての謙虚な発言も、
「バスライダー」と揶揄したバークレーの発言をより際立たせてしまう、皮肉な流れを加速させてしまったのだ。

それでも、彼にとって辛い事象が続いた状況であってもなお、
20-21シーズンで足先ひとつ違っていたら優勝もあったBKNと、彼自身の実力は揺るぎないものであり、
彼がBKNを優勝に導きさえできれば、レガシーを残すことができれば、
彼自身の評価を覆すことも可能であり、またそれを可能にできるチームでもあった。

しかし、彼は禁断の魔術に手を染めてしまう。

ついにケビン・デュラントがチームにトレード要求…そんな中ネッツはロイス・オニールを獲得

突然のトレード要求。
しかも4年も契約を残した状態での前代未聞のムーブ。
さらにトレード要求希望のチームがPHXやMIAときたものだからさあ大変。
「バスライダー」はかわいいもので、「タダ乗りバス野郎」、「バスジャック野郎」と、
界隈は大荒れに荒れた。

BKN:トレードにはAS級2人は欲しいです⇒わかる KD:PHXかMIAがいいです⇒まぁわかる KD:MIAの主力は残して下さい⇒ファッ?!

しかも、移籍先の主力は確保しておいて欲しいと、驚愕の要求まで付随したものだからさぁ大変。
当然BKNは強気のアセットを崩さないため、
次々と瓦解していく希望チームたち。
そして次々と現れる獲得候補のチームたち。
さらにKDはマークスGMとナッシュHCと自分を天秤にかける要求までしてしまったものだからさぁ大変。
ケビン・デュラントがネッツのオーナーに、マークスGM&ナッシュHCと自分のどちらを選択するのか話した模様

そしてついに、彼は2か月にも及ぶ大暴れの末、残留という道を選んだのだ。
BOSのブラウンなど、トレード対価となる選手やFA市場に大きな傷を残して。

後年のNBA史において、この流れは「ケビン・デュラントの乱」といった呼称をされることだろう。
それでもなお、オフシーズンのラストスパートのみという要素をもって、MVPには選出できず(白目)。



◆アンドリュー・ウィギンズ(初)
wiggins.jpg

GSW優勝の立役者となった、元ドラ1が選出。

MIN在籍時から潜在能力を期待され続け、時折覚醒しては期待を裏切る。
そんなシーズンをずっと続け、チームもプレイオフすら出られない。
この選手が新天地のGSWで、勝者のレガシーを全身で享受した結果、
このような結果をもたらそうとは誰も思い描かなかったかもしれない。

良い意味で決して1番手にはなり得ぬ安定した得点力、献身的なリバウンド、
そして覚醒したのは皆が期待していたオフェンスではなくディフェンスだった。
その全てがGSWにフィットし、BIG3にも引けを取らぬ貢献度でウィギンズはチームを引っ張り続け、
ファイナル制覇という偉業を成し遂げたのだ。
CFでの、ドンチッチ相手に見せたポスタライズダンクが胸を熱くさせたのも記憶に新しい。

ただそれだけでは本ランキングの1stには選ばれない。彼にはおいしいネタ要素も内包されている。

◆オールスター1st選出

NBAオールスタースターター発表 GSW アンドリュー・ウィギンズと、MEM ジャ・モラントが初選出初先発に

この時点でウィギンズが素晴らしい成績を残していたのは間違いなかったのだが、
西のフロントコートの層が薄くなっていたことが幸いし、まさかのスターター選出。
これには違和感を覚えるファンが続出し、オールスタースターター(笑)と揶揄されてしまう。
シーズン後半戦のスタッツが伸び悩んだことも影響してしまい、
「オールスタースターターは早すぎた」「MAX高杉!」と手のひらを返される始末に。
おそらくMINのウィギンズならここで終わっていたかもしれないが、
この低迷があってこそ、プレイオフでの覚醒がさらに輝いたのだと思わざるを得ない。
ファイナルが終わった時、MAX契約を高いと思うコメントは消え失せたのだから。

◆収束力の高さ

ウィギンズといえばコレだろう。
彼の平均得点はレギュラーシーズン17.2点、プレイオフ16.5点と、非常に安定している。

チームのサードオプションとしては悪くない数字ではあるが、
MAXに相応しいかというと微妙、そんな数字だ。
彼はどんな試合であろうと、この17点あたりに収束する力があまりにも強い。

前半で15得点!>これは覚醒か?!>終わってみたら18得点で収束かよ!
みたいなことがザラにある。

その結果、前半好調=後半は落ちる、前半不調=後半は巻き返す
と言った具合に、収束を逆算されて観戦されてしまうという新しいスタイルを生み出してしまったのだ。

こういった草の生える要素こそが、MINでは物足りないと言われ、
反面GSWにとっては重要なピースとなったわけだから、
GSWというチームの適材適所感は凄いと言わざるを得ない。

ちなみに八村も13得点あたりへの収束力が高いとされているプレーヤーだが、
ワンチャンウィギンズになれる素養があるのかもしれない。
まぁウィギンズになれた所で、所属がWASだと意味がないのですが。



◆ラッセル・ウェストブルック(4年連続4回目)
buru2.jpg

ブルさんはポイントガード? よ く わ か り ま せ ん

前人未到、あのカズンズでもなし得なかった4年連続の受賞となった。

WASをプレイオフに導いた実力を評価され辿り着いたLAL。
レブロン、ADとともに構成されたBIG3だったが、
結成するにあたってのロールプレイヤー放出に対しての否定的な声がそもそも多く、
BIG3に対しての期待値も高くなかった。
それでもラスならなんとかしてくれる!という願いを込めたシーズンだったが、
そんな願いはロサンゼルスの地に届かなかった。

ゲームの注目度自体は毎試合高く、
ラスの熱いプレイはWAS以上にコメントを賑わせはしたのだが、
もちろんWAS時代のようにトリプルダブルを連発などできず、
ボールを持つ機会も減り、
トランジションで走ってくれる選手も多くない、
そんなチームにおいてはラスのターンーオーバーとディフェンスの粗さだけが目立ち、
低迷の主要因としてやり玉に挙げられてしまった。

それでも、時折見せる全盛期のような輝きや、
どんな時でもフルスロットルで戦う姿勢は、未だに多くのファンの心を掴んで離しておらず、
試合で活躍した際の盛り上がりも尋常ではない。
NRTG(ネタレーティング)No.1選手の称号は伊達ではなく、
シュート一本打つだけで湧き上がる、そんな選手は他のどこにもいないのだ。

どうか新シーズンにおいては、ファンの手首を破壊してくれることを願ってならない。




最終回は1stのバックコート2名と、MVP選出です。






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2022/09/01(木) 21:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28
<<【NBA】ドノバン・ミッチェルがCLEへ!マルカネン、セクストンら+アンプロテクト1巡目3本、1巡スワップ2本 | ホーム | 21-22シーズン ALLNBA1st、2ndチームとMVP Vol.2      【 こ の サ イ ト で の 】>>

コメント

この企画が遅れた諸悪の根源KDここできたァ!
まあ流石にポストシーズン~オフシーズンの追い上げではMVPはキツかったか!
  1. No.1 URL |
  2. 2022/09/01(木) 21:04:21 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

KDもラスも例年なら文句なしのMVPだろ
  1. No.2 URL |
  2. 2022/09/01(木) 21:23:41 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

OKC関係者多すぎて笑う
  1. No.3 URL |
  2. 2022/09/01(木) 21:27:24 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

みんなのアイドル西ブルが入ってて安心しました
これで成仏できますありがとうございます
  1. No.4 URL |
  2. 2022/09/01(木) 21:31:37 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

シモンズとカイリーの一騎打ちか
  1. No.5 URL |
  2. 2022/09/01(木) 21:47:46 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

西ブル殿堂入りやろこれ
  1. No.6 URL |
  2. 2022/09/01(木) 21:50:17 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

KDとラスがMVP落選か…
今季レベル高すぎだろ
  1. No.7 URL |
  2. 2022/09/01(木) 21:53:32 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

今季のキングはバックコート?🤔
  1. No.8 URL |
  2. 2022/09/01(木) 21:59:28 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ラスがフロントコートは草。
残るはベンシモ、カイリー、クリポか?
  1. No.9 URL |
  2. 2022/09/01(木) 22:01:04 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ベンがMVPで1stがカイリークリポかな
  1. No.10 URL |
  2. 2022/09/01(木) 22:03:21 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

KD MVPだと思ってたわ
今年はレベル高えよ
  1. No.11 URL |
  2. 2022/09/01(木) 22:42:35 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

なんだ、彼岸島は初回だけか。
  1. No.12 URL |
  2. 2022/09/01(木) 22:45:19 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MAXがポジティブな形での受賞となったのが嬉しい
  1. No.13 URL |
  2. 2022/09/01(木) 22:57:13 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>なんだ、彼岸島は初回だけか。

クソコラ追加してやったぞチクショウ!
  1. No.14 URL |
  2. 2022/09/01(木) 23:10:14 |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

今年は本当にハイレベルだったね
ラスのNRTGは例年より高い指標だったのにmvpを逃すとは…
後世に語り継がれるシーズンなのは間違いない
  1. No.15 URL |
  2. 2022/09/01(木) 23:19:51 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

後3人か
シモンズカイリーは確定してて後一人はモラントかポッポか
ラスをフロントコートでねじ込みやがってw
KDがMVPじゃないならシモンズMVPかねえ
  1. No.16 URL |
  2. 2022/09/01(木) 23:48:42 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コート上以外のクソムーブや胸クソ度でいえばKD、カイリー、ベンシモが抜けてる
あ、コイツら同じチームやんか・・・
  1. No.17 URL |
  2. 2022/09/01(木) 23:58:08 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

まあベンシモがMVPじゃなきゃ流石にフロントコートに持ってきてるはずだからやつがMVPなんだろう
  1. No.18 URL |
  2. 2022/09/02(金) 00:46:19 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

あれ?今のところ青いチームの出身者しか選ばれてないよねこれ(MIN、OKC、PHI)。
NYKもネタだし青いチームってネタ枠なのかなw。
  1. No.19 URL |
  2. 2022/09/02(金) 00:52:05 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

NetRating、一文字加えるだけで屈辱的な指標になるの草
  1. No.20 URL |
  2. 2022/09/02(金) 11:21:32 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

KDは期間短いのが敗因やな
  1. No.21 URL |
  2. 2022/09/02(金) 11:33:10 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

西ブルをフロントに強制インならやっぱ
モラントかな

MVPシモンズ
カイリー、モラント
  1. No.22 URL |
  2. 2022/09/02(金) 11:40:46 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

層が厚いNBAで4年連続受賞のウエストブルックさん半端ないな
来季は新しいチームで受賞しないか??
  1. No.23 URL |
  2. 2022/09/02(金) 11:52:47 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

KDは追い上げならず、か。
やはりシーズン通した安定した活躍(?)が必要。

ウィギンスだけネタ要素ありながら内容がポジティブなの草。
もはや愛され。

しかし、こうなると本命はカイリーとシモンズの一騎打ちか。
BKNはMIA BIG3を超える逸材揃いだな。
  1. No.24 URL |
  2. 2022/09/02(金) 14:25:45 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

23
しかも今まで全て異なるチームでの受賞という偉業というね
  1. No.25 URL |
  2. 2022/09/02(金) 15:32:57 |
  3. バスケ大好き名無しさ #WwSEJKX6
  4. [ 編集 ]

ウィギンスの収束力ワロタ

でもほんとあれ不思議だよな、本当に収束するから
  1. No.26 URL |
  2. 2022/09/02(金) 15:36:21 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ウィギは強化版ハリバンって感じだったね。ドレイクレイが衰えた分総合力ではあのシーズンと同じくらいだったのかも
  1. No.27 URL |
  2. 2022/09/02(金) 19:32:50 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ミッチェルに持っていかれて、コメント数伸びてないな
  1. No.28 URL |
  2. 2022/09/02(金) 20:03:43 |
  3. ほこちん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/7336-b6650655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】レブロンのTO8つ、謎熊相手に命からがらの辛勝、しかし大きな勝利を挙げたLAL 八村は14得点
【NBA】調整モードの首位BOSをきっちり下したNYK 2位MILと1ゲーム差で浮上にワンチャン
【NBA】GSWが勝利し、45勝35敗に3チームが並ぶ異常事態に 残り2試合どうなる
【NBA】ザイオンとCJともに31得点で、SACを撃破! SACは苦手NOPにまたも屈する
【NBA】ラスが豪語「俺より優れたベンチの選手はいない」
【NBA】西CF前哨戦 対MINでもなお強い終盤DEN、ワトソンが魂の6ブロックショット MINはKATの復帰でPOどうなるか
【NBA】お休みLACでも、ハイランドが37得点でPHXを苦しめる 最後はきっちり締めたPHXが勝利
【NBA】連戦でも顕著に現れた双方の火力差 DALがきっちりMIAを封じて快勝
【NBA】MINのカール・アンソニー・タウンズが近日復帰見込みに
【NBA】リバウンドマシーン、アンドレ・ドラモンドのスーパープレー
【NBA】SACがOKCに敗れる 西のPIラインは2ゲーム差に4チームがひしめく混戦に サボニスは連続DDが61試合でストップ
【NBA】BOS戦、ヤニスが何もない所で倒れる 自力歩行は可能な模様
【NBA】前半66-33と圧倒的終戦ムードから、追いつかない程度の反撃で終戦 LACに敗れたPHXが8位転落

スポンサードリンク

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ
【アンテナサイト】
とろたまヘッドライン
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
ウリエルあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング