【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】前半で30点以上の差をつけたPHIがDETを一蹴し、4連勝 勝率も5割に復帰

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18detphi01-b.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1515169355/0-

1月5日(日本時間6日)にウェルズ・ファーゴ・センターで行なわれたデトロイト・ピストンズ対フィラデルフィア・
76ersの一戦は、前半終了までにリードを30点(62-32)に広げた76ersが、114-78で勝利した。

4連勝の76ersは、勝率5割に復帰。ブレット・ブラウン・ヘッドコーチは「正しい方向に進めていると信じている。
負けていたときも、そう確信していた」と語った。

「負けているときは、あまり注目されないからね」。

76ers(19勝19敗)は、ジョエル・エンビードが23得点、9リバウンド、JJ・レディックが21得点、
ベン・シモンズが19得点、9アシストで勝利に貢献した。

76ersは、エンビードとシモンズのオールスター選出をサポートするため、『Ben & Jo』という
Tシャツを販売している。
エンビードは、キャリア初のオールスター選出について「可能性はあると思う」と、話した。

「もし選ばれれば嬉しい。でも、自分は勝ちたい。プレイオフに勝ち進みたいんだ」。

敗れたピストンズ(20勝17敗)は、トバイアス・ハリスが14得点、イシュ・スミスが11得点、
アンドレ・ドラモンドが10得点、8リバウンドをあげている。



「【NBA】前半で30点以上の差をつけたPHIがDETを一蹴し、4連勝 勝率も5割に復帰」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/01/06(土) 22:17:18|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【NBA】SACにも敗れ、ここ8試合で7敗目を喫したPHI ここで東の雄に足る実力を証明できるか

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18sacphi01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1513655146/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1509565332/0-

12月19日(日本時間20日)にウェルズ・ファーゴ・センターで行なわれたサクラメント・キングス対
フィラデルフィア・76ersの一戦は、ザック・ランドルフが27得点と活躍し、キングスが101-95で勝利した。

36歳のランドルフは19本中12本のシュートを決め、27得点、5リバウンドと大活躍。
加えて、バディ・ヒールドが24得点、フランク・メイソン三世が16得点をマークしたキングスは、
後半16点差からの逆転勝利を収めた。

キングスのデーブ・イェーガーHCは「ザックがきっかけを作り、我々を導いてくれた」とランドルフを絶賛した。

「彼は本当に、本当に素晴らしかった」。

ランドルフ自身もベテランリーダーとしてチームを率いているのを楽しんでいる様子で、
チームについて「とても仲が良いよ」と話した。

「この子たちは全力で頑張っていて、それがコート上で現れている。彼らを信頼しているよ」。

試合残り9分48秒でヒールドが3ポイントショットを決め、キングスが79-78とリードを奪取。
同じくベテラン選手であるビンス・カーターがフルコートのパスでギャレット・テンプルの
レイアップをお膳立てし、残り4分18秒でキングスが92-86とリードを広げた。

76ersもベン・シモンズのドライブからの得点などで92-96まで追い上げたが、
その後のフリースローを外してしまい、反撃は消沈してしまった。

シモンズが13得点、12リバウンド、9アシストと活躍した76ersだったが、
センターのジョエル・エンビードの不在が響き、ここ8試合で7敗目を喫している。



「【NBA】SACにも敗れ、ここ8試合で7敗目を喫したPHI ここで東の雄に足る実力を証明できるか」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/21(木) 10:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

漢ロバーソン、やらかした責任は自ら取る!OKCがPHIとの3rdオーバータイムを制し、5割復帰

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18okcphi01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1513236084/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1513391043/0-

12月15日(日本時間16日)にウェルズ・ファーゴ・センターで行なわれたオクラホマシティ・サンダー対
フィラデルフィア・76ersの一戦は、サンダーがトリプルオーバータイムの末、119-117で勝利した。

第2オーバータイムでも決着がつかなかった一戦は、第3オーバータイム残り9.6秒にアンドレ・ロバーソンが
ねじ込んだレイアップにより終止符が打たれた。ロバーソンは第2オーバータイム終了直前に
レイアップをミスしたものの、決勝点をアシストしたラッセル・ウェストブルックは「彼を信じた」と語った。

第3オーバータイムには、76ersのジョエル・エンビードが、ファウルアウトになったサンダーの
スティーブン・アダムズに向かって手を振る行為を見せた。これに対しウェストブルックは、試合終了後、
そのエンビードに向かって笑顔で手を振り、やり返した。試合後、この行為について聞かれた
ウェストブルックは「彼には『家に帰れ』と言ったんだよ」と、話している。

サンダー(14勝14敗)は、ウェストブルックが27得点、18リバウンド、15アシストで今季10回目の
トリプルダブルを達成したほか、カーメロ・アンソニーとポール・ジョージがそれぞれ24得点で勝利に貢献した。

直近6試合で5敗目を喫した76ers(14勝14敗)は、エンビードが34得点、8リバウンド、JJ・レディックが19得点、
ジェリッド・ベイレスが14得点、ダリオ・サリッチが16得点、8リバウンド、ベン・シモンズが12得点、9リバウンド、
11アシスト、4スティールをあげている。



「漢ロバーソン、やらかした責任は自ら取る!OKCがPHIとの3rdオーバータイムを制し、5割復帰」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/16(土) 23:36:02|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

【NBA】ターンオーバーだらけのPHIと、スリーが全く入らないMIN 延長で辛勝のPHIが連敗ストップ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18phimin01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1513100681/0-

 NBAは12日に各地で7試合を行い、76ersは敵地ミネアポリス(ミネソタ州)でティンバーウルブスを
延長の末に118―112(前半48―51、延長18―12)で下して14勝13敗。連敗を4でくい止めた。

 腰痛を訴えていたセンターのジョエル・エンビード(23歳)が3試合ぶりに復帰して28得点と
12リバウンドをマーク。第4Qの残り14・8秒で巡ってきたフリースローを2本とも決めて同点とし、
延長では7得点を稼いで勝利に貢献した。

 ティンバーウルブスは16勝12敗。ジミー・バトラー(28歳)が今季自己最多の38得点をマークしたが
延長では3得点に終わった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000126-spnannex-spo


「【NBA】ターンオーバーだらけのPHIと、スリーが全く入らないMIN 延長で辛勝のPHIが連敗ストップ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/14(木) 07:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【NBA】終盤CLE相手にリードながらクローズには一枚足りず敗戦のPHI 主力のコビントンも負傷か

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
2394.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1512872631/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1512752213/0-

12月9日(日本時間10日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行なわれたフィラデルフィア・76ers対
クリーブランド・キャバリアーズの一戦は、レブロン・ジェームズがトリプルダブル(30得点、13リバウンド、
13アシスト)の大活躍を見せ、キャブズが105-98で勝利した。

前日に試合を行なったインディアナポリスからの飛行機が遅れた関係で、試合当日の午前4時に
クリーブランドに到着した影響により、キャブズは試合開始から76ersに18-7のランを許したほか、
二桁のビハインドを背負ってしまう。

第1クォーター終了までに逆転するも、第4Qに再び76ersにリードを奪われたキャブズだったが、
チームが最後に記録した22得点すべてにジェームズが絡む活躍を見せてチームを引っ張り、
ホームで勝利を収めた。

ジェームズは「今日は大きな勝利」と、試合後に語っている。

「昨夜からの出来事を考えれば、今日という1日は目茶苦茶。でも、誰もそんなことは気にしない。
自分たちはプロとしてプレイした。全員が力を出し尽くしたし、相手のプレイにも反応できた。
それだけ強い決意を持って臨めた」。

キャブズ(19勝8敗)は、ジェームズのほかドウェイン・ウェイド、カイル・コーバー、
ジェフ・グリーンがそれぞれ13得点、ジェイ・クラウダーが12得点で勝利に貢献した。

3連敗の76ers(13勝12敗)は、ロバート・コビントンとJJ・レディックがそれぞれ19得点、
ダリオ・サリッチが17得点、9リバウンド、6アシスト、ベン・シモンズが14得点、10アシストをあげている。



「【NBA】終盤CLE相手にリードながらクローズには一枚足りず敗戦のPHI 主力のコビントンも負傷か」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/11(月) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
  次のページ

最新記事

【NBA】SACホーム同点から、ウェストブルックがブザービーター!TDも達成し幸先の良いスタートに
【NBA】接戦の終盤、入らないスリーに、レブロン、レブロン…4位WASに惜敗したCLE、差は0.5ゲーム
【NBA】SASのエース、カワイ・レナード 今季中の復帰は難しいか チームの50勝到達にも赤信号
【07-08シーズン NBAファイナル回顧】 レイカーズ-セルティックス〇 第6戦終了間際~終了後
【NBA】オールスターにてアメリカ国歌を披露したファーギー、SNS等からの非難を受け謝罪を表明
【NBA】おつかれジミー・バトラー?オールスター本戦で唯一の出場時間なし
NBAオールスター ディフェンスを締め、チームを、試合を盛り上げ続けたレブロンが3度目のMVP
ダンクコンテストの裏で、カーター、ラビーン、ゴードンの評価が勝手に上がっていくシステムが構築
スラムダンクコンテスト ナンスJrとの決勝で、ビンスカーターの再現ダンクを決めたミッチェルが優勝
【NBA】不調者が相次いだスリーポイントコンテスト 最後に28ポイントでデビン・ブッカーが見事優勝
【NBA】ライジング・スターチャレンジ チームワールドの大勝で、3Pを7本決めたボグダノビッチがMVP
【NBA】血栓症により事実上の現役引退となっていたクリス・ボッシュ 現役復帰を示唆
MILとDEN、2人の化け物エースが揃ってトリプルダブル しかし試合をより支配したのはDENヨキッチ

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング