【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】接戦だったはずの前半は雲散霧消 第3Qに50対20と一気に離されたMIN 3敗目で窮地に

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18houmin01-d.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524454391/0-

 NBA西地区1位のロケッツは23日、敵地ミネアポリスで8位のティンバーウルブスを
119―100(前半50―49)で下して3勝1敗。第2Qにプレーオフのクオーター最多得点記録に
あと「1」と迫る50点を集中して、2季連続のプレーオフ1回戦突破に王手をかけた。

 ジェームズ・ハーデン(28)は試合開始から7本連続でフィールドゴール(FG)を外しながらも36得点をマーク。
FGは26本中12本、3点シュートは11本中5本を成功させた。クリス・ポール(32)も25得点。
第3Qにはハーデンとポールの2人だけでで計37得点をたたき出した。

 前半は1点差だったが、第3Qは50―20とロケッツが圧倒。ベンチから出たエリック・ゴードン(29)も
4本の3点シュートなどで18得点を記録し、センターのクリント・カペラ(23)は14得点と17リバウンドを稼いだ。

 NBAプレーオフでの1クオーター最多得点記録は1962年3月31日にレイカーズがピストンズ戦の
第4Qにマークした51点。56年ぶりの記録更新は逃したが、ティンバーウルブスの地元ファンは
ロケッツによる“集中砲火”に声を失っていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000095-spnannex-spo


「【NBA】接戦だったはずの前半は雲散霧消 第3Qに50対20と一気に離されたMIN 3敗目で窮地に」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/24(火) 23:10:46|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【NBA】復活のタウンズ、そしてローズ!ポテンシャルに違わぬ強さを見せたMINがホームで初勝利

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18houmin01-c.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524295525/0-

 NBA西地区全体8位のティンバーウルブスは地元ミネアポリスで1位ロケッツを
121―105(前半52―51)で撃破して1勝2敗。本拠地ターゲットセンターでプレーオフの勝利を飾ったのは、
2004年5月29日(西地区決勝第5戦=レイカーズに98―96)以来、13年11カ月ぶりとなった。

 ロケッツに対してはレギュラーシーズンを含め今季7戦目で初白星。18日の第2戦では20点差で敗れたが、
ホームでは勢いを取り戻した。

 ホームコートということもあってシュートは好調。フィールドゴール(FG)の成功率は50・0%、
3点シュートの成功率が55・6%にまでアップした。

 ティンバーウルブスの第3戦での3点シュート試投数は27本(成功15本)。
今季はリーグ最下位の22・5本しか試みていなかったが、この日は積極的にアウトサイドから攻め立てた。

 ジミー・バトラー(28)は3点シュートを6本中4本成功させてチーム最多の28得点をマーク。
第1戦と第2戦でいずれもひとケタ得点(8→5)に終わっていたセンターのカールアンソニー・タウンズ(22)は
18得点と16リバウンドを記録し、3戦目でようやく地力を発揮した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000094-spnannex-spo


「【NBA】復活のタウンズ、そしてローズ!ポテンシャルに違わぬ強さを見せたMINがホームで初勝利」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/23(月) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

【NBA】ハーデンのFGが2/18と最悪(なお試合には圧勝)、HOUを支えるダブルエースの恐ろしさ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18minhou01-d.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524101359/0-

 NBA西地区1位でリーグ最高勝率を収めてポストシーズンに駒を進めたロケッツは18日、
地元ヒューストンで8位ティンバーウルブスに102―82(前半55―40)で勝って
1回戦のホームゲームで2戦2勝。第3Qまでに22点差をつけて楽々と逃げ切った。

 第1戦で44得点を挙げたジェームズ・ハーデン(28)は、放った18本のフィールドゴール(FG)のうち
2本しか決められず12得点と不調。3点シュートも7本中1本の成功にとどまった。
しかしバックコートでコンビを組むクリス・ポール(32)が30分の出場で27得点、8アシスト、
3スティールと活躍。ベンチから出たジェラルド・グリーン(32)は26分で3点シュートを
12本中5本成功させ、37―17と圧倒した第2Qでは4本の“長距離砲”をサク裂させてハーデンの穴を埋めた。

 ロケッツはプレーオフ記録となる52本の3点シュートを放ち、このうち16本を成功。
第1戦ではハーデン以外の選手が不調だったが、第2戦では不調のハーデンを
全員でカバーするとというまったく違った内容の勝利となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000117-spnannex-spo


「【NBA】ハーデンのFGが2/18と最悪(なお試合には圧勝)、HOUを支えるダブルエースの恐ろしさ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/20(金) 14:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

【NBA】存在感を示したブルズ組、輝きを見せたローズ それでもMINを粉砕したハーデンとカペラ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18minhou01-c.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1523802893/0-

 今季のNBAで最高勝率(・793=65勝17敗)を挙げているロケッツは15日、
地元ヒューストンで行われた1回戦の初戦で西地区全体8位のティンバーウルブスに
104―101(前半54―47)で辛勝。今季のこのカードでは平均15・8点差をつけて4戦全勝だったが、
プレーオフ最初の試合では苦戦を強いられた。

 第4Qの5分11秒に85―86と1点をリードされたが、ここから連続9点。
このうちの7点をジェームズ・ハーデン(28)が稼いでリズムを取り戻した。

 今季の得点王(30・4)でシーズンMVPの最有力候補でもあるハーデンは41分出場して
44得点と8アシストをマーク。センターのクリント・カペラ(23)も24得点と12リバウンドを記録し、
マッチアップしたティンバーウルブスのカールアンソニー・タウンズ(22)を
8得点(ひとケタ得点は今季3回目)に抑え込んだ。

 シューターのエリック・ゴードン(29)は得意の3点シュートを7本中1本しか決めることができかったが(7得点)、
14得点のクリス・ポール(32)は102―99で迎えた残り21・5秒にフリースローを2本とも成功させて
勝利を決定的なものにした。

 14季ぶりにポストシーズンに駒を進めたティンバーウルブスは、今季平均21・3得点だった
タウンズが抑え込まれ、頼みのジミー・バトラー(28)も再三にわたってダブルチームでカバーされて
13得点止まり。残り1・5秒で狙った3点シュートも外れて同点機を逃した。

 キャバリアーズを解雇されたあとシーズン途中でティンバーウルブスと契約を交わしたデリック・ローズ(29)は
24分出場して16得点と4アシストをマーク。ただし第4Qの要所ではハーデンを抑えきれなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000105-spnannex-spo


「【NBA】存在感を示したブルズ組、輝きを見せたローズ それでもMINを粉砕したハーデンとカペラ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/17(火) 12:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29

【NBA】DEN-MIN 勝った方がPO進出の大一番 延長戦を制し14季ぶりの栄誉を獲得したのはMIN!

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18denmin01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1523443194/0-

 最終戦の直接対決で勝った方がプレーオフ進出となっていたNBAティンバーウルブス対ナゲッツ戦が
11日にミネアポリスで行われ、西地区全体8位で地元のティンバーウルブスが延長の末に
同9位のナゲッツを122―106(前半62―54、延長11―5)で退けて47勝35敗。
復帰3戦目のジミー・バトラー(28)が延長での7得点を含む31得点をマークし、粘るナゲッツを振り切った。

 ティンバーウルブスは58勝24敗の西地区1位だった2003年シーズン以来、
実に14季ぶりのプレーオフ進出。センターのカールアンソニー・タウンズ(22)も26得点と14リバウンドを稼ぎ、
ホームでの最終戦で貴重な白星を挙げた。

 ナゲッツの連勝は6で止まって46勝36敗。シーズン終盤にスランプに陥りながら
チームを立て直して望みをつないできたが、5季ぶりのプレーオフ進出はならなかった。
センターのニコラ・ジョキッチ(23)は35得点と10リバウンドを稼いだものの、
第4Qの終盤と延長ではタージ・ギブソン(32)の粘着ディフェンスの前に動きを止められて勝機を築けなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000094-spnannex-spo


「【NBA】DEN-MIN 勝った方がPO進出の大一番 延長戦を制し14季ぶりの栄誉を獲得したのはMIN!」 の続きを読む


  1. 2018/04/12(木) 22:34:42|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
  次のページ

最新記事

【NBA】チームのアシスト数わずか10 終始重いオフェンスでUTAを崩せなかったOKC、3連敗
【NBA】接戦だったはずの前半は雲散霧消 第3Qに50対20と一気に離されたMIN 3敗目で窮地に
【NBA】連日の逆転劇から、ランスのDFに悩まされながらも、コーバーのクラッチでCLE辛勝
【NBA】MIN同様、エース欠場で順位を落とした挙句、完全体で1位を苦しめるWAS ホームで連勝
【NBA】終盤詰められる中、大ベテランがきっちり仕事、ポポビッチHC抜きで挙げた、価値ある1勝
【NBA】ミドルトン渾身のブロックから逆転3P、最終盤強さを見せたエース MILが連勝で2-2タイに
【NBA】スーパールビオ TDの活躍、守備でもウェストブルックに仕事をさせず UTAが会心の2勝目
【NBA】復活のタウンズ、そしてローズ!ポテンシャルに違わぬ強さを見せたMINがホームで初勝利
最後まで爆発しなかったリラード、スイープ敗戦のPORに厳しい未来 NOPは歓喜のCSF一番乗り
【NBA】FTとリバウンドで主導権を握れなかったMIA、TOだらけのPHIに勝ちきれず、ホーム連敗
【NBA】ソン・メイカー、デラベトバ、PTの少ない選手らが守備から貢献 MILがBOSから意地の1勝
【NBA】ウォールとビールで28得点ずつ分け合いけん引 WASホームで反撃の狼煙を上げる1勝
【NBA】ボグダノビッチが3P7本、30得点!ランス、ヤングらもレブロンへの効果的な守りで貢献

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング