fc2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.5】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg


ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.3】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.4】

掲載順位19位~20位までの3チームです。


◆20-21シーズン掲載数順位◆

1. 35回 ワシントン・ウィザーズ (前回4位【+3】
2. 32回 ブルックリン・ネッツ (前回13位タイ【+11】
3. 29回 トロント・ラプターズ (前回17位タイ【+14】
3. 29回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回9位【+6】
5. 28回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回1位【-4】
6. 16回 ユタ・ジャズ (前回22位【+16】
6. 16回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回3位【-3】
6. 16回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回5位タイ【-1】
9. 15回 フェニックス・サンズ (前回10位【+1】
9. 15回 オクラホマシティ・サンダー (前回7位タイ【-2】
11.14回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回5位タイ【-6】
11.14回 ニューヨーク・ニックス (前回17位タイ【+6】
11.14回 フィラデルフィア・76ers (前回13位タイ【+2】
14.13回 ダラス・マーベリックス (前回7位タイ【-7】
15.12回 マイアミ・ヒート (前回11位【-4】
16.11回 アトランタ・ホークス (前回19位タイ【+3】
16.11回 デンバー・ナゲッツ (前回24位タイ【+8】
16.11回 ヒューストン・ロケッツ (前回2位【-14】
19.10回 シャーロット・ホーネッツ (前回24位タイ【+5】
20. 9回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回19位タイ【-1】
20. 9回 ミルウォーキー・バックス (前回23位【+3】
22. 8回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回30位【+8】
23. 7回 サクラメント・キングス (前回16位【-7】
23. 7回 サンアントニオ・スパーズ (前回19位タイ【-4】
25. 6回 ボストン・セルティックス (前回13位タイ【-12】
26. 5回 インディアナ・ペイサーズ (前回26位タイ【±0】
26. 5回 シカゴ・ブルズ (前回29位【+3】
26. 5回 メンフィス・グリズリーズ (前回12位【-14】
26. 5回 デトロイト・ピストンズ (前回28位【+2】
30. 3回 オーランド・マジック (前回26位【-4】



◆20位タイ・・・掲載数9回
ミルウォーキー・バックス(実順位:東3位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
16位 21位 14位 23位 20位


glaf2021mil.jpg
昨季同時点で、MVP最有力候補(最終的にMVP獲得)、オールスターキャプテンのヤニス、
チームとしても東1位となっていたMIL。
それでも諸要因により注目度は上がらぬままプレイオフに進出した結果、MILはMIAに惨敗。
MIL及びヤニスの立ち位置は沈まざるを得なかった。

そんな状態で迎えたオフシーズン、
ヤニスをチームに引き留めるため色々と画策したMIL。
MILがヤニスに捧げる優勝への一手 NOPドリュー・ホリデーとSACボグダン・ボグダノビッチを獲得

賛否こそあったが、ホリデーとボグダノビッチの獲得によって強度を増したスターターは
一定のロマンと、MILの本気度が伺えた。
これはMILの注目度もぐっと上がるか?!と思われた矢先にこれである。
SAC-MIL間のボグダノビッチを巡るサイトレ違反について、イリヤソバをも解雇してしまったMILの道は
バックスがFA解禁前の交渉による処罰で、2022年のドラフト2巡目指名権をはく奪

このくそムーブに対し、
「バックソ」という単語が掲示板に所狭しと並んだことは言うまでもない。

そんな中、ヤニスとチームはSMAX契約を結び、
MIL的には最悪のケースだけは避けたわけだが、迎えたシーズン。
ヤニスの3季連続MVPという声はそこまで高くなく、
チームとしても14つもの黒星がついた東3位と、昨季と比べたら低調な状態に。
チームもホリデーがいる状態といない状態の差が激しく、ヤニスの起用方法について
議論されることも多々あったが、それは試合とは別のコメントなので、本順位には寄与されない。

元々「強すぎてつまらない」と揶揄されていたチームではあったが、
ここから圧倒的な強さを排除した今季はどうなってしまうのか?
という答えがこれである。23位⇒20位。

た い し て か わ ら な い

「好きの反対は、嫌いじゃないよ。興味がないだよ」



◆20位タイ・・・掲載数9回
ミネソタ・ティンバーウルブズ(実順位:西15位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
11位 8位 9位 19位 20位


glaf2021min.jpg
貫禄の最下位。
東西格差が激しいと例年以上に指摘されるシーズンにおいて、
※ただし狼を除く といったような注釈がつくほど、
一時期のMINはOKCやHOUを含めたほぼ全チームがプレイオフを争える位置にいた西において、
西の暗黒面をほぼ一手に担っている存在だ。
少し前の三途と同種の立ち位置。

しかし当時(18-19シーズン)の三途は掲載順位10位タイ。
基本的にこれほど弱さが際立つと、三途や26連敗を達成したPHIの時のように
一周してコメントが賑わう傾向があるのだが、それすらない。 ※HOUにはある
開幕2連勝を達成した時ですら、掲載した記事は1つのみだった。

エースのカール・アンソニー・タウンズが半分程度しか試合にでていない影響は
もちろん大きいのだが、KATの場合、コロナ感染に関連する身の回りがひどい状況であり、
非難などもってのほか、憐憫の情が中心となっていただけに、
MINにもその空気感が浸透していたような気もする。
叩きや煽りがコメントを盛り上がらせる一番の要因と証明してしまうのは悲しい話だが。

さてドラフト1位のアンソニー・エドワーズについては、
当初からMINが育てられるわけがない、という散々な言われようで、
ミネソタというチームがどれほど信頼されていないのかがよくわかる。
皮肉にもナビへのポスタライズダンク以降、
相変わらず低いFG%はさておき、わずかながらに注目度も増してきたエドワーズ。
残りの期間は彼とナズ・リードの成長と、枕不倫というひどい当て字をされた彼を
愛でていくと楽しいのではないだろうか。



◆19位・・・掲載数10回
シャーロット・ホーネッツ(実順位:東7位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン 20-21シーズン
29位 24位 29位 24位 19位


glaf2021cha.jpg
祝・CHAがついに計測史上初めて20位台を抜け出る。

チームとしてもプレイオフ圏内に留まっており、このまま進出を望む声も多い。

なんと言っても中心にあるのは、ドラフト3位のラメロ・ボールだろう。
エドワーズに言及した後にコレを持ってくるのは切ない話ではあるが、
ルーキー離れした非凡なパスセンス、判断力、精神力は話題に事欠かない。
CHAラメロ・ボールがベンチから史上最年少トリプルダブルを達成!4連敗のATLは借金に
CHAラメロは14REBとオールラウンドな活躍、ヘイワードは安定感ある34得点でNYKを破る

懸念材料だったパパ上との絡みも、今の所は順調。
ロンゾとの兄弟対決も相応に盛り上がりをみせた。
なおその記事はない模様。

また、BOSから移ったヘイワードに対する温かいコメントも目立つ。
基本的にBOSのヘイワードについては、カイリーほどではないにせよ、
高給、スペ、肝心な時にいない、頼りにならない
といった風潮が目立っていたが、改めて1st or 2ndオプションとして動きを見せた結果、
UTAのエース時代を彷彿とさせる働きを見せている。
ORLテレンス・ロスの同点3Pから、ヘイワードの力強いドライブでほぼブザービーター CHA勝利

高い高いと言われていたロジアーへの当たりも柔くなり、
グラハム、モンク、PJワシントンと粒も揃ってきた。

とは言え、未だ借金1。

sabanna.jpg

と言われないためには、せめて貯金生活くらいは送っておきたいところだ。






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2021/03/09(火) 21:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.6】 | ホーム | ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【20-21シーズン Vol.4】>>

コメント

狼はなぁ、ほんと優勝狙うなら選手取るより移転したほうが早いと思うってくらい環境が最悪。ていうか国外ってことを除けばトロントの下位互換って言われてもおかしくないくらい(トロントはnba全体で5位のビッグマーケット)寒いだけの街だし
  1. No.1 URL |
  2. 2021/03/09(火) 22:11:49 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

枕不倫はいくらなんでも酷すぎるだろw
  1. No.2 URL |
  2. 2021/03/09(火) 22:23:15 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ラメロはnbaでも絶対活躍すると思ってたから本当に嬉しい。けどここまでアンセルフィッシュにプレー出来るとは予想してなかった。多分プロ経験で培ったものだろうからこれが凡例となって大学でバスケする一流選手は減っていくのかもね。
  1. No.3 URL |
  2. 2021/03/09(火) 22:27:01 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MVPレースでもヤニス相変わらずPERとかエグいのに2年連続で獲ってるせいで300%ありえん風潮がいたたまれない(抜きにしても対抗がせいぜいとはいえ)
  1. No.4 URL |
  2. 2021/03/09(火) 22:34:39 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

3年連続MVPのハードルクッソ高いしな
  1. No.5 URL |
  2. 2021/03/09(火) 23:37:55 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ラメロはこいつが出てるなら試合見ようと思わせてくれる選手
これからに期待
  1. No.6 URL |
  2. 2021/03/10(水) 01:03:16 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

KATはコロナで母親含む親族7人失った上に自分もコロナに罹って1ヶ月離脱するっていう割と洒落にならん状況やったからまあしゃーないわな
  1. No.7 URL |
  2. 2021/03/10(水) 01:17:15 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

>MVPレースでもヤニス相変わらずPERとかエグいのに2年連続で獲ってるせいで300%ありえん風潮がいたたまれない(抜きにしても対抗がせいぜいとはいえ)
無理だよチーム完成度微妙だもん
エンビかゴベア以外周りが納得しないでしょ
  1. No.8 URL |
  2. 2021/03/10(水) 01:51:45 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

今季のヤニスはPERも微妙でしょ
PERの順位がザイオンの1つだけ上って、、、、、
  1. No.9 URL |
  2. 2021/03/10(水) 02:14:38 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

今のところMVPレースはエンビードが優位
とはいえ、MVPレースの「シード権」を持つ髭がいるからまだ分からないぞ

エンビードが他の候補者を引き離す→そのエンビードのPHIを BKNが追い抜く→自動的にお髭様MVP

というシナリオが普通にありうる
  1. No.10 URL |
  2. 2021/03/10(水) 03:05:55 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

枕不倫とナズとルーキーのマクダニエルズだけが楽しみのMINファンや
今年は指名権も残るかわからんしここ数年で一番きついわ
エドワーズはもう好き勝手やってくれ
  1. No.11 URL |
  2. 2021/03/10(水) 03:24:45 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ゴベアMVPて…候補の一人に入ったとしてもエンビと並べていいレベルじゃない
  1. No.12 URL |
  2. 2021/03/10(水) 07:29:43 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

UTAは絶対後半失速すると思う
連勝終わって徐々に負けが出てきてるし
  1. No.13 URL |
  2. 2021/03/10(水) 07:44:49 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

UTAが2位以下突き放して完全勝率1位フィニッシュだったらゴベアMVPはあり得ないわけではない
そうでなければ満票でエンビ
  1. No.14 URL |
  2. 2021/03/10(水) 07:53:15 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

満票なんてそれこそ73勝+402本のカリーみたいなことしないと無理だよ
  1. No.15 URL |
  2. 2021/03/10(水) 08:09:11 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MVPはシクサーズが1位ならエンビード
ネッツが1位ならハーデン
それ以外ありえん
  1. No.16 URL |
  2. 2021/03/10(水) 08:39:59 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

狼なんか怖くないby石野真子、わかるかな〜、わかんね〜だろうな〜
  1. No.17 URL |
  2. 2021/03/10(水) 08:51:57 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

大概のチームが怖くないだろうよ(棒読み)
  1. No.18 URL |
  2. 2021/03/10(水) 08:57:20 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

注目度がイマイチのCHAだけど、今シーズンはプレーオフ出場出来たら大したもんだな
  1. No.19 URL |
  2. 2021/03/10(水) 15:09:25 |
  3. ああ #-
  4. [ 編集 ]

MINや去年までの三途の記事見てると西はなんだかんだ言って暗黒チームもコメ稼げるんだなあって改めて思ったよ
  1. No.20 URL |
  2. 2021/03/10(水) 18:15:49 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/5506-c48bd45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】INDが完勝 互いのホームを取り合う激戦は第7戦へ ハートも苦しくなったNYKはどうなる
【NBA】ダーク・ノビツキーを基準として、ニコラ・ヨキッチはいつ頃までトップ選手として活躍できるか
【NBA】チーム成績は向上も、大きな伸びしろは感じさせなかったCLE 不穏な噂も独り歩きする中、ドノバン・ミッチェルの選択は
【NBA】これからのバスケットボールに必要な要素はジャパニーズスモウな模様
【NBA】これは事実上のファイナル ホームで初白星のMINが最終戦に持ち込む DENは前戦のオフェンスが見る影もなく大敗
【NBA】OKCが劣勢時の、ケビン・デュラントらOB陣の擦られっぷりが凄い(2回目)
【NBA】ジャレット・アレンが痛み止めの注射を打っての出場を拒否したことに対して、不満をもつ選手もいたとの報道
【NBA】昨年のカイリーに端を発した、PJワシントン、ギャフォードというDALの補強がここに来てピタリな模様
【NBA】スターター変更も実らずSGA孤軍奮闘 ルカは貫禄のTDでDAL完勝の3勝目、またも1位を下してのCF進出なるか
【NBA】オフェンスクリエイトで大きな差を見せたBOSがCF進出 まさかのエースマカモリで粘ったCLE敗退
【NBA】21年2位ジェイレン・グリーン、22年3位ジャバリ・スミスjr、23年4位アメン・トンプソン、そして24年3位と4年連続TOP4をゲットしたHOUはライジングできるのか
【NBA】ヨキッチとかいう最高のパサー(40得点) ついにホームで白星を挙げたDENが勝ち上がり王手 MINは意地を見せられるか
【NBA】堅いMSGの牙城崩せず、IND崖っぷちに 対照的にNYKはブランソンが44得点の快勝

スポンサードリンク

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ
【アンテナサイト】
とろたまヘッドライン
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
ウリエルあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング