fc2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.7】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg


ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.3】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.4】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.5】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.6】

掲載順位11位~15位の3チームです。


◆20-21シーズン掲載数順位◆

1. 35回 ワシントン・ウィザーズ (前回4位【+3】
2. 32回 ブルックリン・ネッツ (前回13位タイ【+11】
3. 29回 トロント・ラプターズ (前回17位タイ【+14】
3. 29回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回9位【+6】
5. 28回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回1位【-4】
6. 16回 ユタ・ジャズ (前回22位【+16】
6. 16回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回3位【-3】
6. 16回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回5位タイ【-1】
9. 15回 フェニックス・サンズ (前回10位【+1】
9. 15回 オクラホマシティ・サンダー (前回7位タイ【-2】
11.14回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回5位タイ【-6】
11.14回 ニューヨーク・ニックス (前回17位タイ【+6】
11.14回 フィラデルフィア・76ers (前回13位タイ【+2】
14.13回 ダラス・マーベリックス (前回7位タイ【-7】
15.12回 マイアミ・ヒート (前回11位【-4】
16.11回 アトランタ・ホークス (前回19位タイ【+3】
16.11回 デンバー・ナゲッツ (前回24位タイ【+8】
16.11回 ヒューストン・ロケッツ (前回2位【-14】
19.10回 シャーロット・ホーネッツ (前回24位タイ【+5】
20. 9回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回19位タイ【-1】
20. 9回 ミルウォーキー・バックス (前回23位【+3】
22. 8回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回30位【+8】
23. 7回 サクラメント・キングス (前回16位【-7】
23. 7回 サンアントニオ・スパーズ (前回19位タイ【-4】
25. 6回 ボストン・セルティックス (前回13位タイ【-12】
26. 5回 インディアナ・ペイサーズ (前回26位タイ【±0】
26. 5回 シカゴ・ブルズ (前回29位【+3】
26. 5回 メンフィス・グリズリーズ (前回12位【-14】
26. 5回 デトロイト・ピストンズ (前回28位【+2】
30. 3回 オーランド・マジック (前回26位【-4】



◆15位・・・掲載数12回
マイアミ・ヒート(実順位:東6位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
23位 23位 22位 11位 15位


glaf2021mia.jpg
シーズン5位からのアップセットを繰り返し、
ファイナルでLAL相手に見せた感動も記憶に新しい中、
さぞ注目度も高いかと思いきや、中位に留まった東王者MIA。

当初の注目度自体は低くはなかったのだろうが、
群を抜いた序盤の低調ぶりに、昨季揺さぶられた心も落ち着きを取り戻してしまったかのよう。

オフシーズン減少の煽りを最も受けた2チームのうちひとつということもあり、
ジミー・バトラーをはじめとする主力の相次ぐ欠場にも同情的な見方が多かったが、
いつまでも減らないどころかかさんでいくに借金に、
「やはりバブルは特別だったな」「確変のマグレ」とまで揶揄されることに。

それに併せ、ジミー・バトラー自身、レギュラーシーズンを重要視しないタイプであるだけに、
それが顕著となる今季は、観戦する側からしても、わざわざ観ようという意思を持たせない
チームになっている所がある。LALにも同じことが言えるが。

ただ結果的に前半戦終了時に借金を完済したMIA。
むしろ下位シードで当たりたくない相手No.1として、
今季も東の上位陣を蹂躙してしまうのかもしれない。

ちなみに俺勝のフレーズは完全に独り立ち。
渡邊「俺がいないと勝てないんだろ!」
ドレイモンド「俺がいないと勝てないんだろ!」
クリポ「俺がいないと勝てないんだろ!」
と、すっかり汎用ワードとなった。



◆14位・・・掲載数13回
ダラス・マーベリックス(実順位:西8位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
18位 29位 13位 7位 15位


glaf2021dal.jpg
ドンチッチ中心のチームとなって2季目となるDAL。
さすがに昨季ほどのインパクトはなく、やや掲載順位を落とした形。

昨季のプレイオフチームということで、
例によってプレイオフの結果が今季の期待値となって響いてくるわけだが、
ドンチッチ初のプレイオフであることや、ルカマジックの鮮烈さも手伝って、
プレイオフで通用しないイメージはそこまで持たれなかった模様。
むしろ勝利したLACがファイナルまで行っていれば、名誉準優勝の座もワンチャンあったわけだ。
つまりポジョが悪い(嘘です)。

さて今季、ドワイト・パウエルが復帰し、
セスは失ったもののジョシュ・リチャードソンが加入して
ディフェンス面の強化が期待されたわけだが、ディフェンスレーティングも下降。
頼みのポルジンギスも相変わらずの怪我がちで、
ドンチッチの相棒としての素養に疑問符をつけられる状態。

ただコメント群では、そういった声とは裏腹に、ドンチッチへのネガティブな意見が特に目立った。
特にシーズン序盤でのスリー試投への声は特に厳しく、
「ドンチッチのブリー」、「nextブル」、「なんでブランソンが2本しか打ってないのに、ブルが7本も打ってんだよ」「DALで一番重要なのセスだったろ」
などと、ボール保持やシュートセレクションと併せて敗戦の非を問われた。
ボール保有率の高いエースとしてはやむを得ない評価ではあるが、
しかしこのチーム、気が付けば2月以降の勝率をぐっと伸ばし、現3連勝中。
ドンチッチの独壇場 ほぼブザービーターとなるスリー連続2本で勝負あり 敗れたBOSは借金に
NOP-DAL スターの超殴り合い イングラム30得点、ザイオン36得点、KP36得点、ドンチッチ46得点

気が付けばドンチッチへの酷評も霧散していった。
手のひらを変えさせてこそスター。
そしてエースのルーキー契約終了前に、ファンの手首を破壊するのはKPだと期待したい。



◆11位タイ・・・掲載数14回
フィラデルフィア・76ers(実順位:東1位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
12位 11位 7位 13位 11位


glaf2021phi.jpg
掲載順位としては、ここ数年非常に安定しており、
ほどほどの上位を常にキープしている。
ただ今季は「東1位」に君臨しているだけに、逆にこの位置はNGと言える。
とは言え、昨季の東1位のチームに比べれば遥かにマシなのでセーフなのか。

昨季、狭いスペースで淀んだスタープレイヤーたちを散々揶揄されたPHIだったが、
ダリル・モーリー氏の貢献により、ベン・シモンズの周りをシューターで固める明確な意思を見せ、
エンビードのバックアップにドワイト・ハワードを獲得と、
ハーデン獲得に伴うベン・シモンズがらみの不穏な動きはあったものの、
昨季スイープ敗退したPHIは素晴らしいチームに変容した。

特に水を得た魚となったエンビードはMVPの声も多く、ヨキッチと併せて

【朗報】センターの時代がやってきた模様

という記事を挙げたいなあと思いつつ結局できなかったのは秘密だ。

例の名言は、PHIの快進撃と、MIAの低迷によって、掟破りの
ジミー「IF・・・」
というコメントまで飛び出してしまった。
トバイアス・ハリスも3P40%オーバーの活躍で、時にやらかしてしまうのもご愛敬。
このままいけば、エンビード、ハリス両者とも当サイトの1stチーム入りを逃せそうだ。

またシューターとして獲得したダニー・グリーン。
彼は時折見せるその微妙なスタッツで「優勝受取人」としてすっかりネタ要因となっている。
PHI最大の補強は、ダニー・グリーンを獲得したこととすら言われており、
彼が4つ目のリングをはめる光景も、現在のPHIでは充分に現実味のあるものとして捉えられる。
きっとポポビッチもここまでの選手になるとは想像しなかったことだろう。






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2021/03/10(水) 21:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<【NBA】後半戦初戦で八村は久しぶりの2桁、11得点6REB WASはチュナス地獄で業火に焼かれる | ホーム | ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.6】>>

コメント

相変わらずここの管理人さんは文章がすごく面白いですね(笑)
ルカの名誉準優勝ができなかったのはポニョのせいっていうのは7割くらい当たってる気もしないでもないです。
このサイトでのallnbaチームはカズンズと髭がカムバックできそうなのでオフシーズンに期待してますw
  1. No.1 URL |
  2. 2021/03/10(水) 21:28:04 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

俺のダラスは語ることが微妙に少なくて悲しい笑
  1. No.2 URL |
  2. 2021/03/10(水) 21:51:22 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

リングを巻くってチャンピオンベルトじゃないんだから…
  1. No.3 URL |
  2. 2021/03/10(水) 23:01:55 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> リングを巻くってチャンピオンベルトじゃないんだから…

間違いに草
修正しました
  1. No.4 URL |
  2. 2021/03/10(水) 23:09:24 |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

優勝受取人って改めて見るとすげーおちょくってて面白いなw
  1. No.5 URL |
  2. 2021/03/11(木) 03:26:11 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

何度かコメ欄で指摘されてるけど管理人は文章うまい
このシリーズ好きだし他にもシリーズほしい笑
神がお隠れになって以降どのチーム応援してるのかとか
長年続けてるだけあってバスケ愛感じるし取り上げるレスに毒がないのがいいね(恥ずかしながら開設当初から見てます)
  1. No.6 URL |
  2. 2021/03/11(木) 04:37:27 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

いつのまにか優勝受取人がマコーからダニグリになったな
マコーの1人スリーピート達成も笑ったけどマコーはプレー面でのインパクトが少ないからスタメンで出つつ程よくやらかすダニグリの方がネタ枠では格上だな
  1. No.7 URL |
  2. 2021/03/11(木) 06:37:18 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

優勝受取人てめちゃくちゃ上手い言葉だな。。
ジミーとマイアミの昨ファイナルは永遠に忘れないから大丈夫
  1. No.8 URL |
  2. 2021/03/11(木) 09:10:54 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人さんにNBAスレの迷言を解説して欲しいね。
今年だったら
リラード<カリー
ドレイパス
ダニグリはピクルス
ハリバン界
MVPG13226
205ベア
ゴッドカイリー なんかは面白い☺
  1. No.9 URL |
  2. 2021/03/11(木) 09:46:51 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

お髭様を称えよ
(‐人‐) ハーデン
  1. No.10 URL |
  2. 2021/03/11(木) 09:50:54 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

いやー今からネタMVPとオールネタチームの発表が楽しみだなぁ
  1. No.11 URL |
  2. 2021/03/11(木) 09:59:46 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

優勝受取人っていい意味で使われてた優勝請負人という言葉を元ネタにした揶揄なんだからおちょくりなのは当然
だから元々それほど騒がれる選手でなかった、普通にスタメンで出場してチームの優勝に貢献しているグリーンを優勝受取人扱いはどうなんだと思わざるを得ない

元ネタの巨人村田みたいに元々強いチームに鳴り物入りで参加した上にほとんど貢献せずに優勝した奴が言われるなら分かるが
  1. No.12 URL |
  2. 2021/03/11(木) 10:01:10 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/5508-08be51be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】INDが完勝 互いのホームを取り合う激戦は第7戦へ ハートも苦しくなったNYKはどうなる
【NBA】ダーク・ノビツキーを基準として、ニコラ・ヨキッチはいつ頃までトップ選手として活躍できるか
【NBA】チーム成績は向上も、大きな伸びしろは感じさせなかったCLE 不穏な噂も独り歩きする中、ドノバン・ミッチェルの選択は
【NBA】これからのバスケットボールに必要な要素はジャパニーズスモウな模様
【NBA】これは事実上のファイナル ホームで初白星のMINが最終戦に持ち込む DENは前戦のオフェンスが見る影もなく大敗
【NBA】OKCが劣勢時の、ケビン・デュラントらOB陣の擦られっぷりが凄い(2回目)
【NBA】ジャレット・アレンが痛み止めの注射を打っての出場を拒否したことに対して、不満をもつ選手もいたとの報道
【NBA】昨年のカイリーに端を発した、PJワシントン、ギャフォードというDALの補強がここに来てピタリな模様
【NBA】スターター変更も実らずSGA孤軍奮闘 ルカは貫禄のTDでDAL完勝の3勝目、またも1位を下してのCF進出なるか
【NBA】オフェンスクリエイトで大きな差を見せたBOSがCF進出 まさかのエースマカモリで粘ったCLE敗退
【NBA】21年2位ジェイレン・グリーン、22年3位ジャバリ・スミスjr、23年4位アメン・トンプソン、そして24年3位と4年連続TOP4をゲットしたHOUはライジングできるのか
【NBA】ヨキッチとかいう最高のパサー(40得点) ついにホームで白星を挙げたDENが勝ち上がり王手 MINは意地を見せられるか
【NBA】堅いMSGの牙城崩せず、IND崖っぷちに 対照的にNYKはブランソンが44得点の快勝

スポンサードリンク

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ
【アンテナサイト】
とろたまヘッドライン
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
ウリエルあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング