FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.11】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg


当サイトでの、ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.3】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.4】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.5】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.6】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.7】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.8】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.9】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.10】

ようやくラスト1チームです。
王者。


◆掲載数順位◆

1. 47回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回2位【+1】
2. 43回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回6位【+4】
2. 43回 ヒューストン・ロケッツ (前回4位タイ【+2】
4. 35回 メンフィス・グリズリーズ (前回11位【+7】
5. 33回 オクラホマシティ・サンダー (前回3位【-2】
6. 23回 ボストン・セルティックス (前回4位タイ【-2】
7. 21回 フィラデルフィア・76ers (前回11位タイ【+4】
8. 20回 トロント・ラプターズ (前回15位タイ【+7】
9. 19回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回8位【-1】
10.15回 フェニックス・サンズ (前回18位【+8】
10.15回 デンバー・ナゲッツ (前回19位【+9】
12.14回 サンアントニオ・スパーズ (前回7位【-5】
13.12回 ダラス・マーベリックス (前回29位【+16】
14.11回 ワシントン・ウィザーズ (前回21位タイ【+7】
14.11回 ミルウォーキー・バックス (前回21位タイ【+7】
14.11回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回15位タイ【+1】
17.10回 ユタ・ジャズ (前回11位タイ【-7】
17.10回 サクラメント・キングス (前回25位タイ【+8】
19. 9回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回10位【-9】
20. 8回 アトランタ・ホークス (前回30位【+10】
20. 8回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回9位【-11】
22. 6回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回1位【-21】
22. 6回 ブルックリン・ネッツ (前回25位【+3】
22. 6回 マイアミ・ヒート (前回23位【+1】
25. 5回 デトロイト・ピストンズ (前回17位【-8】
26. 4回 ニューヨーク・ニックス (前回25位タイ【-1】
26. 4回 インディアナ・ペイサーズ (前回21位タイ【-5】
28. 3回 シャーロット・ホーネッツ (前回24位【-4】
29. 2回 シカゴ・ブルズ (前回14位【-15】
29. 2回 オーランド・マジック (前回28位【-1】

総計 446回 うち東132回(29%)、西324回(71%)







◆1位(昨年2位、一昨年2位)・・・掲載数47回
ゴールデンステイト・ウォリアーズ(実順位:西1位)


gsw-2019.jpg

トリを飾るのは、絶対王者ウォリアーズ。
信頼と安心の左最上部に位置する、最高峰のネタと実力を兼ね備えたチームだ。

加え、楽天の恩恵を最大級に受けているこのチームは、
全ての試合を安価で視聴できるだけあり、どんな弱小とのカードであれ、
一定数の反応を見せてくれるチームだ。
こんなチームを今まで1位にさせなかったキングがどれだけ凄いのか、という事でもある。

圧倒していてしかるべきチームではあるものの、
これを書いている段階では2位DENに0.5ゲーム差の1位、
比較的最近まで首位ですらなかった。

「カリーの離脱」「クレイの絶不調」に始まり、
ベル、ルーニー、ジェレブコなど、重用したインサイドも一線級にはなかなか対抗できず、
イグダラ、リビングストンらのベテラン組もパフォーマンスの低下がみられた。
気が付けば4連敗も喫し、プレイオフ戦線の中位程度の位置づけに。

延長でルーニー、マッキニーら若手が仕事できず 反面ハレルが支え,ルーが支配したLAC
ドレイモンドを欠いたGSW、ホームでMILにインサイドを荒らされ大敗 カリーも負傷退場
ウェストブルックが今季初TDも、主役は32得点のシュルーダー GSWは大敗で4連敗

特にインサイドについては、
「カズンズーー!はやく来てくれーー!」状態。

完全体GSW「オールスター5」のラストピース デマーカス・カズンズの期待度

と、GSWを破って欲しいファンたちを歓喜させたものだが、
そんな期待も束の間、クレイは勝手に復活し、イグダラは時折若返り、
ドレイモンドは相変わらず騒がしく、
カリー、KDは相変わらずの破壊力。
多少の不安定感は残るものの、
最強の「3人のうち誰かが当たりゃいいや」スタイルは手が付けられなくなっていった。

カリーが今季自己最多タイ、スリー11本の48得点 DALを引っ張ったドンチッチも及ばず
本格的な復調気配を見せるクレイ・トンプソン カリー不調もお構いなしの43得点でNYK撃破

この段階でまだ首位はDENだったわけだが、↓の試合を観る限り、
DENがそのまま首位をキープできると思っているようなコメントは皆無になった。

カリー、クレイ、KD全員が爆発した結果、ホームに強いDENすら吹き飛ぶ142得点で、記録づくめの奪首

そんな中、デマーカス・カズンズが待望のGSWデビュー。

豪快ダンク、スリー、退場!待望のカズンズ復帰で、ぼくのかんがえたさいきょうチームが完成!

ここまで来ると、カズンズという存在は、「GSWインサイドの期待の星」ではなく、
「GSWを内部から破壊できるかもしれない、GSW以外のファンの唯一の希望」となっていたのだが、
そんな期待を裏切らんばかりのフィット感で、カズンズはコートでの存在感を示したのだ。

実際ディフェンスはどう、トランジションはどう、と色々と問題もあるのだろうが、
そんな細かい要素があろうがなかろうが関係ないと言わんばかりのの強さで、
GSWは首位をひた走り、現在に至る。


昨季も全てのプレイオフチームがこのチームを倒そうと目論み、散っていった。
今季も同じような事が起こりうるであろう事、
高い確率で彼らが3連覇を達成してしまうであろう事は素人でも想像できる。

カズンズを加え、(ネタ的にも)スキのなくなったGSW、
「優勝の決まっているNBAが例年にも増してつまらない」という意見も少なくない。
「来季になれば解体するからあと一年のガマンだ」というフォローもある。


-先日ふと、知り合いとNBAの話をした。

毎試合観るようなガチファンではなく、たまに観る程度のライト層。
好きなチームを聞くと、「ウォリアーズ」。
好きな選手は「カリー」。
理由は「強くて面白いから」。


-ふと昔を思い出した。

管理人はミラニスタだった。
ACミランが世界最強だった頃、GKのロッシ、DFのバレージ、コスタクルタ、マルディーニ、パヌッチと、
DF陣がそのままイタリア代表という、キチガイのような構成のチームだ。
彼らは当時のセリエA記録、929分間の無失点という記録を打ち立て、
強い彼らが当たり前のように勝利し、スクデットを取る事に興奮していた。
当時の自分に、ミランが好きな理由を聞いたらこう答えただろう。
「強くて面白いから」。



それから年も経ち、スポーツ観戦のスタンスも変わっていったが、
ここで改めて初心にかえり、実感しないといけない。
歴史上類を見ない完成度をもつ、このチームの快進撃を観られる事への喜びと、
それを打ち倒すチームが現れる事の期待を。

GSWが来年解体してからでは遅いのである。
特にKDはGSWにいるうちに絶対に倒してほしいんです
ネタと実力、全てが最高峰のGSWに勝ってこそ、この喜びは享受できる。
そう思えば、今季のNBAも楽しんで観られるというものだ。





【あとがき】

例によって暖かいコメントありがとうございます。
おかげさまで失踪せずに済みました。

気が付けば長々とVOL.11まで・・・。
一昨年と同程度の文章ボリュームにするつもりが、
書いていると自然と長くなっていってしまいました。
そりゃ昨年みたいRS終了後にやってたら間に合うはずないですね。
PORが1回戦敗退した後に、PORの記事書いたってなんの意味もないですからね。

書いてて面白かったのはOKCですね。
まだ書きたいネタあったのに長すぎて自重する始末でした。
いまいち面白くなかったのはBOSです。
なんとなく文章から見てとれると思いますwww

ではでは






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/03/03(日) 18:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
<<【NBA】GSW-PHI 強豪同士の接戦は、無駄なファウルやフリースローで勝機を逃したPHIが惜敗 | ホーム | 【NBA】POR-TOR 1点を争う激戦は、レナードが決勝ジャンパーを決め、感情露わに>>

コメント

管理人さん、おつです!
コメント喚起オールスター組むとこんな感じか
髭/ラス/俺/ゴリ/5M(死語)
ADは闇堕ちしたもののオモチャ属性獲得までは時間掛かりそうだ
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 18:36:52 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

楽しめた。お疲れ様です。PHI頑張れ
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 19:10:44 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

そういやクレイはシーズン序盤に毎年恒例の怒涛のsageがあったのにいつの間にやら40%まで戻してるな
そのころはクレイをトレードしろとかジェレブコ>クレイとかめちゃくちゃな意見が多くて面白かった
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 19:11:52 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

なんだかんだgswのバスケは強くて華があるんですよね
僕はマブスファンなんで今が再建中だから歴史的チームの黄金時代を楽しめてるからいいけどのhouやtorファンからしたらたまったもんじゃないですよね
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 19:16:12 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様ですぅ
てか管理人さんミラニスタだったんですねコッパイタリアで優勝してリーグでもそのうちユーベ捲るので長い目で見守りましょう笑笑
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 19:51:02 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

たぶん10年前だと
マンバ、レブロン、歩く万里の長城、オデン、ザック神
あたりがコメントオールスターかな

  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 19:59:33 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

そりゃ20数年前なら、にわかは誰もがブルズ好きでしたからね
強くて華がある選手、チームと考えたらGSWが人気なのは必然ですね

ただ、長年観てる人からすると戦力差がありすぎて、結末がわかっている映画を見るような気分で、優勝に関しては面白みのないシーズンかなと
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 20:05:19 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

チームがほぼイタリア代表は俺の大好きなユーヴェにもあてはまる
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 20:12:49 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

今のにわかは「GSファン」と「レブロンファン」に二分されると思ってたが、そうでもないのか
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 20:33:01 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

おつかれさまです 面白かった
GSWが好きか嫌いかはともかくオールスターがボールシェアしてチームバスケしてるのは確かに見てて気持ちいい強さ。やってるバスケはすごい好き。
CHILALMIAGSWといった連覇を達成したチームのわかりやすい強さを楽しむのがいつの時代も初心者がNBA見始めるきっかけになるのは確かにそうだと思う。
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 20:33:19 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人さん乙でした!
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 20:40:53 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人さんが言う今のうちにGSWを倒して欲しいってのすげー分かる
GSWを認めればこその気持ちだし
そのカタルシスを知ってるからだよな
だからこそ04DETはいまだに愛されてる
F1で言えばシーンを支配してたシューマッハをぶっ倒してくれたアロンソはいまだに好きだわ
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 20:41:12 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

GSWは強すぎてつまらんとかなんとか言われてるけど、実際やってるプレーは本当に見ていて楽しいし魅力的なんだよなあ
チームプレーをこれだけ高い次元で実現してるチームは不世出だと思うから、好き嫌いは別にしてちゃんと見ておくべきチームだと思うわ
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 20:46:32 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ドック、デル、ステフ、セス、オースティン
ネタを提供し続けNBAを盛り上げる超有能一族
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 21:41:24 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

2015年NHKBS1でGSWの開幕試合を見て一目でこのチームのファンになって、以来wowowとCSフジ、次いで楽天で試合を視聴していて本当に面白いチームだよ。
個性的な選手が多いのもあってね。
このチームの挑戦を最後まで見届けようと思う。
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 21:47:27 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

3KINGS結成当時MIAファンになった友達の「ウェイド・レブロン・ボッシュが組むってヤバくね」って言葉を思い出しました 「強くて面白いから」それを否定することはできないですよね 今他のファンをやっている人だってそのチームが強かった時期にファンになった人が多いんじゃないかなと思います 色々考えることはありますけどね… 管理人さん完走お疲れ様です 今シーズン残りケガなく終わってくれるといいですね
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 22:50:39 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

プレミアム4結成した時にめちゃくちゃ興奮してシーズン終了後に散っていった友人を俺は絶対に忘れない
  1. URL |
  2. 2019/03/04(月) 01:01:26 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人さん乙でした!
管理人さんの文章に個人的にかなり引き込まれたので定期的に語ってほしいです。

出来れば3日に1回のペースでお願いします笑
  1. URL |
  2. 2019/03/04(月) 02:49:20 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です!管理人さんの記事大好きです!!
  1. URL |
  2. 2019/03/04(月) 12:51:21 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

管理人さんお疲れさまです。
自分はINDファンですが、数年おきにお気に入り選手を見つけてそのチームを推してます。
NBA歴20年越えてくると単一チームだけ推してると推しチームがPO出れないと寂しいシーズンですから。笑
博愛主義なんでどのチームも試合は見ますし、良い若手を発掘したりするのも楽しみの1つ。
現在の推しはGSWとMILとOKCとSACとATLとBLN。
GSWはメンバーが豪華なのもありますが、プレイ自体が芸術的なところも、いちプレイヤーとして最高に面白いと思っています。
  1. URL |
  2. 2019/03/04(月) 13:40:56 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

GSWはやってるバスケの面白さで言えば
KD来る前の方が圧倒的に面白かったけどね
あの時期は14finalのSASと並んでオフェンスの究極を見てる気分だった
いまもすごいけど選手の動きの多さ流動性はかなり落ちてる
  1. URL |
  2. 2019/03/04(月) 14:51:57 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

サッカーや野球の話で申し訳ないけど、
最新のトレンドは極端なシフトをしいたり、1人でたくさんのポジションをこなすことだから
バスケもPG兼リバウンド争いのCを1人でこなし、4人のシューターで圧倒するシステムが未来のNBAで起こるはず
  1. URL |
  2. 2019/03/04(月) 16:03:13 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ヨキッチ&俺&俺&俺&俺&俺
が未来のトレンドになっているかもしれないですね。
  1. URL |
  2. 2019/03/04(月) 21:10:11 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ほんといつも面白い記事を楽しませて頂いてます、ありがとうございますw
小文字で爆笑したけどwww
でもほんとKDは、今のGSWにいる状態で倒さないとスカッとしないっすよね
  1. URL |
  2. 2019/03/08(金) 16:58:14 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/3468-04ddc99a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

現NBA最強って結局誰なの?
【バスケット】馬場雄大 NBAダラス・マーベリックスとの契約内定、傘下Gリーグのレジェンズでプレーへ「日本人魂見せたい」
【回顧】2007年、クリッパーズ所属のショーン・リビングストンが膝に大けがを負った時の反応
【NBA】凄惨な怪我から復帰し、ウォリアーズで3度の優勝に貢献 ショーン・リビングストンが引退
苦戦が予想されたスペイン 世代交代の壁を乗り越えアルゼンチンを破り優勝 マルク・ガソルはNBAとの2冠に
タフなロースコアゲーム 最大15点差をひっくり返したフランスが、オーストラリアを破って3位に
【バスケット/サッカー】レアル・マドリード会長、バスケットボールチームのNBAへの参戦を望む
前半優勢だったチェコ、第3Qに崩れ、セルビアに惜敗 ボグダノビッチがスリー7本を沈める
バスケW杯 後半ポーランドの追い上げを振り切り勝利したアメリカ、最終順位7位で大会を終える
【バスケット】A東京・馬場雄大、移籍交渉 ダラス・マーベリックスなど複数のNBAチームが興味
ルイス・スコラ(39)という神おじ、そして終始フランスを苦しめたハードなDFでアルゼンチンが決勝進出!
W杯準決勝 スペインがオーストラリアを再延長で撃破!中盤までの劣勢から、心身ともにタフな展開を制す
チェコがポーランドに勝利し、最終順位でアメリカを上回る PGサトランスキーは22得点11アシスト

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング