【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


Powered By 画RSS
  次のページ

【NBA】レブロンのPO最多得点更新からの、万全の態勢でGSWとの3年連続ファイナルの舞台へ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17clebos01-f.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1495758194/

 現地25日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ(第2シード)とボストン・セルティックス(第1シード)
によるイースタンカンファレンス決勝第5戦は、セルティックスの地元TDガーデンで行われ、
135対102でキャブスが圧勝。シリーズ4勝1敗とした昨季NBA王者が、
ゴールデンステイト・ウォリアーズの待つNBAファイナルに駒を進めた。

 レブロン・ジェームズは35得点、8リバウンド、8アシスト、3スティールと、オールラウンドの活躍を披露した。
フィールドゴール(FG)を18本中13本沈め、スリーポイントシュートは7本中4本成功。
第3Q残り2分41秒に沈めたスリーで、マイケル・ジョーダン氏がプレーオフで挙げた
通算5987得点という記録を抜き、歴代1位に浮上した。

 また、カイリー・アービングはFG15本中9本、スリーポイントシュート8本中4本の成功で24得点、7アシスト。
チームの3季連続ファイナル進出を援護した。

 キャブスはそのほか、ケビン・ラブが15得点、11リバウンドをマーク。デロン・ウィリアムズが
約17分の出場で14得点を挙げ、チームのプレーオフ12勝1敗に貢献している。

 セルティックスは、エイブリー・ブラッドリーがチーム最多の23得点、ジェラルド・グリーンが14得点をマーク。
ホームのファンは懸命に声援を送ったが、チームはキャブスに一度も追い付くことができず。
前半から2桁リードを奪われると、第3Q残り6分39秒にはその差が25まで開き、第4Q開始時には35まで開いた。

 3年連続で同じ顔触れとなったNBA決勝シリーズは、ウォリアーズの本拠地オラクル・アリーナで
6月1日にスタートする。(STATS-AP)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000312-ism-spo


「【NBA】レブロンのPO最多得点更新からの、万全の態勢でGSWとの3年連続ファイナルの舞台へ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/05/26(金) 21:35:16|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

序盤の劣勢を跳ね返し、42得点のアービング 復調しきらない(34得点)レブロンとチームを救う

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17boscle01-c.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1495593097/

 現地23日にクリーブランドで行われたボストン・セルティックス(第1シード)対クリーブランド・
キャバリアーズ(第2シード)のイースタンカンファレンス決勝第4戦は、
カイリー・アービングが42得点と大暴れし、キャブスが112対99で勝利。
シリーズ3勝1敗とし、NBAファイナル進出に王手をかけた。

 キャブスは、第3戦で11得点と元気のなかったレブロンが、前半に早くも4つ目のファウルを
コールされるファウルトラブル。第2Qはセルティックスに一時16点リードを許し、
連敗回避に黄色信号がともった。しかし、10点ビハインドで迎えた第3Qにアービングが爆発。
左足首をひねり、ヒヤリとする場面もあったが、5分弱のスパンに19得点を荒稼ぎし、試合をひっくり返した。

 第3Qにワンマンショーを披露し、流れを呼び込んだアービングは、「後半はとにかく
アグレッシブなプレーでチームを引っぱり、全てを出し切ろうと思った」と、語った。

 キャブスのタイロン・ルーHCは、「彼はチームを背負って、けん引してくれた」と、
アービングの活躍をたたえた。

 レブロンは34得点、ケビン・ラブは17得点、17リバウンドで貢献。
キャブスは後半、71%のフィールドゴール(FG)成功率を記録し、今プレーオフの成績を11勝1敗とした。
25日にボストンで行われる第5戦に勝利すれば、NBAファイナルで3年連続となるキャブス対
ゴールデンステイト・ウォリアーズの対決が実現する。

 セルティックスは、エイブリー・ブラッドリーが19得点、ジェイ・クラウダーが18得点をマーク。
エースのアイザイア・トーマス不在ながら一歩もひかず、前半は主導権を握ったが、
後半にアービングの爆発を止められなかった。(STATS-AP)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000313-ism-spo


「序盤の劣勢を跳ね返し、42得点のアービング 復調しきらない(34得点)レブロンとチームを救う」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/05/24(水) 21:42:14|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

【NBA】先発起用で輝いたジノビリ、それでも届かなかった勝利 GSWがPO12連勝でファイナル進出

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17gswsas01-d.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1495498687/

 現地22日にサンアントニオで行われたウェスタンカンファレンス決勝第4戦は、
ゴールデンステイト・ウォリアーズ(第1シード)がサンアントニオ・スパーズ(第2シード)に129対115で快勝。
スパーズを4連勝で退け、3年連続のNBAファイナル進出を決めた。

 ウォリアーズは、プレーオフ開幕からリーグ史上初の12連勝と、一度も黒星を喫することなく
NBAファイナル進出を決めた。チーム最多の36得点を記録したステフィン・カリーは、
「12勝連勝はすばらしいこと。でもそれは、次のシリーズでは何の意味もない。
僕らはそのことを分かっている」と、NBAファイナルの常連らしく冷静に語った。

 29得点、12リバウンドをマークしたケビン・デュラントは、「決勝まで残った2チームの
うちの1つになれるということは、すごいことだ」と、移籍1年目でのファイナル進出を喜んだ。

 一方、カワイ・レナードを筆頭に主力に故障者が続出したスパーズは、ウォリアーズに対抗する戦力を失い、
4連敗で敗退となった。

 スパーズのグレッグ・ポポビッチHCは、負ければ終了の第4戦で、
これが現役最後の試合になる可能性がある39歳のマヌ・ジノビリを先発起用。
ポポビッチHCは、「敬意を表し先発に起用した。それに尽きる。
もしかしたら、これが最後の試合になるかもしれない。長年にわたり献身的なプレーをしてくれた彼を、
ホームのファンの前でたたえるチャンスを逃したくなかった」と、語った。(STATS-AP)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000314-ism-spo


「【NBA】先発起用で輝いたジノビリ、それでも届かなかった勝利 GSWがPO12連勝でファイナル進出」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/05/23(火) 22:20:52|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:45

エイブリー・ブラッドリーの、BOSのプライドを賭けた一投 CLEホームで反撃の狼煙を上げる1勝!

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17boscle01-b.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1495336261/

 ボストン・セルティックス(第1シード)は現地21日、敵地でクリーブランド・キャバリアーズ(第2シード)との
イースタンカンファレンス第3戦を行い、111対108で逆転勝ち。対戦成績を1勝2敗とした。

 第3Q中盤まで21点ビハインドを背負っていたセルティックスだが、キャブスのレブロン・ジェームズが
後半わずか3得点と沈黙している間に点差を縮める。そして迎えた108対108の第4Q残り2.8秒に
エイブリー・ブラッドリーがスリーポイントシュートを放つと、バスケットリングの上で4回バウンドしたのち、
残り0.1秒にネットに吸い込まれていった。

 セルティックスは、股関節のケガでプレーオフ絶望となったアイザイア・トーマスの代わりに先発出場した
マーカス・スマートが、キャリアハイの27得点、7アシストをマーク。劇的な決勝弾を沈めたブラッドリーが20得点、
アル・ホーフォードが16得点、ジェイ・クラウダーが14得点、11リバウンドで貢献した。

 セルティックスは、第2戦でカンファレンス決勝史上ワーストとなる44点差で敗れるなど、ホームで2連敗。
ブラッド・スティーブンズHCは、「うちの選手たちはうっぷんが溜まっていた」と話すと、
「多くの選手が注目されていなかったが、これは彼らがやりがいのある役割でプレーする最初のチャンスだ」
とコメントした。

 一方、キャブスはレブロンがフィールドゴール(FG)13本中4本の成功にとどまり11得点。
ターンオーバーは6を記録した。カイリー・アービングがチーム最多の29得点、ケビン・ラブが28得点、
10リバウンド、トリスタン・トンプソンは18得点、13リバウンドの成績だった。

 第4戦は23日、引き続きキャブスの本拠地クイックン・ローンズ・アリーナで行われる。(STATS-AP)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000313-ism-spo


「エイブリー・ブラッドリーの、BOSのプライドを賭けた一投 CLEホームで反撃の狼煙を上げる1勝!」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/05/22(月) 21:03:33|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

ホームでの意地も空しく、デイビッド・リーまで負傷退場 満身創痍のSAS、終盤に振り切られ3連敗

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17gswsas01-c.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1495336254/

 NBAは20日にサンアントニオで西地区決勝の第3戦を行い、1位のウォリアーズが2位スパーズを
120―108(前半64―55)で下して3戦全勝。1989年と2001年のレイカーズ以来となる
プレーオフ初戦からの11連勝で、3年連続のファイナル進出に王手をかけた。

 ケビン・デュラント(28)がチーム最多の33得点と10リバウンドをマーク。21得点を挙げた
ステファン・カリー(29)のプレーオフ通算得点は1795(出場69試合)となり、
60年代から70年代に活躍したリック・バリーが保持していたチーム記録(1776=出場66試合)を更新した。

 第2戦で右足のかかとを痛めたセンターのザザ・パチューリア(33)は欠場したが、
代わって先発したジャベール・マギー(29)が13分の出場ながら16得点をマーク。
クレイ・トンプソン(27)も17得点、ドレイモンド・グリーン(27)も10得点を稼ぐなど
先発全員が2ケタ得点を記録した。

 スパーズは第1戦で左足首を痛めたフォワードのカワイ・レナード(25)が第2戦に続いて欠場。
すでにガードのトニー・パーカー(35)も脚の故障で失っており、さらにこの日はベンチから出た
フォワードのデビッド・リー(34)も第1Qに左膝を痛めてダウン。
7月28日で40歳となるマヌー・ジノビリ(39)がチーム最多の21得点を挙げて気を吐いたが、
終盤になって点差はじりじりと開いていった。

 ラマーカス・オルドリッジ(31)は18得点、レナードの代役、ジョナソン・シモンズ(27)は
14得点をマーク。しかしパーカーの代役、パティー・ミルズ(28)は7得点に終わり、
故障者続出の中でチームは苦境に立たされた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000116-spnannex-spo


「ホームでの意地も空しく、デイビッド・リーまで負傷退場 満身創痍のSAS、終盤に振り切られ3連敗」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/05/21(日) 22:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:31
  次のページ

最新記事

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
女ニートがNBAについて語るブログ
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
ギコあんてな!
あんてなパン
つべこアンテナ
アンテナシェア
ムササビあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS
フットボール速報
働くモノニュース

カウンター

逆アクセスランキング