【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】MIL待望の、ジャバリ・パーカーが復帰!も束の間、今度はマルコム・ブログドンが離脱

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18nykmil01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1517533795/0-

2016-17シーズンの新人王に輝いたブログドンは、2月1日(同2日)に行なわれた
ミネソタ・ティンバーウルブズ戦で左足四頭筋の腱を部分断裂する重傷を負った。
ブログドンは、2年目の今季46試合に出場し、平均13.3得点、3.3リバウンド、
3.2アシストという成績を残している。



「【NBA】MIL待望の、ジャバリ・パーカーが復帰!も束の間、今度はマルコム・ブログドンが離脱」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/04(日) 13:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【NBA】シーズン中盤ながら、勝率5割付近から脱却できないバックス ジェイソン・キッドHCを解任

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kidd.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1516508369/0-

米プロバスケットボール協会(NBA)のバックスは22日、ジェーソン・キッド監督の解任を発表した。
21日までの成績は23勝22敗で、東カンファレンス中地区の3位。

 キッド監督は現役時代、マーベリックスなどで19シーズンプレーし、
歴代2位の1万2091アシストをマークした。現役を引退した13年にネッツの監督に就任。
14年からバックスへ移り、チームを2度プレーオフ進出に導いた。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000079-jij-spo


「【NBA】シーズン中盤ながら、勝率5割付近から脱却できないバックス ジェイソン・キッドHCを解任」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/01/24(水) 14:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29

【NBA】MIL-OKC アデトクンボのラストプレイがベースラインを踏んだ影響で、後味の悪い結果に

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18milokc02.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1514599818/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1514443943/0-

12月29日(日本時間30日)にチェサピーク・エナジー・アリーナで行なわれたミルウォーキー・バックス対
オクラホマシティ・サンダーは、ヤニス・アデトクンボが23得点、12リバウンドを記録し、バックスが97-95で競り勝った。

立ち上がりから16-2とリードしたバックスは、第2クォーター序盤に41-19と22点差をつけると、
58-44と14点差で前半を終えた。第3Qで6点差まで詰め寄られながら、第4Qに再び14点差までリードを取り戻す。

その後のサンダーの反撃で、残り4.7秒にラッセル・ウェストブルックの3ポイントショットで
95-95と同点に追いつかれたバックスだが、残り1.3秒にアデトクンボが決勝点。
ライン際から切り込み、ウェストブルックの上からショットを決めた。

だが、リプレイでアデトクンボはドライブする際に明らかにベースラインを踏んでおり、
サンダーのビリー・ドノバン・ヘッドコーチらがレビューを求めたが認められず。
デレック・スタフォード審判は「映像検証できるのはコート上で笛が吹かれた場合のみ」と、要求をはねつけた。

「このプレイに関しては笛が吹かれていないので、レビューはできなかった」。

ドノバンHCは「私の見解はまったく違う」と反論している。

「リーグと審判団はこの件を解決すべきだ。彼(アデトクンボ)がラインを越えていたのは明らかだ。
それは誰もが知っている。私にはリプレイを見る機会はなかった。
レビューを求めたが、彼らはできないという。でも、彼らとリーグは解決すべきだ。
私は、もっとうまくやるためにどうすべきかを考えることに集中するよ」。

アデトクンボ本人はリプレイを見ていないとしたうえで、ラインを越えたのは気づかなかったとしている。
バックスのジェイソン・キッドHCは「抗議は理解できない。
私にできるのは、選手たちに最後のプレイの準備をさせることだけだ」と語った。

カーメロ・アンソニーは「現時点で僕らにできることは何もない。
忘れて前進し、準備をするしかないね」と述べている。

2連勝のバックス(19勝15敗)はアデトクンボのほか、クリス・ミドルトンが20得点、
ジョン・ヘンソンが18得点を記録。一方、連勝が6で止まったサンダー(20勝16敗)は、
ウェストブルックが40得点、14リバウンド、9アシストをマークした。



「【NBA】MIL-OKC アデトクンボのラストプレイがベースラインを踏んだ影響で、後味の悪い結果に」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/30(土) 23:45:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

【NBA】ティーグ離脱&連戦のお疲れMIN 普段以上の最終Qの失速感でMILに逆転敗戦

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18minmil01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1514443943/0-

12月28日(日本時間29日)にBMOハリス・ブラッドリー・センターで行なわれたミネソタ・ティンバーウルブズ対
ミルウォーキー・バックスの一戦は、20点差を跳ね返したバックスが、102-96で勝利した。

エリック・ブレッドソーが26得点、ヤニス・アデトクンボが22得点、10リバウンドの活躍を見せたバックスは、
20点差をつけられながらも逆転勝利を収めた。バックスのジェイソン・キッドHCは「ブーイングは
聞こえなかったが、歓声も耳に入ってこなかった」と語った。

「それこそがファンの求めているものだ。連続得点できるかどうかで試合は決まるんだ」。

ブレッドソーは終盤に6得点、2アシストを記録し、ウルブズを第4クォーターにわずか12得点に抑える
ディフェンスで勝利をもぎ取った。

バックスは他にクリス・ミドルトンとジョン・ヘンソンがそれぞれ14得点した。

ウルブズは前日延長の末にデンバー・ナゲッツの勝利していたが、その疲れが影響しらのかもしれない。
しかしジャマール・クロフォードはj「言い訳はしない」とそれを否定した。

「 それは別に言っても良いけど、それでも勝てるくらいのリードは作れていた」。

ウルブズはカール・アンソニー・タウンズが22得点、途中足首を捻挫してしまった
アンドリュー・ウィギンズが21得点した。



「【NBA】ティーグ離脱&連戦のお疲れMIN 普段以上の最終Qの失速感でMILに逆転敗戦」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/30(土) 10:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【NBA】最終Q、CLEの怒涛のアタックに飲み込まれかけながら、ふんばったMILが辛勝

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18clemil01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1513655146/0-

 NBAは19日に各地で3試合を行い、バックスは地元ミルウォーキー(ウィスコンシン州)でキャバリアーズに
119―116(前半69―58で競り勝って16勝13敗。
チームの連敗を3で、このカードの連敗を5でそれぞれくい止めた。ヤニス・アデトクンボ(23歳)が27得点、
14アシスト、8アシストをマークすれば、エリック・ブレッドソー(28歳)は26得点、クリス・ミドルトン(26歳)も
18得点と10アシストを稼ぐなど、チームの三本柱が活躍して強敵を倒した。

 試合は最大20点をリードしながら第4Q(21―33)に入って苦戦。残り5分11秒と、
残り2分4秒に2度逆転されたが、残り58・9秒にトニー・スネル(26歳)が起死回生の
3点シュートを決めて勝ち越した。

 東地区全体2位のキャバリアーズの連勝は5で止まって23勝9敗。
レブロン・ジェームズ(32歳)が39得点をマークし、大詰めではバックスを猛追したがあと一歩及ばなかった。

 ここ20戦では2敗目。東地区全体首位のセルティクスとのゲーム差は2・5となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000128-spnannex-spo


「【NBA】最終Q、CLEの怒涛のアタックに飲み込まれかけながら、ふんばったMILが辛勝」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/20(水) 22:36:48|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
  次のページ

最新記事

【NBA】SACホーム同点から、ウェストブルックがブザービーター!TDも達成し幸先の良いスタートに
【NBA】接戦の終盤、入らないスリーに、レブロン、レブロン…4位WASに惜敗したCLE、差は0.5ゲーム
【NBA】SASのエース、カワイ・レナード 今季中の復帰は難しいか チームの50勝到達にも赤信号
【07-08シーズン NBAファイナル回顧】 レイカーズ-セルティックス〇 第6戦終了間際~終了後
【NBA】オールスターにてアメリカ国歌を披露したファーギー、SNS等からの非難を受け謝罪を表明
【NBA】おつかれジミー・バトラー?オールスター本戦で唯一の出場時間なし
NBAオールスター ディフェンスを締め、チームを、試合を盛り上げ続けたレブロンが3度目のMVP
ダンクコンテストの裏で、カーター、ラビーン、ゴードンの評価が勝手に上がっていくシステムが構築
スラムダンクコンテスト ナンスJrとの決勝で、ビンスカーターの再現ダンクを決めたミッチェルが優勝
【NBA】不調者が相次いだスリーポイントコンテスト 最後に28ポイントでデビン・ブッカーが見事優勝
【NBA】ライジング・スターチャレンジ チームワールドの大勝で、3Pを7本決めたボグダノビッチがMVP
【NBA】血栓症により事実上の現役引退となっていたクリス・ボッシュ 現役復帰を示唆
MILとDEN、2人の化け物エースが揃ってトリプルダブル しかし試合をより支配したのはDENヨキッチ

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング