【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


Powered By 画RSS
 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.4  10位-6位

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg

【今回は2chまとめ記事ではありません】

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.1
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.2  30位-22位
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.3  21位-11位
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.5  5位-1位

順位10位から6位までのチーム傾向です。
すみません、一気に1位まで書こうと思ったのですが、
上位チームともなると思い入れもあるようでボリュームが増え、
書ききれませんでした。もう1回おつきあい下さい。
あと要望あったのでリンク増やしてみました。

◆順位◆

1. 45回 クリーブランド・キャバリアーズ
2. 44回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
3. 32回 オクラホマシティ・サンダー
4. 25回 メンフィス・グリズリーズ
5. 22回 ニューヨーク・ニックス
6. 19回 サンアントニオ・スパーズ
7. 17回 シカゴ・ブルズ
8. 15回 ロサンゼルス・クリッパーズ
9. 14回 ヒューストン・ロケッツ
9. 14回 ロサンゼルス・レイカーズ

11.13回 ミネソタ・ティンバーウルブズ
12.12回 フィラデルフィア・76ers
13.11回 ボストン・セルティックス
13.11回 ポートランド・トレイルブレイザーズ
13.11回 ニューオリンズ・ペリカンズ
16.10回 ミルウォーキー・バックス
16.10回 トロント・ラプターズ
18. 9回 アトランタ・ホークス
18. 9回 サクラメント・キングス
18. 9回 ユタ・ジャズ
18. 9回 ダラス・マーベリックス
22. 7回 インディアナ・ペイサーズ
23. 6回 フェニックス・サンズ
23. 6回 デトロイト・ピストンズ
23. 6回 マイアミ・ヒート
26. 5回 ワシントン・ウィザーズ
27. 4回 ブルックリン・ネッツ
27. 4回 デンバー・ナゲッツ
29. 3回 オーランド・マジック
29. 3回 シャーロット・ホーネッツ

総計 406回(うち東170回、西236回)




同率9位・・・ピックアップ数14回
ロサンゼルス・レイカーズ(西14位)、ヒューストン・ロケッツ(西3位)


◆レイカーズ◆
実力、話題性、スター性全てを兼ね備えた、コービー・ブライアントの在籍中、
「黙っていてもコメントが増える」チームの筆頭とも言えたレイカーズ、
晩年においても、拍車をかけた不要論や存在感と共に、
掲示板上での話題が尽きる事はついになかった。
60得点のコービー・ブライアント 最後まで失わなかったその輝きで、コートの全てを魅了

そのコービー引退後のレイカーズ、という事で、
悪い意味での聖域がいなくなった後の若手たちの船出は、
GSWで名を上げたウォルトンHCと共に否応なしに注目を浴びた。

鬱憤を晴らすかのように躍動した新生レイカーズ、
GSWに圧勝したのを始め、見事な逆転勝利、クラッチシュートなど、
怖いもの知らずのオフェンスチームは、一時は貯金すら作り、
プレイオフ進出の期待までかけるコメントも少なくなかった。

しかしそれも序盤だけ。
上昇と同じ速度でチームは転落していく。
コメントもすぐに「LALやっぱダメだわ」的なものに遷移していった。
レイカーズ8連敗 開幕の勢いもどこへやら、気が付けばプレイオフ圏外へ
そういう意味で、ロサンゼルスやニューヨークなど、すぐに結果を求める
大都市のメンタリティと、2chのメンタリティは近いものがある。

しかしそんな目先の事に一喜一憂する手のひら返しが、
この掲示板では何より楽しい。

◆ロケッツ◆
「ヒゲッツ」と揶揄される事もあるほど、ハーデンへの依存度が高いこのチーム。
ダントーニ政権のもと、その度合いは日増しに強くなり、
そしてどういうわけか、チームは強くなった。

元々ハーデンのファウルをもらいにいくスタイルや、
ディフェンスを必死でやらないスタイルには
批判的なコメントも少なくなかったのだが、
さらにハーデンに特化をしたこのチームにおいては
批判的なコメントは鳴りを潜めている。
アシスト王ジェームズ・ハーデンは、優れたポイントガードとしてチームを勝利へ導けるか

毎試合のように物凄いスタッツを残すハーデンは、
「髭ヤベエ」「髭15ASTwwwww」
といった形のコメントを量産し、それだけでまとめは成立する。
それでもウェストブルックのそれと比べるとやや弱いが。

また極端なほど攻撃力に特化したこのロケッツというチームは、
例年より印象が非常に良い。

何故なら「対GSWでなんとかなるかもしれない」という
期待感を有している為だ。
しかも熊やSASと違い、GSWに「殴り合い」で勝てるかもしれない
唯一のチームとも言え、実際に勝利もしている。
つまり東の上位チームがCLEに対して抱えているジレンマを
きっちりクリアしているのだ。

近年のHOUと言えば、成績の割に
プレイオフのボーナスゲームとして扱われていた程の評価の低さだったが、
ディフェンスレスへの批判を真っ向から否定するかのようなダントーニバスケ。
おそらくプレイオフ1回戦で当たるであろう、
UTAもしくは熊との戦いでその真価は初めて問われる。

しかし、LACと並んで西のネタチームだったHOUがこう純粋に強いと、
なにかが物足りない・・・そんな切なさも感じる今日この頃。
補強も空しく負け越しのクリッパーズ 気がつけば下位に沈むロケッツ
髭剃れ髭剃れ言われた髭が髭を剃ると【ハーデン】
ウォリアーズ、40年ぶりのファイナル進出!ハーデン、13TOの新記録を樹立!



8位・・・ピックアップ数15回 ロサンゼルス・クリッパーズ(西4位)
思い返せば3年前、オーナーの差別的発言から始まったLACの悲劇。
クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリンが人種差別発言で物議
しかし世論はチームに味方をし、逆境の中で戦うチームを米が、世界が賞賛した。
管理人は確信を持って言った、「今年はクリッパーズ優勝するね」

思い返せば2年前、王者SASに対して見せた不屈の闘争心。
相手が王者であろうが絶対に倒す、そんな男の意地を感じた。
そしてそれは叶ったのだ。
管理人はやや自信を持って言った、「今年はクリッパーズ来るんじゃね?」
男クリス・ポール 痛む足をこらえ、神がかりの活躍 激戦の末に王者SASを破る
クリス・ポール、今年も届かなかったカンファレンスファイナル 王者SAS「」
一方的だったCF 原因の一端となったHOU、LAC、SASへの恨み節まとめ

思い返せば1年前、
管理人は思った、「今年もクリッパダメだわ」

そして今季の序盤、クリッパーズは堅守に目覚め、西の2強をも食いかねない
強さを誇り、まとめ記事も盛り上がっていた。
しかしそれを猜疑的な目で捉えるコメントも相応にあった。
両エース、クリス・ポールとブレイク・グリフィンの2ch上の信頼度はそれ程までに
低下している。反面クリス・ポールのCF童貞力の高さは年々上昇している。
10勝1敗、見事に首位のクリッパーズ それでもあまり信用してもらえない負の遺産

間違いなくLACは強豪である。
それでも西の猛者たちを怪我なくプレイオフで破り続ける姿を
想像させるコメントは皆無である。
しかし、GSWとライバル関係でバチバチやり合っていたあの頃、
2chの(黒い)期待感はかなりのものであり、エース両名が健在なら、
再びあの熱いやり合いで掲示板を熱くさせる事はできるはずだ。
グリxイバの熱過ぎるローブロー争い、そしてダレン・コリソンがクリッパーズの望みを繋ぐ
【NBA X'masGame】喧嘩クリスマス クリッパーズvsウォリアーズ

それがダメなら、息子の大爆発でスレが大熱狂した時の、
あの感動をもう一度味わわせて欲しい。
本当はこっちの方が観たい
クリス・ポール待望の復帰 しかし主役は大爆発の息子 そして始まる熱い掌返し
SAS-LAC2戦目より  ~息子がどれだけみんなに愛されているか伝えたい~


7位・・・ピックアップ数17回 シカゴ・ブルズ(東7位)
順位の割にはピックアップ回数が多いチーム。
理由としては主に以下の2つ。

●WOWOWで取り上げる機会が多い
日本でのバスケブームを巻き起こした主要因、
言わずと知れたマイケル・ジョーダンの在籍したチームという事で、
日本人の中でも圧倒的に知名度の高いシカゴ・ブルズだけに、
成績云々関係なくWOWOWで放映する機会が多いと思われる。

●レイジョン・ロンドの存在
カズンズやジョシュ・スミスらと並んで、ネタ選手の筆頭とも言える存在。
絶好調でもチームで干され中 ブルズのラジョン・ロンドについて

上記から分かるのは、残念な事に、チームそのものの魅力から
コメント数が増えた、というものではないという事。
チームとしては、ローズを放出し、バトラーを軸としたチーム作りを
明確にはしたものの、いまいち噛み合っておらず、
懸念されていたロンドがらみや、外のなさも相まって、
「ほら見たことか」的なコメントが幅をきかせている。

しかし良くわからない爆発力を持ったチームで、
いきなり強豪に大勝したり、ドアマットに大敗したりする。
王者にも土をつけているだけに、
意外にプレイオフでは良い試合をするのではないか
という期待感をもつコメントもわずかながら存在する。

勝率5割を行き来するチームが東の王者打倒の有力候補になってしまう、
これもまた東の暗黒のひとつ。


6位・・・ピックアップ数19回 サンアントニオ・スパーズ(西2位)
コービーと並んで、ティム・ダンカンが引退したスパーズ、
レイカーズと違って彼の引退がコメント数に影響する事はほとんどない。
開幕4連勝のスパーズ、ダンカンが抜けても普通につよい
引退試合で60得点を挙げたコービー、静かに去ったダンカン 2人のレジェンドの去り際

実力の割にはWOWOWで放映される回数も少ないせいか、
西2位の順位ほど上位にいない。
ボナーなどのネタ選手もおらず、
純粋な実力のみでこのまとめ回数を維持しているのは
ある意味凄いともさすがとも言える、ノンタイアップ状態。

また他のチームと違い、スパーズの場合は批判的なコメントが少ない事も
実力とコメント数が剥離している要因でもある。
ただスパーズのファンは2ch上に少ないのか、というとそうでもない。
スパーズがGSWやCLE等の強豪とやる際、スパーズ視点でのコメントが非常に多い。
多くの人がスパーズ側に感情移入して観戦しており、
皆スパーズは結構好きなのだ。

結局、叩く要因が多くないと盛り上がらない。
でも強いし好きだから観るし、そこそこコメントもするよ。
そんな人が多い結果、この位置に収束したのがスパーズというチーム。
おそらくもう少し弱かったらATLと同程度の記事掲載数、
さらに弱かったら掲載数最下位も狙えるチームではあるのだろう。
このチームにそんな事が起こるとは誰も想定しないだろうが。






テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/23(木) 12:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<【NBA】ベンチのグレードアップを狙うWAS BKNボーヤン・ボグダノビッチを含むトレードが成立 | ホーム | 【NBA】LALルー・ウィリアムスと、HOUブリュワーがトレード 優勝に向けてひたすら磨き続けるOF力>>

コメント

強いけど地味、あるいは強いから地味
批判的なコメントで伸びる2chの暗黒と真っ向から戦うよな、そんなSAS大好きです
  1. URL |
  2. 2017/02/23(木) 16:19:04 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ロケッツはハワード抜けたのがやはり良かったのか前とは違う強さが出ちゃってる
そしてハワードのオワコン臭、過去の人感がハンパではない
  1. URL |
  2. 2017/02/23(木) 16:26:48 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ウッキウキで書いてるのが伝わってきて読んでて楽しい
  1. URL |
  2. 2017/02/23(木) 20:25:36 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ここのサイトでお前らも話し合えたらな〜。なんか2chは抵抗あるし行きたく無いわ
  1. URL |
  2. 2017/02/23(木) 20:45:50 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ダンカン引退で号泣した奴wwwwwwwww



ワイやで
  1. URL |
  2. 2017/02/23(木) 21:37:13 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

おもしろい
  1. URL |
  2. 2017/02/23(木) 23:57:12 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

要望聞いていただいてありがとうございますm(_ _)m

尖ってるチームってのはやっぱ魅力あるよな
  1. URL |
  2. 2017/02/24(金) 00:25:35 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

久々にコービーのラストゲームでも見てくるか・・・
  1. URL |
  2. 2017/02/24(金) 05:03:04 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

LAの2チームは、今年も駄目そうやな
  1. URL |
  2. 2017/02/24(金) 11:53:34 |
  3. ふて猫 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/1831-db1a0818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

FAのクリス・ポール まさかのトレードでHOUへ!最強バックコートが見せる将来は栄光か混乱か
最優秀HCにはマイク・ダントーニ氏が選出 HOUからはベスト6thのゴードン、ALLDFのベバリーらも
成長著しいバックスから、新人王をマルコム・ブログドンが、MIPをヤニス・アデトクンボが受賞
ドレイモンド・グリーンが念願の最優秀守備選手賞を初受賞!オールディフェンシブチーム発表
【NBA】シーズンTDを達成した、OKCラッセル・ウェストブルックが自身初となるシーズンMVPを受賞
【NBA】FAとなったC.ポールとグリフィンは、そしてデアンドレは 強豪の一角を担ったLACの岐路
【NBA】バナナボート?それともポール・ジョージ?それでもなお足りない感のCLE
【NBA】ついに今年こそは磨きに磨きに磨きに磨き続けた牙を立てられるか フィラデルフィア・76ers
【定期】MIN今年こそは期待できるで!でもMINだしなぁ… いや今年はいけそう のループ
NBAドラフト BOS3位ジェイソン・テイタム ~ POR10位ザック・コリンズまで
【NBAドラフト】全体1位指名 マーケル・フルツが76ers、ロンゾ・ボールは(親が)意中のLALへ
CHIのエース ジミー・バトラー、MINのラビーン&ダンとのトレードで、再びのトム・シボドー体制へ
ALLNBA1stチームとMVP発表!       【 こ の サ イ ト で の 】

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
女ニートがNBAについて語るブログ
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
ギコあんてな!
つべこアンテナ
アンテナシェア
ムササビあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS
フットボール速報
働くモノニュース

カウンター

逆アクセスランキング