FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.10】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg


当サイトでの、ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.3】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.4】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.5】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.6】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.7】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.8】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.9】

掲載順位2位の2チームです。



◆掲載数順位◆

1. 47回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回2位【+1】
2. 43回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回6位【+4】
2. 43回 ヒューストン・ロケッツ (前回4位タイ【+2】
4. 35回 メンフィス・グリズリーズ (前回11位【+7】
5. 33回 オクラホマシティ・サンダー (前回3位【-2】
6. 23回 ボストン・セルティックス (前回4位タイ【-2】
7. 21回 フィラデルフィア・76ers (前回11位タイ【+4】
8. 20回 トロント・ラプターズ (前回15位タイ【+7】
9. 19回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回8位【-1】
10.15回 フェニックス・サンズ (前回18位【+8】
10.15回 デンバー・ナゲッツ (前回19位【+9】
12.14回 サンアントニオ・スパーズ (前回7位【-5】
13.12回 ダラス・マーベリックス (前回29位【+16】
14.11回 ワシントン・ウィザーズ (前回21位タイ【+7】
14.11回 ミルウォーキー・バックス (前回21位タイ【+7】
14.11回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回15位タイ【+1】
17.10回 ユタ・ジャズ (前回11位タイ【-7】
17.10回 サクラメント・キングス (前回25位タイ【+8】
19. 9回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回10位【-9】
20. 8回 アトランタ・ホークス (前回30位【+10】
20. 8回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回9位【-11】
22. 6回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回1位【-21】
22. 6回 ブルックリン・ネッツ (前回25位【+3】
22. 6回 マイアミ・ヒート (前回23位【+1】
25. 5回 デトロイト・ピストンズ (前回17位【-8】
26. 4回 ニューヨーク・ニックス (前回25位タイ【-1】
26. 4回 インディアナ・ペイサーズ (前回21位タイ【-5】
28. 3回 シャーロット・ホーネッツ (前回24位【-4】
29. 2回 シカゴ・ブルズ (前回14位【-15】
29. 2回 オーランド・マジック (前回28位【-1】

総計 446回 うち東132回(29%)、西324回(71%)




◆2位タイ(昨年4位タイ、一昨年9位タイ)・・・掲載数43回
ヒューストン・ロケッツ(実順位:西5位)


hou-2019.jpg

ここまで来た。
昨季SMVPジェームズ・ハーデンを擁するロケッツが、レブロンレイカーズにならんだのだ。

基本的にコメントの盛り上がらせ方がOKCと同種のチームだけに、
ここにきて初めてOKCの順位を上回ったのは、非常に意義のある事と言える。

シーズン開始時点のHOUの評価として多かったコメントは、
・ムーテとアリーザ放出してディフェンス悪くなってもうGSWに4勝とか無理やん
・メロが痩せてトランジションスリーとか打てるようになったり、
 2ndを引っ張れる存在になれればワンチャン
・選手会長だからしょうがないけど高杉内
 カペラ残せただけまし

総括すると、「昨季王者をあと一歩の所まで追い詰めたベストチームだし、
期待はしたいけど、猛威を振るったディフェンスを勝手に崩壊させてしまい、
昨季と同じような強さを求めるのはちょっと厳しいかな」
といったところだ。

それを踏まえてHOUの掲載数が上がった要因としては、
序盤から現在までいくつかの段階に分かれている。

【序盤】
対抗馬HOU、ボロボロの開幕戦 ペイトンにTD、ADとミロティッチに中から外から蹂躙
霧散した昨季の強さ 連戦のPORに、ホームでわずか85得点の大敗でHOU4連敗
メロ2得点で、古巣OKCに強烈な恩返し HOU得意の爆撃も、OKCディフェンスの前に沈黙

想定をも下回った、ディフェンス崩壊からの拙攻からの敗戦続き。
残念ながら元々強さの割にあまりネット上での人気が高くはないチームだけに、
オフでの動きや、中心選手を揶揄するコメントが渦巻いた結果、
コメント量だけは増えていった。
もちろんその中には、フィットしなかったカーメロ・アンソニーへの批判も多分に含まれていた。

そんな中で、メロをロスターから外した直後からHOUの成績が良くなってきたものだから、
メロへの否定的なコメントはさらに勢いを増した。

メロを事実上の戦力外としたHOU 昨年敗れたGSW相手に大勝し、勝率5割に復帰
カーメロ・アンソニーを獲得するチーム、使いこなせるチームはあるのか
【悲報】カナメロ・アンソニーという新ニックネームが誕生

コメントこそ稼いだものの、とてもポジティブとは言えない、
HOUの苦しい序盤を物語る記事内容だった。

【中盤】
カペラやクリス・ポールの欠場もあった中、
オフェンスのハーデン依存は高まっていったのだが、
そんな微妙な状況にも関わらず、ハーデンは日々モンスタースタッツを叩きだし続け、
チームをプレイオフ圏内まで引き戻した。
息子の加入も功を奏し、HOUはチームとしての勢いを取り戻しはじめた。

ハーデンが連日の大爆発 UTA戦で47得点!HOUがようやくの貯金1(PO圏外)に
昨季王者に届きかけた、かの剣が復活!HOUが26本もの3Pを決め、NBA記録を更新
NOP戦でも41得点 圧倒的なスコアリングで凄みを増してきたハーデン チームも上位シード目前

そんな中、一際目を引いたのが、この試合だ。

HOU-GSW 激しい競り合いからの延長、厳しすぎる誤審、そしてハーデンがスーパーショット!

最大のライバルGSWに対し真っ向からぶつかった末、
延長でハーデンは物凄いショットを決め、王者を下したのだ。
これにはハーデンが好きでない人も大興奮。
「今年もMVPだわ」「優勝だわ」
と、西でGSWに勝てそうなチームが少ない現状の鬱憤を晴らすかの如く、
ハーデンに賞賛のコメントが相次いだのである。

【~現在】
ウェストブルックしかり、ハーデンにも、連日のように何かしらの記録更新が相次ぐ日々。
日々スーパースタッツを叩きだし続けるハーデンも引き続き注目されていたが、
GSWを破ったあたりと比べて、そのコメント内容は悪い方に変わっていった。

ストッパブル・髭 38得点のスコアも霞む、スリー1/17、5.9%の劇場 チームもORLに敗戦
度重なる危機を救い続けたディンウィディー HOUはスリー70本、ハーデン58得点も実らず

ハーデン自体は物凄いスコアリングを記録はするものの、
フィールドゴール%は決して高くなく、かさみ続けるフリースローとアテンプト、
ハイスコアを記録しても勝てる訳でもないチーム状態は、
必ずしも賞賛コメントを増やせるものではなかった。

元々ハーデンのプレイスタイルについては常に議論の的となっているだけに、
「連続30得点記録」を更新中のハーデンは、
「アテンプト」「勝っている際の終盤のプレイタイム」「フリースロー数」
「ファウル狙いのプレイスタイル」「NBAのファウル判定基準」など、あらゆる視点で
ファンから穿った目で見られ続けてしまう事になった。


序盤~現在まで、そんな悲喜こもごもなネタを絶えず提供し続けた
HOUがコメントを稼げたのは自明の理ではあるが、
順調に勝ち続けていただけではここまでのコメントは稼げなかったであろう。
なんとも皮肉なものだ。



◆2位タイ(昨年6位、一昨年9位タイ)・・・掲載数43回
ロサンゼルス・レイカーズ(実順位:西10位)


lal-2019.jpg

SHOWTIMEレイカーズ&レブロン・ジェームズ。
コメントを稼げないはずのないデュオだ。

昨季、一昨季、プレイオフ進出すらできていないこのチームが、
掲載順位数では一桁常連になっている、というのがチームそのものの話題性の高さを改めて実感させる。
そういう意味では、CLE時代と比べてレブロン依存の気は減ったと言える。

ついにレブロン所属チームが首位陥落したわけだが、むしろこの2年、
よくGSWを上回る掲載数を維持できていたな、と感心してしまう。
自分で掲載しておいてなんだが。

今季レブロンLALを結成するにあたり、
何人かの(ネタ的な意味で)頼もしい人材が加入したのは大きかった。

LAL、ランス・スティーブンソンとジャベール・マギーを獲得し、夢のラインナップを結成!
レイカーズ、ロマンにロマンをかぶせていく戦略 レイジョン・ロンドをNOPから獲得
レイカーズ、クセのあり過ぎるロスターをさらに強化 マイケル・ビーズリーを獲得!

ランス、マギー、ロンド、ビーズリーと立て続けに獲得を発表した際は、
掲示板に溢れんばかりの草が生い茂ったという。

さてシーズンのLALだが、HOUに近い盛り上がり曲線を描く。
序盤から黒星が先行した結果、ネガティブなコメントが軒を並べた。
そこからチームのケミストリーも向上し始め、白星も増えてきてなお、
ロンゾ、イングラムあたりの風当たりは強く、
主にベテラン陣への賞賛が強かった。

LALがPORを破り初の連勝 卓越した試合運びのロンド、6ブロックを決めたマギーらが貢献
ランス×レブロンで、B2Bの首位DEN戦をクリア!連敗からの2連勝で上昇気流に
ATL戦終盤、レブロンFT2本外しからのプットバック そして獲って良かったT.チャンドラー!

それでもチームはそこそこの勝ち星を上げ、西のプレイオフ戦線に留まり続け、
むしろ「下位シードで当たったら結構嫌」というポジションとして君臨。
さすがにプレイオフ逸はないか、という風潮になっていた中、

LAL-GSW 最注目の1戦は、常にコートに立ち続けた『鉄人』レブロンが第3Qで負傷退場 

レブロンが負傷離脱。
「レブロンなしで負け続けたCLEとLALは違うのか?!」
そして試されるヤングコア。

キングスのボグダノビッチがブザービーター!若手主体のレイカーズ、クローズできず
ロサンゼルスダービー ルー・ウィリアムズが36得点 LALはまたしても後半に失速

ダメだった。
レブロンが稼いだ貯金は全て吐き出された。

そんな厳しいチーム状態においても、エースとしての働きを見せたクーズマや
プチブレイクしたズバッチなど、光は感じられたが、安定した働きとは言えず、
チームはじわりと後退していった。

ガベージ要因から「レイカーズの救世主」へ 評価急上昇中、イビツァ・ズバッツ賞賛まとめ
点取りに特化したクーズマが41得点!ビーズリーも19得点 低調DETは借金5でPO厳しく

そんな中致命的なダメージとなった、アンソニー・デイビス獲得に伴う、
ヤングコア全放出の噂。

「活躍するとトレード候補」という珍妙な話が跋扈した中、精彩を欠いたLALはPHIに完敗 
レブロン&レイカーズ オラディポを欠くペイサーズに、屈辱的な42点差敗戦を喫す

負けが込んだチームは、ついにプレイオフ圏外まで後退。
レブロンが激を飛ばし、プレイオフモードを宣言してもなおプレイオフ進出には黄信号が灯っている。

HOUと同じような軌跡をたどっていた曲線は、ここにきて大きく方向性を変えてしまったのだ。

それでもまだ「LALが1回戦でGSWと当たれば面白くなる」という類のコメントはあるものの、
プレイオフ争いをしているSACやLACの方に出場して欲しいというコメントの方が主流。

そんなLALの残りシーズン、イングラム、クーズマ、ハートらは何が成せるのか、
レブロンは彼らを導けるのか。
元々レブロンは優勝を狙うなどと公言しているわけでもなく、
ある意味元の鞘に戻ったと言えるような状況ではあるが、
あらゆる運命に翻弄され続けた、LALの残りゲームを楽しみたい。







テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/03/01(金) 17:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<【NBA】KDを欠き、攻守とも締まりのないGSWを破り、ORLがプレイオフ圏内に浮上!GSWは連敗 | ホーム | 【NBA】SACが延長でMILに惜敗 しかもマービン・バグリーが負傷退場で、プレイオフ出場に黄信号>>

コメント

HOUに関しては髭が笛吹かれなくなるPOが本番だな、どこにでも勝ちそうだしどこにでも負けそう
LALは…まぁ来年頑張って
  1. URL |
  2. 2019/03/01(金) 17:51:40 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

マジで今季LALはPO出なくていいよ笑笑
レブゴリキングさんってオフェンス面ではハイパフォーマンス続けてるけどやっぱディフェンスが目につくなーアンストッパブルとはいえ次第にボロがでるのだと思うとちょっと悲しい
  1. URL |
  2. 2019/03/01(金) 17:54:27 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

>ダメだった。
レブロンが稼いだ貯金は全て吐き出された。

ここで草生え散らかした
  1. URL |
  2. 2019/03/01(金) 18:33:02 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

HOU、OKC、PORあたりがポストシーズン総力戦であたればGSW倒せるのに、潰し合いするのがもったいないな

冷静に考えるとケガ人だらけで、シーズン終盤まで8~10位争いしててもおかしくなかったのに
よく戦術ハーデンで前半戦5割保てたな
  1. URL |
  2. 2019/03/01(金) 20:14:35 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

基本手のひら返ししかしてないな
結局先を見据えることのできる人なんていないのかね
  1. URL |
  2. 2019/03/01(金) 20:17:07 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

特定のファンをニワカ認定して有識者ぶってるつまらない人間って多いよね
そういう連中は共通してて、単発の知識はやたら多いのに思考能力が低いし新しいものについてとにかく批判するんだよな
とにかく議論にならないから管理人はGSWアンチでもせめてブログでは公正を期するフリしてて欲しい
  1. URL |
  2. 2019/03/03(日) 22:26:11 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/3456-fe8ca576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【バスケット】馬場雄大 NBAダラス・マーベリックスとの契約内定、傘下Gリーグのレジェンズでプレーへ「日本人魂見せたい」
【回顧】2007年、クリッパーズ所属のショーン・リビングストンが膝に大けがを負った時の反応
【NBA】凄惨な怪我から復帰し、ウォリアーズで3度の優勝に貢献 ショーン・リビングストンが引退
苦戦が予想されたスペイン 世代交代の壁を乗り越えアルゼンチンを破り優勝 マルク・ガソルはNBAとの2冠に
タフなロースコアゲーム 最大15点差をひっくり返したフランスが、オーストラリアを破って3位に
【バスケット/サッカー】レアル・マドリード会長、バスケットボールチームのNBAへの参戦を望む
前半優勢だったチェコ、第3Qに崩れ、セルビアに惜敗 ボグダノビッチがスリー7本を沈める
バスケW杯 後半ポーランドの追い上げを振り切り勝利したアメリカ、最終順位7位で大会を終える
【バスケット】A東京・馬場雄大、移籍交渉 ダラス・マーベリックスなど複数のNBAチームが興味
ルイス・スコラ(39)という神おじ、そして終始フランスを苦しめたハードなDFでアルゼンチンが決勝進出!
W杯準決勝 スペインがオーストラリアを再延長で撃破!中盤までの劣勢から、心身ともにタフな展開を制す
チェコがポーランドに勝利し、最終順位でアメリカを上回る PGサトランスキーは22得点11アシスト
アメリカ代表、5位決定戦でセルビアに敗れ2連敗 第1Qで7-32という悪夢が最後まで足を引っ張る

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング