FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.4】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg


当サイトでの、ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.3】

掲載順位22位(一部)~20位までの4チームです。


◆掲載数順位◆

1. 47回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回2位【+1】
2. 43回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回6位【+4】
2. 43回 ヒューストン・ロケッツ (前回4位タイ【+2】
4. 35回 メンフィス・グリズリーズ (前回11位【+7】
5. 33回 オクラホマシティ・サンダー (前回3位【-2】
6. 23回 ボストン・セルティックス (前回4位タイ【-2】
7. 21回 フィラデルフィア・76ers (前回11位タイ【+4】
8. 20回 トロント・ラプターズ (前回15位タイ【+7】
9. 19回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回8位【-1】
10.15回 フェニックス・サンズ (前回18位【+8】
10.15回 デンバー・ナゲッツ (前回19位【+9】
12.14回 サンアントニオ・スパーズ (前回7位【-5】
13.12回 ダラス・マーベリックス (前回29位【+16】
14.11回 ワシントン・ウィザーズ (前回21位タイ【+7】
14.11回 ミルウォーキー・バックス (前回21位タイ【+7】
14.11回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回15位タイ【+1】
17.10回 ユタ・ジャズ (前回11位タイ【-7】
17.10回 サクラメント・キングス (前回25位タイ【+8】
19. 9回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回10位【-9】
20. 8回 アトランタ・ホークス (前回30位【+10】
20. 8回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回9位【-11】
22. 6回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回1位【-21】
22. 6回 ブルックリン・ネッツ (前回25位【+3】
22. 6回 マイアミ・ヒート (前回23位【+1】
25. 5回 デトロイト・ピストンズ (前回17位【-8】
26. 4回 ニューヨーク・ニックス (前回25位タイ【-1】
26. 4回 インディアナ・ペイサーズ (前回21位タイ【-5】
28. 3回 シャーロット・ホーネッツ (前回24位【-4】
29. 2回 シカゴ・ブルズ (前回14位【-15】
29. 2回 オーランド・マジック (前回28位【-1】

総計 446回 うち東132回(29%)、西324回(71%)




◆22位タイ(昨年25位タイ、一昨年27位タイ)・・・掲載数6回
ブルックリン・ネッツ(実順位:東6位)


bkn-2019.jpg

永かった。

長きに渡り、BOSに新人を献上するマシンと化していたBKNは、
ついにロシアの呪いとでも言うべき災厄から解き放たれようとしている。

そんな中での東6位という順位。
「ようやくタンクできる立場になったのにあほやん」という意見もあったりするが、
チーム、GMはともかく、負けたいなどという思考をもつ選手もいないだろう。
上位シードは厳しいながらも、久方ぶりのプレイオフ進出は濃厚。

一度はルバートの離脱でやはりプレイオフ厳しいか?という風潮にもなったが、
ネッツ期待の2年目、キャリス・ルバートが空中でもつれ、右足首に凄惨な怪我

そういった困難を乗り越え、この位置まで辿り着いているこのチームには、
解体を行った時からは考えられない暖かいコメントが並んでいる。
ピックアップしたゲームも、見事オールスター選手となったラッセルや
ディンウィディー、アレンらの活躍を讃えるものが多く、気持ちの良いものが多い。

乗り越えた暗黒の先に見えたPOへの光 ラッセルが古巣に22得点!BKNがLALを下し6連勝
強いぞネッツ ディアンジェロ・ラッセルが40得点、接戦でマジックを破り、ついに貯金生活
BKNラッセル36得点、CLEクラークソン42得点 LAL産が引っ張り続けたサードOTの激闘

それでも掲載回数6回というのは全く多くはなく、これからのチーム感は残っている為、
INDと違って、来季もまだサプライズチームとしてのコメントブースト効果は残っているかもしれない。

ただここまでのBKNが大好きな人たちにとって最大の懸念事項は、
ヘタに大物を取りにってロスターを崩し、現在のチームを支えた選手を放出、
大物は活躍せず、という再度の暗黒時代コースに手を染めないだろうか、という事だけだ。
2013年、ブルックリン・ネッツが未来を投げ打って、1シーズンに賭けた時の反応




◆22位タイ(昨年1位、一昨年1位)・・・掲載数6回
クリーブランド・キャバリアーズ(実順位:東14位)


cle-2019.jpg

史上最大の振幅を記録してしまった、東の王者、キャバリアーズ。

この状態は誰もが予想していた結果なわけだが、
改めてこの状況は、キング・ジェームズの影響力の大きさを実感させてくれる。

レブロン・ジェームズが、ロサンゼルス・レイカーズと4年171億円で契約合意
レブロンが去り、焼け野原となったクリーブランドの地に希望はあるのか

焼け野原の復興には相応の時間を要するだろうが、
クリーブランドの地に優勝をもたらした英雄は、2度目となる凱旋時に歓声で迎えられたのだ。

8年前とは違う、レブロン2度目のCLE凱旋 英雄への賛美と憧憬に包まれたゲームは微妙な雰囲気に

つまり、これは市民もネット住民も「数年タンクやってても許すよ」と言っているようなもので、
ルーHCが解任され、ケビン・ラブさんが久しぶりにドアマットエースに就任してひっそり離脱して復帰して、
JRとトリスタン・トンプソンを解放できずにモコモコしていたとしてもみんな許してくれる。
打倒GSWという重圧から解放されたCLEは、そんなチームに生まれ変わったのだ。
渡邊もこんなチームに行くとプレイタイム増えるのではないかと思ったり。
あとはゆっくりとセクストンとオスマンの成長を楽しもう。

でもこのサイトでその成長が取り上げられる事はないと思うので、
そういう時はもっと真面目なNBAサイトに行く事をお勧めいたします。


◆20位タイ(昨年9位、一昨年8位)・・・掲載数8回
ロサンゼルス・クリッパーズ(実順位:西8位)


lac-2019.jpg

西のプレイオフ圏内にギリギリ踏みとどまっているLACがこの位置。
ここ2年一桁順位を維持していたのが、ここにきて前年比11位マイナスとなった。

まず一昨年のLACは、クリス・ポールとデアンドレ・ジョーダン、ブレイク・グリフィンがまだ健在で、
RSでの強さと溢れんばかりのネタを武器にコメントを伸ばせていた。
昨季については、構成がかなり地味になってきてはいたものの、
例年にも増して激しかった西のプレイオフ争いを加速させる一因になっていた為、
後半のほとんどの試合が取り上げられていた結果だ。

つまり息子やデアンドレも抜けた、今のLACの真面目なタレント構成からみるに、
このあたりに位置付けている状態は概ね意外というわけでもない。

そんな中、スーパースターが跋扈しているNBAの世界の中で、
一流半どころをしっかりと組織し、セカンドでも変わらぬ強さを維持し、
結果を残しているLACには賞賛の声も多い。

ルーの39得点を筆頭に、ベンチポイント80と驚異的な数字のLAC DETから大逆転勝利
ロサンゼルスダービー ルー・ウィリアムズが36得点 LALはまたしても後半に失速

さすがにクローザーのルーが離脱した段階では、貯金を放出し、プレイオフ争いから離脱かとも囁かれたが、
主力のトバイアス・ハリスを放出してキャップを空けつつ、
プレイオフ争いからは離脱させないその手腕にも高い評価がつけられている。

そんな「強い方のロサンゼルス」と揶揄される事もあるLACだが、
あれほど溢れていたネタ成分がすっかり浄化されてしまい、
コメント順位ではLALに大きく水を空けられる事に。

すっかり独り立ちしてしまったHOUの息子を観る度に、
そんな事を寂しく思う今日この頃。
オースティン・リバースがHOUに加入 巡り巡って、クリス・ポールと再びのチームメイトへ


◆20位タイ(昨年30位、一昨年18位タイ)・・・掲載数8回
アトランタ・ホークス(実順位:東12位)


atl-2019.jpg

救いようがなかった昨季。
単独最下位30位という、唯一無二の記録(2年前も今年も、最下位はタイ記録な為29位)
を打ち立ててしまってからの20位というのは、
見事な復活曲線と言えるだろう。

チームの今季初勝利を、カリー2世と謳われていた新人トレイ・ヤングが、
カリー以来となる見事な活躍でけん引したわけだが、

ATLの新人、トレイ・ヤングが35得点11アシスト!ラブをエースに据えたCLEは開幕3連敗

以降シュート確率はさほど上がらず、新人王についてもドンチッチに話題を持っていかれ結果、
チームとしても注目される機会が減ってしまったというのは、いかにもATLらしい。

それでもケビン・ハーター、ジョン・コリンズなどの有望株に囲まれ、
時折格上からも白星を挙げるこのチームを観る目は暖かい。

ATL新人ケビン・ハーターが29得点の爆発!25得点のコリンズも、PHIからの金星に貢献
ATLが142得点を挙げOKC撃破 ヤング、ハーター、コリンズらの活躍で期待される来季以降の飛躍

「八村を入れたいチーム」という話題ではよく挙がるチームでもある。
実際の順位的にも、なくはなさそうなのがリアル。
NBAドラフトで、八村を指名しそうなチームは

まぁオールスター選手5名を抱えてCFに進出した時ですらコメント数を伸ばせなかったATLだけに、
このまま順調に強くなっていったとしてもなお、掲載数上位には行かないのだろうな、という
負の信頼感があるというのは、ATLファンには秘密だ。






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/02/20(水) 23:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.5】 | ホーム | ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【18-19シーズン Vol.3】>>

コメント

やはりスターのいないチームは盛り上がらない、取り上げられない(くまー除く)
  1. URL |
  2. 2019/02/20(水) 23:18:49 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

クマーも渡邉いなかったら相当落としてそう
  1. URL |
  2. 2019/02/21(木) 00:23:35 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

まぁ本スレとかまとめで話が盛り上がるスターってほんと限られてるからね
単に上手いだけじゃなくてワイノットとか最も困難な選択とか俺とか、あふれるネタ成分がないと
  1. URL |
  2. 2019/02/21(木) 00:25:03 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

LACの中盤のかませ犬感はなんだろうな
GSWにいつもカモられてるイメージ強すぎて

リバースHC的には、今年はかなり優秀な采配という皮肉つき
  1. URL |
  2. 2019/02/21(木) 01:20:08 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ATLはドンチッチトレードしなければ、もっと盛り上がったんだろうけどなぁ…
ヤングもスターになれるポテンシャルあるから頑張ってほしい。
  1. URL |
  2. 2019/02/21(木) 02:34:58 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

オースティン・リバースがLACで起用され続けたのは実力によるものだったということをHOUで証明したな

そういえばセスがドックの娘と婚約したけど、ドックの下でステフィンかセスがプレーすることになれば面白くなりそうw
  1. URL |
  2. 2019/02/21(木) 04:53:14 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメント的に息子は偉大だったんだなと思うこの頃
LALには負けたくない 強いほうのロサンゼルスでいてくれ
  1. URL |
  2. 2019/02/21(木) 06:42:48 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

個人的にドンチッチはマブス、
トレヤンはホークスがチームに合ってるし成功する気がする。
あのトレードはwin-winだったと思うよ。
  1. URL |
  2. 2019/02/21(木) 08:06:03 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ムスーコの評価がある程度得られてきたのは父上も嬉しいだろう
  1. URL |
  2. 2019/02/21(木) 08:29:59 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/3437-18b70387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】NOP戦、八村塁はホリデーのDFに苦しみながらも復調の23得点!なおウィザーズのPOは消滅
【NBA】手負いのMEM、アダムスを欠いたOKCに大勝!渡邊雄太も3分出場で4得点1REBを挙げる
【NBA】期待の一戦はレブロンとラスが欠場し、ハーデンのひとり舞台に
【NBA】リラードがスリー11本、45得点の爆発 敗れたDENも、MPJが安定したパフォーマンスを見せる
【NBA】TJウォーレン選手を放出したフェニックス・サンズ、正しかった模様   INDを下して4連勝
【NBA】前半手を抜いていたかとすら思われる状態からの後半 MIAすら圧倒したMILが貫禄の勝利
【NBA】OKCはレブロンに当てたドートがハッスル 1位確定のLALは覇気のないOFでわずか86得点
【NBA】JJJを欠くMEM、UTAに惜敗で4連敗…上位陣に勝てるビジョンは見えず
【NBA】PHI戦、八村は8得点8REB シュートは不調ながら久しぶりの3Pを決める チームは4連敗
【NBA】MIAバトラーを欠いても崩れぬベテランと若手の融合(ナン以外) 終始BOSに主導権を譲らず
【NBA】PORがHOUとの接戦を制す 要所で効いたギャリー・トレントjr、そして終盤を締めたメロの3P
【NBA】TJウォーレンとかいう無観客の貴公子 ORL戦でまたも32得点の活躍 INDのエースに
【NBA】DFに囲まれても決め切ったブッカーの真骨頂!ブザービーターでチームを3連勝に導く

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
銀河系まとめブログ
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング