【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】接戦の終盤、入らないスリーに、レブロン、レブロン…4位WASに惜敗したCLE、差は0.5ゲーム

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18wascle01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1519095437/0-

 球宴を終えたNBAは22日から後半戦がスタート。各地で6試合が行われ、
東地区全体3位のキャバリアーズは地元クリーブランドで4位ウィザーズに
103―110(前半54―57)で敗れて34勝23敗。球宴でMVPとなった
レブロン・ジェームズ(33)は32得点、9リバウンド、8アシストをマークしたが、チームの連勝は4で止まった。

 ウィザーズは主力ガードのジョン・ウォール(27)を故障で欠きながらも3連勝を飾って34勝24敗。
球宴に出場したブラドリー・ビール(24)が18得点と9アシストを稼ぎ、
キャバリアーズとのゲーム差を0・5に詰めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000150-spnannex-spo


「【NBA】接戦の終盤、入らないスリーに、レブロン、レブロン…4位WASに惜敗したCLE、差は0.5ゲーム」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/23(金) 17:25:30|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

MILとDEN、2人の化け物エースが揃ってトリプルダブル しかし試合をより支配したのはDENヨキッチ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18denmil01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1518676254/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1504793735/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1518022821/0-

2月15日(日本時間16日)にBMOハリス・ブラッドリー・センターで行なわれたデンバー・ナゲッツ対
ミルウォーキー・バックスの一戦は、ニコラ・ヨキッチが2試合連続のトリプルダブル(30得点、
15リバウンド、キャリアハイの17アシスト)を達成し、ナゲッツが134-123で勝利した。

今季5回目のトリプルダブルを達成したヨキッチは「試合開始から良いプレイができたし、
ショットも決まった」と語った。

「特に普段より高いモチベーションがあったわけでもないよ。いつもと同じようにプレイしている。
今日は普段より少しだけアグレッシブだったかもしれない。でも、いつもと変わらないよ」。

3連勝のナゲッツ(32勝26敗)はヨキッチのほか、ギャリー・ハリスが28得点、ジャマール・マレーが26得点、
ウィル・バートンが19得点を記録した。

敗れたバックス(32勝25敗)は、ヤニス・アデトクンボがトリプルダブル(36得点、11リバウンド、13アシスト)、
エリック・ブレッドソーが27得点、8アシストをあげている。



「MILとDEN、2人の化け物エースが揃ってトリプルダブル しかし試合をより支配したのはDENヨキッチ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/17(土) 10:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

【NBA】ギブソンとバトラーが攻守で最大級の貢献 ズバッチが躍動したLALを最終Qで突き放す

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18lalmin01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1518676254/0-

2月15日(日本時間16日)にターゲット・センターで行なわれたロサンゼルス・レイカーズ対
ミネソタ・ティンバーウルブズの一戦は、タージ・ギブソンが今季自己最多となる28得点、
ジミー・バトラーが24得点を記録し、ウルブズが119-111で勝利した。

第3クォーター終盤まで二桁得点差を追っていたウルブズだったが、第4Qを35-20で上回り勝利。
試合後トム・シボドー・ヘッドコーチは、終盤チームを引っ張ったギブソンとバトラーを次のように称えた。

「タージとジミーがチームにもたらしたものが、チームを変えた。
彼らは、チームに負けをつけさせるつもりがなかった」。

ホーム戦績24勝7敗でオールスターブレイクを迎えたウルブズ(36勝25敗)は、ギブソンとバトラーのほか、
ジェフ・ティーグが20得点、ジャマール・クロフォードが15得点、カール・アンソニー・タウンズが10得点、
19リバウンドで勝利に貢献した。

3連敗のレイカーズ(23勝34敗)は、ジュリアス・ランドルが23得点、9リバウンド、
ケンテイビアス・コールドウェル・ポープとブランドン・イングラムがそれぞれ17得点をあげている。



「【NBA】ギブソンとバトラーが攻守で最大級の貢献 ズバッチが躍動したLALを最終Qで突き放す」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/16(金) 23:12:06|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

50得点のKDvs44得点のリラード KDが最後にネットを揺らしたシュートはノーカン、GSWが首位陥落

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18gswpor01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1518578655/0-

2月14日(日本時間15日)にモーダ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズ対
ポートランド・トレイルブレイザーズの一戦は、デイミアン・リラードが44得点でチームを引っ張り、
ブレイザーズが123-117で勝利した。

ウォリアーズ戦の連敗を7で止めたブレイザーズは、貯金を6に増やしてオールスターブレイクを迎えた。
今季リーグ初となる3試合続けて39得点以上を記録したリラードは、試合後「ウェストの競争が
激しい状態でブレイクを迎えるから、大きな勝利が必要だった」とコメント。「大きな勝利を得られたと思う。
たぶんチームにとって今季最高のパフォーマンスじゃないかな。
もし最高でなくとも、間違いなくトップ2か3には入る」と続けた。

ブレイザーズ(32勝26敗)はリラードのほか、CJ・マッカラムが29得点、ユスフ・ヌルキッチが17得点、
13リバウンドで勝利に貢献した。

連勝が3で止まったウォリアーズ(44勝14敗)は、ケビン・デュラントが今季自己最多となる50得点、
7リバウンド、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンがそれぞれ17得点、ドレイモンド・グリーンが16得点、
12リバウンド、7アシストをあげている。



「50得点のKDvs44得点のリラード KDが最後にネットを揺らしたシュートはノーカン、GSWが首位陥落」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/16(金) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:56

【NBA】どうしたBOS、序盤の堅牢なDFとケミストリーが見る影もなく LACに敗れて3連敗

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18lacbos01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1518578655/0-

414: 2018/02/15(木) 10:37:45.14

BOS相変わらず守備に苦労してるな



「【NBA】どうしたBOS、序盤の堅牢なDFとケミストリーが見る影もなく LACに敗れて3連敗」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/15(木) 21:25:03|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
  次のページ

最新記事

【NBA】接戦の終盤、入らないスリーに、レブロン、レブロン…4位WASに惜敗したCLE、差は0.5ゲーム
【NBA】SASのエース、カワイ・レナード 今季中の復帰は難しいか チームの50勝到達にも赤信号
【07-08シーズン NBAファイナル回顧】 レイカーズ-セルティックス〇 第6戦終了間際~終了後
【NBA】オールスターにてアメリカ国歌を披露したファーギー、SNS等からの非難を受け謝罪を表明
【NBA】おつかれジミー・バトラー?オールスター本戦で唯一の出場時間なし
NBAオールスター ディフェンスを締め、チームを、試合を盛り上げ続けたレブロンが3度目のMVP
ダンクコンテストの裏で、カーター、ラビーン、ゴードンの評価が勝手に上がっていくシステムが構築
スラムダンクコンテスト ナンスJrとの決勝で、ビンスカーターの再現ダンクを決めたミッチェルが優勝
【NBA】不調者が相次いだスリーポイントコンテスト 最後に28ポイントでデビン・ブッカーが見事優勝
【NBA】ライジング・スターチャレンジ チームワールドの大勝で、3Pを7本決めたボグダノビッチがMVP
【NBA】血栓症により事実上の現役引退となっていたクリス・ボッシュ 現役復帰を示唆
MILとDEN、2人の化け物エースが揃ってトリプルダブル しかし試合をより支配したのはDENヨキッチ
【NBA】ギブソンとバトラーが攻守で最大級の貢献 ズバッチが躍動したLALを最終Qで突き放す

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング