FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.2】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.1】

30位から28位までの暗黒セレクション。


◆掲載数順位◆

1. 47回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回2位タイ【+1】
2. 41回 ヒューストン・ロケッツ (前回2位タイ【±0】
3. 40回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回20位タイ【+17】
4. 39回 ワシントン・ウィザーズ (前回14位タイ【+10】
5. 27回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回14位タイ【+9】
5. 27回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回19位【+14】
7. 23回 ダラス・マーベリックス (前回13位【+6】
7. 23回 オクラホマシティ・サンダー (前回5位【-2】
9. 21回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回1位【-8】
10.20回 フェニックス・サンズ (前回10位タイ【±0】
11.17回 マイアミ・ヒート (前回22位タイ【+11】
12.16回 メンフィス・グリズリーズ (前回4位【-8】
13.14回 フィラデルフィア・76ers (前回7位【-6】
13.14回 ブルックリン・ネッツ (前回22位タイ【+9】
13.14回 ボストン・セルティックス (前回6位【-7】
16.13回 サクラメント・キングス (前回17位タイ【+1】
17.12回 トロント・ラプターズ (前回8位【-9】
17.12回 ニューヨーク・ニックス (前回26位タイ【+9】
19.11回 アトランタ・ホークス (前回20位タイ【-1】
19.11回 サンアントニオ・スパーズ (前回12位【-7】
19.11回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回9位【-10】
22.10回 ユタ・ジャズ (前回17位タイ【-5】
23. 8回 ミルウォーキー・バックス (前回14位タイ【-6】
24. 6回 デンバー・ナゲッツ (前回10位タイ【-14】
24. 6回 シャーロット・ホーネッツ (前回28位【+4】
26. 5回 オーランド・マジック (前回29位タイ【+3】
26. 5回 インディアナ・ペイサーズ (前回26位タイ【±0】
28. 4回 デトロイト・ピストンズ (前回25位【-3】
29. 3回 シカゴ・ブルズ (前回29位タイ【±0】
30. 2回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回22位タイ【-8】

総計 484回 うち東154回(31%)、西330回(69%)




◆30位・・・掲載数2回
クリーブランド・キャバリアーズ(実順位:東15位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン
1位 1位 22位 30位


2020glaffcle.jpg

2年連続1位を獲得していたチームが、気が付けば最下位に転落。
これがNBAの恐ろしさだ(違)
掲載2回のうち1回は大正義WAS戦、もう1回はSASとオーバータイムにもつれてようやくコメントがついたレベル。

今季のGSW然り、
絶頂にあったチームが転落したシーズンというのは、
絶頂期との対比を楽しんだり悲しんだり、贔屓の恨みを晴らしたりと、
意外にコメントがつくことが多い。
その結果が昨季の22位という結果だったわけだが、
しかしその猶予も1年。
もはや現在のCLEは、低い期待値に見合った低い競争力のチームという、
量産型弱小になり下がった。
ネタ戦士としてもNYKやMINの足元にも及ばず、これではコメントを生やすのは難しい。
ドラモンドを獲得するという、NYKへのリスペクトを感じさせるネタムーブが今季一番の盛り上がり。
ケビン・ラブの悪評すら定期的なコメント増には貢献されなかった。

つまり逆に考えてみよう。
今季残りにCLEの試合がピックされた時には、貴重なものを見れたとして、
その一日を少しだけ前向きに過ごすアクセントとしてみれば良いのだ。
そう、ラッキースケベのような存在。




◆29位・・・掲載数3回
シカゴ・ブルズ(実順位:東10位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン
7位 14位 29位タイ 29位


2020glaffchi.jpg

昨季と同じく29位だが、昨季は最下位タイだったため、下がいるだけましなのかもしれない。
しかし唯一下にいるCLEは実順位最下位なだけにやむを得ない所もあるが、
CHIはなんだかんだでプレーオフ圏内に5ゲーム差。
ワンチャン滑り込める位置にはいる。しかし掲載順位的にはCLEと五十歩百歩。
つまり闇はCLEより深い、とも言える。

今季はそれなりに勝ちに行きたい布陣だったのだろうが、
NYK、ATL、CHAあたりといっしょくたにされ、
早々にタンク陣営に混ぜ込まれてしまう扱いの悪さが影響。
東自体の扱いの悪さ、とも言える。

試合は、ザック・ラビーンが大活躍すればギリギリコメントを稼ぐことはできる。
しかしそれ以外は、マルッカネンが頑張っても、サトランスキーが活躍しても
コメントの趨勢に影響はないのが現在のCHI。


◆28位・・・掲載数4回
デトロイト・ピストンズ(実順位:東12位)


16-17シーズン 17-18シーズン 18-19シーズン 19-20シーズン
23位 17位 25位 28位


2020glaffdet.jpg
先述した2チームの急落ぶりと比較して、じわじわと落ちてきた感のあるDET。
ついにこの位置まで来てしまった。

元々チームそのもののコメント人気は悪くなく、
そこにデリック・ローズ、名誉生え抜き枠のグリフィンなどが絡んで、
そこそこの期待値はあったのだが、
ドラモンドのお化けスタッツに驚いていたのもわずか数シーズン前のこと。

センター需要の遷移によるあおりは、トレードだけでなくコメントにも顕著に表れた。
グリフィンも試合に出られない今、気が付けばDETというチームは、
ローズの頑張りを称える程度でしかコメントを残せないチームとなってしまった。

ブルース・ブラウンもコメントを押し上げるには力不足、
(一部で)大人気だったケナードも、このチームでなければ、
もしくはエース級の力を発揮できれば、
あるいはカルーソ以上の人気を得ることができたかもしれないのが悔やまれてならない。






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/02/18(火) 22:26:55|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.3】 | ホーム | ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【19-20シーズン Vol.1】>>

コメント

ラッキースケベは草生える
  1. URL |
  2. 2020/02/18(火) 22:35:25 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ラッキースケベチームのドラモンド獲得はネタチームとして返り咲く為だった…?
  1. URL |
  2. 2020/02/18(火) 23:16:23 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

相変わらずボキャブラリーのセンスありすぎ(笑)
素晴らしい記事
  1. URL |
  2. 2020/02/18(火) 23:54:39 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

シカゴがずっと弱いのってニックス と同じでフロントが酷いから?
  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 02:15:36 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ずっとってほど弱くないだろう
癖ありまくりの選手ばっかとって色々あって落ち着いた今があるわけで
毒にも薬にもならない選手だけだと弱いけど 弱いけど
もっと弱い方が救いがあるかもね
  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 02:26:03 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

マーカネンにはずっと期待してるからがんばれ
  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 03:01:01 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

本当、毎年これが楽しみなのよね…w
  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 04:20:33 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

読んでるだけで楽しい
この時期に毎年楽しみを作ってくれる管理人に感謝感謝
  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 05:33:05 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ケナードは名前詐欺。普通に毛ある
  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 07:17:01 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

CHIはザックラビーン何気に5年目だし、クリスダンは2016年ドラフト組最悪評価になりつつある
KDもグリフィンもジョンウォールもいない中、なぜ8位園内にも入れないのか
レナード欠場したLACに唯一1勝したぐらいで、プレーオフ常連組に全く勝てていない
違いを作れる選手も厳しいハードワークも戦術もない、ただのGOODチーム


  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 08:53:33 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

そのうち名実ともにケナードになる
  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 10:30:40 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

グリフィンだけじゃなく薄毛疑惑で人気なケナードも膝の故障であまり出れてないからなぁ
自ら職場を選んだローズを「優勝候補へ送って欲しい」というローズファンの勝手な叫びだけが聞こえるDET
  1. URL |
  2. 2020/02/19(水) 17:51:16 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/4537-d3d960d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】ジョーダンとレブロンの“G.O.A.T論争”が再加熱?「今季レブロンが優勝すれば…」
【NBA】目下のライバルBKNに欠場者が続出している中、WASのビールは再開シーズンに参加するのか
【NBA】「Fxxk 12」グリズリーズの新人#ジャ・モラント、「反警察」的メッセージを謝罪
【NBA】東7位BKNのディンウィディー、DJもコロナ陽性が判明 W.チャンドラーも不参加表明と、厳しい見通しに
【NBA】LALがブラッドリーの代役で34歳のJR.スミスと契約か レブロンと再びのチームメイトへ
【NBA】陽性反応が出ていたジャバリ・パーカー、シカゴで友人とテニスをプレーしていたと報道
NBA史上最高のスコアラー
【NBA】新型コロナウイルスの検査結果を発表、302人のうち16人に陽性反応
【NBA】ビンス・カーターが引退を正式に表明 22シーズンの現役生活に幕
【NBA】優勝候補LALに痛手 エイブリー・ブラッドリーがシーズン不参加を表明 代役にはjrスミスを検討か
【NBA】ジョコビッチと共に陽性反応のヨキッチ、続いてINDブログドン、SACヒールド、ジャバリらにも
バスケの冨永とかいう天才シューターw.w.w.w.w.w.w.w.w.w.w.w.ww.w.w.w.w.w.w.w
【NBA】八村の同僚デイビス・ベルターンスが、リーグ再開後の試合に不出場の旨を表明

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
銀河系まとめブログ
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング