FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.4】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.3】

23位から21位の一部まで。


◆掲載数順位◆

1. 47回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回2位タイ【+1】
2. 41回 ヒューストン・ロケッツ (前回2位タイ【±0】
3. 40回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回20位タイ【+17】
4. 39回 ワシントン・ウィザーズ (前回14位タイ【+10】
5. 27回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回14位タイ【+9】
5. 27回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回19位【+14】
7. 23回 ダラス・マーベリックス (前回13位【+6】
7. 23回 オクラホマシティ・サンダー (前回5位【-2】
9. 21回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回1位【-8】
10.20回 フェニックス・サンズ (前回10位タイ【±0】
11.17回 マイアミ・ヒート (前回22位タイ【+11】
12.16回 メンフィス・グリズリーズ (前回4位【-8】
13.14回 フィラデルフィア・76ers (前回7位【-6】
13.14回 ブルックリン・ネッツ (前回22位タイ【+9】
13.14回 ボストン・セルティックス (前回6位【-7】
16.13回 サクラメント・キングス (前回17位タイ【+1】
17.12回 トロント・ラプターズ (前回8位【-9】
17.12回 ニューヨーク・ニックス (前回26位タイ【+9】
19.11回 アトランタ・ホークス (前回20位タイ【-1】
19.11回 サンアントニオ・スパーズ (前回12位【-7】
19.11回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回9位【-10】
22.10回 ユタ・ジャズ (前回17位タイ【-5】
23. 8回 ミルウォーキー・バックス (前回14位タイ【-6】
24. 6回 デンバー・ナゲッツ (前回10位タイ【-14】
24. 6回 シャーロット・ホーネッツ (前回28位【+4】
26. 5回 オーランド・マジック (前回29位タイ【+3】
26. 5回 インディアナ・ペイサーズ (前回26位タイ【±0】
28. 4回 デトロイト・ピストンズ (前回25位【-3】
29. 3回 シカゴ・ブルズ (前回29位タイ【±0】
30. 2回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回22位タイ【-8】

総計 484回 うち東154回(31%)、西330回(69%)




◆23位・・・掲載数8回
ミルウォーキー・バックス(実順位:東1位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン
16位タイ 21位タイ 14位タイ 23位

2020glaffmil.jpg

2年連続オールスターキャプテン、
オールディフェンス1stチーム、
シーズンMVP etc・・・

人気と実力を併せ持ち、名実ともにNBAの顔として君臨する、
成長著しい化物プレーヤー、ヤニス・アデトクンボが率い、
シーズン70勝にも到達せんばかりの、勢いのあるチーム。
唯一の懸念だったブログドンの放出すら感じさせず、
ヤニス不在時においてもなお弱さを感じさせないそのチームは、
優勝最有力候補のひとつであることに疑いの余地がない。

そんなチームの試合ピック順位が高いことにも疑いの余地はない。

・・・ん?

23位!?

23位!!?

ina.jpg

自分で書いていてなお、この現象は理解し難い。

先述したDENについては、
「対戦記事自体はピックされるが、DENは無視される」のパターンが多いのに対して、
MILはそのピックすらほとんどない。
どうも、「強すぎて見る気もおきない」という傾向が感じられる。
掲載した対戦チームは、LAL、NOP、LAC2回、MIA、HOU、IND、UTAと、
比較的強豪チームに偏っている。
ザイオン対ヤニス、AD対ヤニスのような化物対決をする上では相応の盛り上がりは見せるが、
それ以外の要素に乏しい。

比較的近いシーズンで例えてみると、15-16シーズン73勝のGSWや66勝SASなどがあるが、
そのどちらもこんな有様にはほど遠い盛り上がりであり、
両チームの対戦などはコメントがはちきれんばかりであった。

仮説としてはこんなところだろうか。

◆東所属がきつい
◆ミルウォーキーという土地がきつい
◆チームそのもののファンが少ない
◆東のライバルがガツンとこない(強い弱いとは別のベクトル)
 → 勝手に落ちたPHI、ファイナルMVPの抜けたTOR、化物ライバルのいないBOSとIND、POで実績の少ないMIA・・・
◆ヤニス以外のメンツのキャラが薄い → アニオタ、ここにいたくない など
◆ヤニスが強すぎてネタにもならない
◆スリー入れたほうが勝つバスケが面白くない → 今季3PAが5番目…NBA全体の問題だが
◆デュオの相方のインパクトが弱い → ミドルトン・・・

他の地味チームについては、プレイオフで活躍さえすれば
いつか日の目が当たると言えるチームが多いのだが、
このチームだけは、たとえ今季優勝したとしても中位くらいに留まってしまうのではないだろうか、
という負の安心感がある。
実際に現王者TORも中位どまりなのがその証明に。




◆22位・・・掲載数10回
ユタ・ジャズ(実順位:西4位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン
18位タイ 11位タイ 17位タイ 22位


2020glaffuta.jpg

元々オフシーズンにおいては、勝利チームのひとつだったUTA。
The Next Grit and Grind MEM一筋12シーズン、マイク・コンリーがUTAへ
西の雄ジャズ、ボグダノビッチの獲得から、エド・デイビス、ジェフ・グリーン、ムディエイなど堅実な補強で上位候補に

INDの項で述べたように、このUTAも現在でこそ西4位という高位置につけているが、
開幕当初は勝率5割付近を行き来しており、地味めのチームには厳しい立ち上がりだった。

誰もがルビオからのアップグレードと思っていた、
MEMのレジェンド、マイク・コンリーがまさかのフィットせず。
結局ミッチェルに負担を負わせる運用はあまり変わらず、
今年のプレイオフでもまた1回戦敗退が濃厚なのだろう、と思わせるには充分な要素で、
UTAの試合が注目される機会は自然と減っていった。

しかし、コンリーがケガで離脱した途端チームは復調をみせ、
そこから10連勝を含む怒涛の勝ち星で一気にプレイオフ戦線に復帰、
瞬間的には2位まで順位を上げた末現在に至るという、
MEMファン憤慨ものの展開が待っていた。
もちろんMEMファン以外からは「コンリーいないUTAつええええ」「ゴベール神やん」
といった賛辞コメントが主だが。

まぁ実際のところ、エース級以外でもロイス・オニールやジョージ・ニアンがしっかりカバーし、
途中で獲得したジョーダン・クラークソンが得点力不足を補う活躍をみせたのが大きかったわけだが、

それでも。
それでもなお期待したい。

UTAのラストピースと言われたMEMのレジェンド、マイク・コンリーが「プレイオフM」となり、
全盛期の姿でゴベールやミッチェル、イングルスらにパスを供給、
自らもクラッチシュートでチームをファイナルに導く姿を。


どのチームの話をしてましたっけ

◆19位タイ・・・掲載数11回
ミネソタ・ティンバーウルブズ(実順位:西4位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン
11位 8位 9位 19位タイ


2020glaffmin.jpg

それは見えていた。確実に。
チームと自身を押し上げる光の道筋が。

MINアンドリュー・ウィギンズ ESPNプレイヤーランク100位外となり、「俺より良いプレーヤーは100人もいない」

開幕前の恒例、ESPNによる選手ランク。
MINの主力であるアンドリュー・ウィギンズが、100位圏外にランクされ、
自分よりうまい選手は100人もいないと憤慨したのだ。
ドリブルがらみのスキルは一定の評価があれど、ディフェンスレス、シュート効率×、
パスもオフボールもいまいちなドラ1生え抜きMAXプレーヤーという、
なんともいえない立ち位置となっていた選手だけに、
「ESPN分かってるな」「この時期なんだからネタ込みだろ」
「90位台の選手のネーム見たら、そりゃウィギンズ入れねーわ」
「100位圏外は言い過ぎ。70位くらい」「契約加味しなきゃ、ほどよいサードオプションだわ」
「ランクの可否はともかく、100人って発言自体が小物過ぎるだろ」

と、まさに賛否両論が巻き起こった。

そんな中で開幕を迎えたMINとウィギンズは、誰も予想しなかった奮闘を見せることとなる。
アンドリュー・ウィギンズの活躍でヒートを下したウルブズ、開幕3連勝!あるか今季の飛躍
GSWラッセルがキャリアハイ52得点!しかしウィギンズがベスト30位クラスの素晴らしいプレイで、MINが勝利
ローズとグリフィンが復帰したDETを、ウィギンズが33得点の活躍で退ける これはTOP20
SAS戦でも30得点を挙げたアンドリュー・ウィギンズ 日々ランキングが上がっている模様

明らかにプレイの質が一段上がったウィギンズの活躍により、チームは勝利を重ねたのだ。
これにはMIN以外のファンも大興奮。
「今日のウィギンズ何位くらいの活躍だった?」
「30位くらい」

と、活躍の程度をESPNランクで比喩することが当たり前のように発生し、
その独特な表現と併せて、ウィギンズは一躍時の人となったのだった。

元々彼については、毎年どこかしらで才能の片鱗を見せ、
「今年こそウィギンズいけるのか?!」「ついに覚醒したか」
と大きな期待を持たせては、
「今年もダメだったわ」と落胆させるシーズンが常であっただけに、
ついに今年こそ覚醒したんだ、とファンもファン以外も彼とチームの躍進を喜んだ。

その時管理人も確信した。
「あぁ、これ今季の(うちのサイトの)MVPだわ」




・・・こっから先いりますかね?


要のタッカーが早々に肩を負傷、ハーデンも11TO しかし頼みのウィギンズはさらに低調でMIN大敗
【悲報】サンダーとティンバーウルブズ 直接対決の結果、取り返しがつかない状況が共に加速する

何が起こったのか。気が付けば定位置に逆戻り。

「こりゃ100位圏外だわ」
「100位圏外さんパネェ」
と、序盤の活躍が嘘のように、ウィギンズのランクは
ジェットコースターのように再度の100位圏外へと落ちていった。

チームの大黒柱であるカール・アンソニー・タウンズも、オールスターの選出に対して、
「このチームはベストな24人ではない」と、似たような不満を吐露。
エリートネタチームとしての貫禄をみせつけた。
「オールスターに選ばれないベスト選手」に何度も選出されている
聖人マイク・コンリー選手の爪の垢でも煎じて飲むべきだろう。


結局のところ、ウィギンズは、惜しくもスターへの光の道を歩き切ることができなかった。
昨年のバトラーのように、注目発言→有言実行というプロセスがいかにカッコよく、
そして険しい道程であるか。私たちは改めて噛みしめなければならない。






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/02/20(木) 07:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
<<ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.5】 | ホーム | ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.3】>>

コメント

MILはどうせ勝つだろ感が凄い
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 07:23:42 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MILは何もかも地味だからな
試合も選手の顔もユニフォームもコートも
絵柄が見てて楽しくないんだろう
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 08:00:43 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ヤニスがいい子ちゃんすぎてな
レブロンやKDみたいに人格の隙もないしブルやベンシモみたいにプレーの隙もないしカリーやADみたいにスペでもない
ネットは基本叩くことで盛り上がるけど今季のヤニスは叩くポイントがない
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 08:10:19 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人バトラー好きよね、ありがとうおれも好き
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 08:55:22 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

稲中とかこれまた古いやつ持ってきたなw
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 09:16:30 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

いいですよ…
どうせMILは地味ですよ…(泣)
どんだけ頑張っても地味ですよ…(泣)
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 09:34:00 |
  3. MILファン #-
  4. [ 編集 ]

「ヤニスにアンチがつきにくい+ミドルトンのキャラが薄い+ヤニスの理不尽以外ごく普通に良いバスケ」だろうなぁ
ネタと叩きと掌返しが9割の本スレにおいてイジる要素があんま無いんだよ
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 09:51:30 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MILファン初めて見た
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 09:51:43 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

このサイトで一番コメント稼いでるブルさんを見習おう
活躍しても活躍しなくても大量のコメントが打たれる様はまさしくスーパースター
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 10:02:42 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

地味な強豪は相手が派手じゃないと盛り上がらんな
東ぇ…
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 10:30:31 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

2kのバックスの使いやすさは異常
他の奴らに外打たせておいてヤニスで中を蹂躙すれば楽に勝てる
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 10:35:44 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MIL好きだけどLACやらLALやらHOUが試合してたらそっち見に行っちゃうことが多いなー
なんだかんだで最終的に10点差以上つけて勝つんだろうなーって感じがする
まさに強すぎてってやつだ
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 11:04:54 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

王朝GSWも強すぎたけど大人気だったからなぁ
強すぎるから人気ないってのはあんまり成立しない
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 11:31:41 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

正直、MILの強さが安定し過ぎていて波乱が起きないわ、淡々と勝ち星積み重ねてくわで試合のチェックは結果だけになってしまってる。何より、ヤニスがプレーで暴走することもないほどチームが完成し過ぎてる。
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 12:16:27 |
  3. LALファン #-
  4. [ 編集 ]

「プレイオフM」の響きの悪さ好き
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 12:27:08 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コンリーさんのくだりが最高です!
プレイオフM期待してますよ。
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 12:39:28 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MILに関する地獄のような分析が的を射すぎていて、気の毒になってくるレベルですね

まあ、興味無いんだけど
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 13:24:35 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

派手さや楽しさを優先する考えは心が乙女だから
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 14:01:03 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MILのヤニスはただの優等生で、煽り発言しそうなのがブレットソーぐらい
あとユニフォーム地味なのが3割ぐらいイメージ下げてる気がする
なんとかレンジャーでも緑って大抵空気じゃん
チームロゴ変えればいいのに
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 15:19:53 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

MIN結局何位なんだと思たら、GSWと最下位争いしてた
定位置でちょっとホッとする
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 15:23:19 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ウォーリアーズもスパーズも何だかんだでベンチメンバーまで個性的だったしなぁ
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 17:07:22 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

スパーズは地味さ(堅実さ)が逆にチームカラーとして成立してたしな、監督もポポだし
GSはスプブラの異色さとカリーのキャラクターも良かった
ただ共通して言えるのはボールムーブメントが素晴らしくて強さだけじゃなく魅せるプレイが出来てたな
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 17:25:03 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

今のような強豪になる前の方が話題になってたような
最強GSWの連勝止めただのGSWキラーだの最早GSWの話題と言って差し支えないけど

そんなMILが好き
  1. URL |
  2. 2020/02/20(木) 18:42:14 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

バックスはファイナル制する画が想像できないからなあ~
  1. URL |
  2. 2020/02/21(金) 14:25:50 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/4539-01c8e20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【悲報】ニューヨーク・ニックス エイプリルフールのネタにされる
シーズン再開の目途が立たない中、選手による「NBA 2K20」のトーナメントが開催 八村塁も参戦
【NBA】15$で作るお気に入りのチーム
東京五輪、開催日決定 来年7月23日~ パラは8月24日~
NBAが再開したとしても、無観客試合が濃厚か ESPNが見解 レブロンは無観客に否定的
ニューヨーク・ニックスのオーナー、ジェームズ・ドーラン氏が新型コロナウイルス感染
【バスケ】<Bリーグ>全試合中止!残り全試合を中止にした場合のB1、B2計36クラブの損失総額が最大60億円になると試算
【NBA11-12シーズン回顧】オデン、今季絶望
【MLB/NBA】ダルビッシュ有「日本時間夜0:00ぐらいからインスタで八村塁くんとLIVEしまーす。」
【NBA】ウィザーズ・八村塁 五輪「1年程度の延期」に「母国での素晴らしい祭典になると信じて…頑張りましょう!」
【速報】東京オリンピック1年延期決定
NBAドラフトへのアーリーエントリーを決めた、ジョージア大アンソニー・エドワーズの評価
陽性反応のあったルディ・ゴベール、一時的に嗅覚を失っていたことを表明

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
銀河系まとめブログ
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング