【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】PO進出を果たしながらも3番手の役割に不満をもつアンドリュー・ウィギンズ、放出も

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
Wiggins2.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1529032800/0-

2017-18シーズン、実に14年ぶりとなるプレーオフ進出を果たしたティンバーウルブズ。
このまま順調にチームがステップアップしていけば先が楽しみなのだが、すべて順調とは行かず、
不穏な噂が出始めている。その中心にいるのはアンドリュー・ウィギンズだ。

ウィギンズは2014年のドラフトでキャバリアーズから全体1位指名を受けた選手で、
2014-15シーズン開幕前にケビン・ラブと交換でウルブズにトレードされた。
1試合20得点以上を決められる能力の持ち主なのだが、どうやらジミー・バトラー、
カール・アンソニー・タウンズに次ぐチーム3番手の扱いに不満を持っているという。

これに怒ったと言われているのがジミー・バトラーだ。昨年ブルズからウルブズにトレードで加入したバトラーは、
ブルズ時代の恩師であるトム・シボドーからチームリーダーを任せられた。
バトラーはその期待に応えてチームを引っ張り、ウルブズは勝てるチームへと変貌した。
レギュラーシーズン後半にはひざの手術で離脱するも、シーズン終盤までに復帰を果たし、
ナゲッツとの西カンファレンス8位決定戦となったレギュラーシーズン最終戦では、
31得点5リバウンド5アシストと活躍。チームをプレーオフ進出に導いた。

バトラーは、言うべきことならシボドーとも意見をぶつけ合う熱血漢で、ディフェンスに対する意識が低い
ウィギンズの姿勢に以前から疑問を呈していたという。ウィギンズの守備意識の低さは、
バトラーが加入以前から指摘されていた。

この問題を手っ取り早く解決する方法は、引き取り手がある今のうちにウィギンズを放出すること。
他チームでならエース級の扱いを受けられる上、選手としての伸びしろも残っている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000005-basket-spo


「【NBA】PO進出を果たしながらも3番手の役割に不満をもつアンドリュー・ウィギンズ、放出も」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/06/17(日) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:38

【NBA】魔の第3Qでまた突き放されたMIN 失望と期待が常に混在した飛躍のシーズンを終える

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18minhou01-e.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524707238/0-

 NBA西地区1位のロケッツは25日、地元ヒューストンで8位のティンバーウルブスを
122―104(前半55―59)で退けて4勝1敗。2年連続で1回戦を突破した。

 センターのクリント・カペラ(23)がチーム最多の26得点と15リバウンドを稼げば、
ジェームズ・ハーデン(28)も24得点と12アシストをマークして勝利に貢献。
第3Qを30―15として試合をひっくり返した。

 14シーズンぶりにポストシーズンに駒を進めたティンバーウルブスはロケッツに対し、
レギュラーシーズンを含めて今季1勝8敗。カールアンソニー・タウンズ(22)が23得点、
14リバウンドをマークしたが、チームの支柱となっているジミー・バトラー(28)は8得点に終わり、
第4Qは出場しなかった。

 ロケッツはホームでは今季37勝7敗。西地区準決勝ではサンダー対ジャズの勝者
(現在ジャズが3勝2敗)と顔を合わせる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000113-spnannex-spo


「【NBA】魔の第3Qでまた突き放されたMIN 失望と期待が常に混在した飛躍のシーズンを終える」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/27(金) 10:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

【NBA】接戦だったはずの前半は雲散霧消 第3Qに50対20と一気に離されたMIN 3敗目で窮地に

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18houmin01-d.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524454391/0-

 NBA西地区1位のロケッツは23日、敵地ミネアポリスで8位のティンバーウルブスを
119―100(前半50―49)で下して3勝1敗。第2Qにプレーオフのクオーター最多得点記録に
あと「1」と迫る50点を集中して、2季連続のプレーオフ1回戦突破に王手をかけた。

 ジェームズ・ハーデン(28)は試合開始から7本連続でフィールドゴール(FG)を外しながらも36得点をマーク。
FGは26本中12本、3点シュートは11本中5本を成功させた。クリス・ポール(32)も25得点。
第3Qにはハーデンとポールの2人だけでで計37得点をたたき出した。

 前半は1点差だったが、第3Qは50―20とロケッツが圧倒。ベンチから出たエリック・ゴードン(29)も
4本の3点シュートなどで18得点を記録し、センターのクリント・カペラ(23)は14得点と17リバウンドを稼いだ。

 NBAプレーオフでの1クオーター最多得点記録は1962年3月31日にレイカーズがピストンズ戦の
第4Qにマークした51点。56年ぶりの記録更新は逃したが、ティンバーウルブスの地元ファンは
ロケッツによる“集中砲火”に声を失っていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000095-spnannex-spo


「【NBA】接戦だったはずの前半は雲散霧消 第3Qに50対20と一気に離されたMIN 3敗目で窮地に」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/24(火) 23:10:46|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【NBA】復活のタウンズ、そしてローズ!ポテンシャルに違わぬ強さを見せたMINがホームで初勝利

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18houmin01-c.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524295525/0-

 NBA西地区全体8位のティンバーウルブスは地元ミネアポリスで1位ロケッツを
121―105(前半52―51)で撃破して1勝2敗。本拠地ターゲットセンターでプレーオフの勝利を飾ったのは、
2004年5月29日(西地区決勝第5戦=レイカーズに98―96)以来、13年11カ月ぶりとなった。

 ロケッツに対してはレギュラーシーズンを含め今季7戦目で初白星。18日の第2戦では20点差で敗れたが、
ホームでは勢いを取り戻した。

 ホームコートということもあってシュートは好調。フィールドゴール(FG)の成功率は50・0%、
3点シュートの成功率が55・6%にまでアップした。

 ティンバーウルブスの第3戦での3点シュート試投数は27本(成功15本)。
今季はリーグ最下位の22・5本しか試みていなかったが、この日は積極的にアウトサイドから攻め立てた。

 ジミー・バトラー(28)は3点シュートを6本中4本成功させてチーム最多の28得点をマーク。
第1戦と第2戦でいずれもひとケタ得点(8→5)に終わっていたセンターのカールアンソニー・タウンズ(22)は
18得点と16リバウンドを記録し、3戦目でようやく地力を発揮した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000094-spnannex-spo


「【NBA】復活のタウンズ、そしてローズ!ポテンシャルに違わぬ強さを見せたMINがホームで初勝利」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/23(月) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

【NBA】ハーデンのFGが2/18と最悪(なお試合には圧勝)、HOUを支えるダブルエースの恐ろしさ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18minhou01-d.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524101359/0-

 NBA西地区1位でリーグ最高勝率を収めてポストシーズンに駒を進めたロケッツは18日、
地元ヒューストンで8位ティンバーウルブスに102―82(前半55―40)で勝って
1回戦のホームゲームで2戦2勝。第3Qまでに22点差をつけて楽々と逃げ切った。

 第1戦で44得点を挙げたジェームズ・ハーデン(28)は、放った18本のフィールドゴール(FG)のうち
2本しか決められず12得点と不調。3点シュートも7本中1本の成功にとどまった。
しかしバックコートでコンビを組むクリス・ポール(32)が30分の出場で27得点、8アシスト、
3スティールと活躍。ベンチから出たジェラルド・グリーン(32)は26分で3点シュートを
12本中5本成功させ、37―17と圧倒した第2Qでは4本の“長距離砲”をサク裂させてハーデンの穴を埋めた。

 ロケッツはプレーオフ記録となる52本の3点シュートを放ち、このうち16本を成功。
第1戦ではハーデン以外の選手が不調だったが、第2戦では不調のハーデンを
全員でカバーするとというまったく違った内容の勝利となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000117-spnannex-spo


「【NBA】ハーデンのFGが2/18と最悪(なお試合には圧勝)、HOUを支えるダブルエースの恐ろしさ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/20(金) 14:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23
  次のページ

最新記事

ボール家次男、リアンジェロ・ボール氏 レイカーズ含めドラフト指名ならず
渡邊雄太、夢の続きはサマーリーグへ ネッツからの出場を表明
【NBAドラフト4位~】MEMジャレン・ジャクソンjr、ATLトレイ・ヤング、ORLバンバ 14位DENポーター
【NBAドラフト】全体1位指名はPHXにディアンドレ・エイトン 2位SACにバグリー、3位ドンチッチ
【NBA】ポポビッチHCとの面会でも事態は好転せず ドラフト直前で、各チームに風雲急を告げる
【NBA】CHAドワイト・ハワードと、BKNティモフェイ・モズコフ&指名権でトレード合意
【NBA】カワイ・レナードが、グレッグ・ポポビッチHCと面会を行ったと報道
カナダの12歳小6で2m13cmのバスケ選手が小学生の大会で無双
【NBA】GSWのドレイモンド・グリーン 来季終了後のスーパーMAX契約を狙う意向
【NBA】メンフィスのベンチを温め続けたチャンドラー・パーソンズ 4位指名権と抱き合わせ放出へ
【長崎】高校バスケ試合中、審判殴られ搬送 強豪校(延岡学園)留学生選手に 試合は没収試合 傷害事件に
国際強化試合 日本87-99韓国 終盤にラトリフを抑えきれなかった日本、韓国相手に連勝ならず
【NBA】PO進出を果たしながらも3番手の役割に不満をもつアンドリュー・ウィギンズ、放出も

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング