fc2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.8】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg


ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.3】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.4】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.5】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.6】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.7】

掲載順位9位~11位の3チームです。
このあたりからエリートチームと言えるエリアです

◆20-21シーズン掲載数順位◆

1. 35回 ワシントン・ウィザーズ (前回4位【+3】
2. 32回 ブルックリン・ネッツ (前回13位タイ【+11】
3. 29回 トロント・ラプターズ (前回17位タイ【+14】
3. 29回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回9位【+6】
5. 28回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回1位【-4】
6. 16回 ユタ・ジャズ (前回22位【+16】
6. 16回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回3位【-3】
6. 16回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回5位タイ【-1】
9. 15回 フェニックス・サンズ (前回10位【+1】
9. 15回 オクラホマシティ・サンダー (前回7位タイ【-2】
11.14回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回5位タイ【-6】
11.14回 ニューヨーク・ニックス (前回17位タイ【+6】
11.14回 フィラデルフィア・76ers (前回13位タイ【+2】
14.13回 ダラス・マーベリックス (前回7位タイ【-7】
15.12回 マイアミ・ヒート (前回11位【-4】
16.11回 アトランタ・ホークス (前回19位タイ【+3】
16.11回 デンバー・ナゲッツ (前回24位タイ【+8】
16.11回 ヒューストン・ロケッツ (前回2位【-14】
19.10回 シャーロット・ホーネッツ (前回24位タイ【+5】
20. 9回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回19位タイ【-1】
20. 9回 ミルウォーキー・バックス (前回23位【+3】
22. 8回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回30位【+8】
23. 7回 サクラメント・キングス (前回16位【-7】
23. 7回 サンアントニオ・スパーズ (前回19位タイ【-4】
25. 6回 ボストン・セルティックス (前回13位タイ【-12】
26. 5回 インディアナ・ペイサーズ (前回26位タイ【±0】
26. 5回 シカゴ・ブルズ (前回29位【+3】
26. 5回 メンフィス・グリズリーズ (前回12位【-14】
26. 5回 デトロイト・ピストンズ (前回28位【+2】
30. 3回 オーランド・マジック (前回26位【-4】



◆11位タイ・・・掲載数14回
ニューヨーク・ニックス(実順位:東5位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
5位 25位 26位 17位 11位


glaf2021nyk.jpg
ここ数年、勝利することよりも刹那的にネタを提供することで
チームの価値を高めていたNYKが、勝ちにきている。すごい。

シボドーHCを据えたNYKは、ディフェンス意識を高め、
ジュリアス・ランドルとRJバレットを軸に明確なチーム作りを展開。
その結果ランドルはハーデンに次いでプレイングタイム2位36.7分、
バレットは33.2分ときっちりしごかれているが、
昨季ファイナルでもシボドーHCの精神体がバトラーを鼓舞し、
LALから魂の2勝目を挙げたのは記憶に新しい。
つまりシボドーHCは正しいのだ(確信)。すごい。
レブロンvsバトラー ファイナルにふさわしい魂のぶつかり合いは、FTを決め切ったバトラーに軍配!MIAが執念の2勝目

またシボドーHCは、低評のある酷使とともに、
「〇〇・ブルズ」を作り上げるということを織り込まなければならないが、
例に漏れずタージ・ギブソンとデリック・ローズを獲得。
ジョアキム・ノアが引退してしまったことは悔やまれる要素ではあったが、
これは実際に良いムーブであり、特にコメント的にも大正義枠であるローズは、
今後の活躍次第でコメントを爆発させる素養を持っている。すごい。
ミッチェル・ロビンソンが復帰して安定した先には、上位シードが見えてくるかもしれない。

またMINに次いで若手を腐らすことに低評のあるNYKだったが、
ルーキーのオビ・トッピン、イマニュエル・クイックリーも腐らせずに一定の活躍をさせている。すごい。
ちなみにしっかりと腐らせたデニス・スミスjrがDETでがんばっているのを見ると、
管理人は溢れる涙を抑えきれない。

また余談だが、ランドルがオールスターに選出された件を受け、
LAL産選手の優秀さが一層浮き彫りになった。
ジョーダン・クラークソン、ジュリアス・ランドル、ディアンジェロ・ラッセル、ブランドン・イングラムetc…。

つまり、モリッツ・ワグナーが覚醒する日も近い。



◆11位タイ・・・掲載数14回
ニューオリンズ・ペリカンズ(実順位:西11位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
13位 10位 19位 5位 11位


glaf2021nop.jpg
アンソニー・デイビスという化物要素のみでコメントを稼いでいたこのチームは、
ザイオン・ウィリアムソンという化物要素のみでコメントを稼ぐスタイルに変容。
世代交代をきっちり行い、ここ数年実順位に見合わない掲載順位を保ち続けている、
それがNOPというエリートチームである。

昨季の5位よりやや低迷したが、
ザイオン自身は怪我での離脱もなく、その化物ぶりを遺憾なく発揮している。
昨季と同様に、対ヤニスやレブロンなど、
化物対決をする際はより一層コメントを盛り上がらせる要因となっている。
MILヤニス38得点vsNOPザイオン34得点 試合はディビンチェンゾが殊勲のOF奪取でMIL勝利
NOP-DAL スターの超殴り合い イングラム30得点、ザイオン36得点、KP36得点、ドンチッチ46得点

ただ実順位は一向に伴ってこず、チームはプレイオフ圏外で喘いでいる状態。
スタン・バンガンディHCになっても問題のディフェンスは改善されておらず、
ブランドン・イングラムとの両エースで迎えるクラッチタイムでのリード溶かしも、
LAC同様シグネチャームーブと化している。
エンターテイメント的にはコメントも稼げるので優秀ではあるのだが、
実順位的にはたまったものではない。

先述したLAL理論で、 ロンゾ・ボールかジョシュ・ハートあたりがもうひと剥けするか(マラー的な意味ではない)、
ニコロ・メッリ、NAWあたりが存在感を出してこないと、
NOPの迎えるべき明るい未来はもうしばらく先になりそうだ。



◆9位タイ・・・掲載数15回
オクラホマシティ・サンダー(実順位:西12位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
3位 3位 5位 7位 9位


glaf2021okc.jpg
実順位を伴わない掲載順エリートチームとしては、
上述のNOPをも上回る、No.1チームと言えるのがOKCだろう。
今季ギリギリではあるものの、改めて「5年連続一桁」という順位を見返すと、
強豪でもない、フランチャイズスターもいない、
地名を聞いて最初に連想されるのがハリケーンというくらいの田舎のチームが、
これほど注目されているというのは特筆に値する。

ただ基本的なコメ稼ぎの路線は昨季と全く同じだ。
「指名権収集家」と「タンクするする詐欺」。
サム・プレスティとかいう、敏腕指名権収集家

昨季、予想外の進撃を見せ、プレイオフにも進出してしまったこのチームは、
あわよくば選手をキープし、勝ちを取りに行く想像すらされていたのだが、
そんな期待も吹き飛ばす容赦のない選択で、
昨季の功労者たちは次々と各チームに送り込まれていった。
クリス・ポール、スティーブン・アダムス、デニス・シュルーダー、ダニーロ・ガリナリ、テレンス・ファーガソン…。
そして残るのは、数々の指名権。

話は逸れるが、推しチームに手放したい不良債権がいた場合、
以下のようなコメントが目立つ。

「ニックソにでも送っとけばいいよ」

ゴミ箱扱い。
とりあえずネームバリューのある選手ならニックソは欲しがってくれるだろという
信頼感が為せるコメントだ。

もう一つは、

「指名権さえ出せばOKCなら何でも引き取ってくれるよ」

これはもう金さえだせばやらしてくれる、と言っているのと同義なので、
多目的トイレ扱い。
NYKとはまた違った信頼感が為せるコメントだ。
指名権を獲得して不良債権を引き取るのは再建チームとして至って普通のムーブではあるのだが、
それがあまりにも突出してしまった故の扱い。

ゴミ箱と多目的トイレ、どちらがマシなのかは知らない。

そしてタンクについては、
昨季「タンクを許さない男」として猛威を振るっていたクリス・ポール。
その彼が抜けたわけだから、今季こそはOKCはタンク狙いのチームとして、
SGAやドートをのんびり眺めるチームになるのだろうと思われていたのだが、
その魂は彼らにも脈々と受け継がれていた。
【朗報】SGAが見事なクラッチ CHAを激闘の末破ったOKC、やっぱりタンクではなかったことを証明
ホーフォード、ヒルが支え、ベイズリーが躍動したOKC POチームのORLにも勝利してしまう
これはMustWinチーム OKCが延長で逆転勝利、ラヴィーンのクラッチが外れたCHIは悲痛…

変わらずのディフェンスに、シュート力も向上したドート、
エースとして存在感を増したSGAが簡単な敗北を許さず、
その彼らが欠場した際であっても、時にディアロが、時にベイズリーが勝利に導くことも。
ベテランのジョージ・ヒルやホーフォードも指名権換金のために存在感を発揮している。

勝ちたくても勝てないチームがたくさんいる中、再建(哲学)を全力で阻むこのチームは、
そのあまりのギャップに、たくさんのコメントと草を生やしているのだ。

とはいえ現在借金6。
さすがに息切れは感じさせる中、意中のケイド・カニンガムと、
溢れんばかりの指名権に目を向けていればそれだけで楽しいのだが、
今季のBOSを見ていると、数年後微妙な結果に終わらないことを祈るばかりである。






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2021/03/11(木) 17:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.9】 | ホーム | 【NBA】後半戦初戦で八村は久しぶりの2桁、11得点6REB WASはチュナス地獄で業火に焼かれる>>

コメント

OKCクソ面白いww
  1. No.1 URL |
  2. 2021/03/11(木) 17:15:32 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

プラスティが有能なの良いよなあ
  1. No.2 URL |
  2. 2021/03/11(木) 17:50:33 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

OKC評で使われてるワードが渡部で草
  1. No.3 URL |
  2. 2021/03/11(木) 17:54:18 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

多目的トイレやめい笑笑
  1. No.4 URL |
  2. 2021/03/11(木) 18:03:48 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

マラー的な意味ではない、と多目的トイレで草
  1. No.5 URL |
  2. 2021/03/11(木) 18:18:13 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

NYKの感想 すごい
OKCの感想 便所(トイレットペーパーという名の指名権)
  1. No.6 URL |
  2. 2021/03/11(木) 18:26:33 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

「アンソニー・デイビスという化物要素のみでコメントを稼いでいたこのチームは、
 ザイオン・ウィリアムソンという化物要素のみでコメントを稼ぐスタイルに変容。」

ぜんぜん変わって無くて草
  1. No.7 URL |
  2. 2021/03/11(木) 19:07:52 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

OKCはまじで今年は負けるべき カニングハムのために
ヒートが期待外れなのは追い風だけど
ロケッツが想定以上に弱体化してトップ4プロテクトが発動しそうのなのが苦しい
  1. No.8 URL |
  2. 2021/03/11(木) 19:14:55 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ニックソにでも送っとけばいいよ
金さえ出せばやらせてくれる
はマジで電車内で笑いがこらえられなかった
文才あるわぁ
  1. No.9 URL |
  2. 2021/03/11(木) 19:57:38 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

プレスティがデッドライン間際でどう動くのかが楽しみ。またエグい錬金術を見せて欲しい。
  1. No.10 URL |
  2. 2021/03/11(木) 20:02:12 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

君たち、OKCにガチで優勝狙って欲しいと思わないの?笑
  1. No.11 URL |
  2. 2021/03/11(木) 20:09:32 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

これはもう金さえだせばやらしてくれる、と言っているのと同義なので、多目的トイレ扱い>
何気に時事ネタ突っ込んでるの好き
数年後に渡部ネタ覚えてる人いないかもしれんけど
  1. No.12 URL |
  2. 2021/03/11(木) 20:31:38 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

タンクするのかと思ったらプレーオフへ行き、勝ちに行くのかと思えば選手を放出し、タンクするのかと思いきやタンク許さないマンが発動し指名権があぶない…
ファンとプレスティのメンタルが持たないよ!笑
  1. No.13 URL |
  2. 2021/03/11(木) 21:24:31 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ほぼOKCコメで草
やっぱりみんな好きなんやなあ…
  1. No.14 URL |
  2. 2021/03/11(木) 21:37:31 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

OKCはタンクしたいgmと邪魔したい現場のチキンレースがすごく面白いからまあ順位上がるよね
  1. No.15 URL |
  2. 2021/03/11(木) 23:44:21 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

皆んなOKC(サンダー)好きやね😅NOP(ペリカンズ)も今シーズンは面白いんやけどね。まだ成長過程だからしゃーないか?
  1. No.16 URL |
  2. 2021/03/12(金) 13:29:41 |
  3. ああ #-
  4. [ 編集 ]

シボドーの定評が「低評」なのも芸が細かいぜ
  1. No.17 URL |
  2. 2021/03/12(金) 15:55:40 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

マジでプレスティのチームだわ。
GM界のポポビッチになって欲しい。
  1. No.18 URL |
  2. 2021/03/12(金) 18:22:09 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/5509-0c6510c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】ダーク・ノビツキーを基準として、ニコラ・ヨキッチはいつ頃までトップ選手として活躍できるか
【NBA】チーム成績は向上も、大きな伸びしろは感じさせなかったCLE 不穏な噂も独り歩きする中、ドノバン・ミッチェルの選択は
【NBA】これからのバスケットボールに必要な要素はジャパニーズスモウな模様
【NBA】これは事実上のファイナル ホームで初白星のMINが最終戦に持ち込む DENは前戦のオフェンスが見る影もなく大敗
【NBA】OKCが劣勢時の、ケビン・デュラントらOB陣の擦られっぷりが凄い(2回目)
【NBA】ジャレット・アレンが痛み止めの注射を打っての出場を拒否したことに対して、不満をもつ選手もいたとの報道
【NBA】昨年のカイリーに端を発した、PJワシントン、ギャフォードというDALの補強がここに来てピタリな模様
【NBA】スターター変更も実らずSGA孤軍奮闘 ルカは貫禄のTDでDAL完勝の3勝目、またも1位を下してのCF進出なるか
【NBA】オフェンスクリエイトで大きな差を見せたBOSがCF進出 まさかのエースマカモリで粘ったCLE敗退
【NBA】21年2位ジェイレン・グリーン、22年3位ジャバリ・スミスjr、23年4位アメン・トンプソン、そして24年3位と4年連続TOP4をゲットしたHOUはライジングできるのか
【NBA】ヨキッチとかいう最高のパサー(40得点) ついにホームで白星を挙げたDENが勝ち上がり王手 MINは意地を見せられるか
【NBA】堅いMSGの牙城崩せず、IND崖っぷちに 対照的にNYKはブランソンが44得点の快勝
【NBA】バスケットボールという競技の性質上、スターレベルの選手においてOF>DFとなり得るのか

スポンサードリンク

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ
【アンテナサイト】
とろたまヘッドライン
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
ウリエルあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング