【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


Powered By 画RSS
  次のページ

【NBA】薄いロスターの中、D.グリーンが攻守でチームを引っ張り、PHIからの4連敗をなんとか回避

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17phigsw01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1489424518/

3月14日(日本時間15日)にオラクル・アリーナで行なわれたフィラデルフィア・76ers対ゴールデンステイト・
ウォリアーズの一戦は、この日が29歳の誕生日だったステフィン・カリーが29得点、6リバウンド、
5アシストを記録し、ウォリアーズが106-104で競り勝った。

第3クォーターに最大16点差をつけられたウォリアーズだが、78-90と12点ビハインドで迎えた第4Qに反撃。
この日もショットに苦しんでいたカリーが、残り5分38秒と残り3分42秒に勝ち越しとなる3ポイントショットを決める。

残り56秒にドレイモンド・グリーンが2本のフリースローを沈めたウォリアーズは、
106-104と2点リードで迎えた残り2.6秒、ダリオ・サリッチが意図的に外した
FTのリバウンドをカリーが手にして逃げ切った。

連敗を3で止めたウォリアーズ(53勝14敗)は、サンアントニオ・スパーズに0.5ゲーム差をつけて単独首位。
クレイ・トンプソンが28得点、グリーンがFT11本で20得点、8アシスト、8リバウンド、6ブロックをマークしている。

カリーはFG23本中8本成功、3P13本中5本成功。この日を含めた8試合の3Pは89本中26本という数字だが、
トンプソンは「近いうちに大きく殻を破る試合がくるさ」と心配していない。

「ショットが外れるのは5月や6月より今のほうがいい」。

スティーブ・カー・ヘッドコーチも「私はステッフが絶対にショットを打つのをやめず、
決して自信を失わないのが好きなんだ」と、終盤に大事な3Pを決めたエースを称賛した。

「まさしくそれがスターだ。調子が良くない日でも、チームが勝つ助けとなるビッグショットを決めるのさ」。

ウォリアーズ戦で8連敗の76ers(24勝43敗)は、サリッチが25得点、7リバウンド、6アシスト、
ジャリル・オカフォーが22得点、6リバウンド、4ブロックを記録。

ブレット・ブラウンHCは「傷つくよ」と逆転負けに落胆した。

「ロードで素晴らしい勝利を手にできる位置にいたんだが」。



「【NBA】薄いロスターの中、D.グリーンが攻守でチームを引っ張り、PHIからの4連敗をなんとか回避」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/15(水) 23:30:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【NBA】PHIジョエル・エンビード 結局膝の状態悪化で今季終了…そして混沌とする新人王

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
embii.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1488441518/

 フィラデルフィア・セブンティシクサーズのセンター、ジョエル・エンビードが、
半月板損傷などの左ひざのケガにより、今季の残り試合を欠場することが決まった。

 エンビードは1月27日の試合を最後に、戦列を離れていた。
チームは先日、同選手が今週中に復帰できそうだと述べていたが、2月27日のMRI検査で、
当初の診断結果よりも半月板の状態が悪いことが判明。これを受け、今季終了の決断を下した。
骨挫傷は回復に向かっているという。

 2014年ドラフト全体3位指名のエンビードは、右足の故障で最初の2シーズンを全休。
今季待望のデビューを果たし、31試合で20.2得点、7.8リバウンドをマークするなど、
オールスター候補にもあげられていた。

 ケガの予防のためプレータイムが30分以下に制限されるなか、31試合中19試合で20得点以上、
ダブルダブル9回、12試合で3ブロック以上、ビッグマンながら37%のスリーポイントシュート成功率をマーク。
ブレット・ブラウンHCは、「エンビードは今後長く続く成功の、まだ初期段階にいる」とし、
今は治療に専念すべきとの考えを示した。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000314-ism-spo


「【NBA】PHIジョエル・エンビード 結局膝の状態悪化で今季終了…そして混沌とする新人王」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/03(金) 12:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

【NBA】マイアミ・ヒート 76ersに敗れ、連勝は13でストップ プレイオフに向けて仕切り直し

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17miaphi01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1476377979/

 NBAは11日に各地で8試合を行い、ヒートは敵地フィラデルフィアで76ersに
109―117(前半48―54)で敗れて1月17日のロケッツ戦から続いていた連勝は13でストップ。
ガードのゴラン・ドラギッチ(30)が30得点、フォワードのジェームズ・ジョンソン(29)が
前夜のネッツ戦に続いて26得点を挙げたが、29日ぶりの黒星を喫して24勝31敗となった。

 76ersはナーレンズ・ノエル(22)を含め3人が19得点を稼ぎ、7人が2ケタ得点を記録。
左膝を痛めている新人センターのジョエル・エンビード(22)は9試合連続の欠場となったが、
チーム一丸となって勢いに乗っていたヒートを倒した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000115-spnannex-spo


「【NBA】マイアミ・ヒート 76ersに敗れ、連勝は13でストップ プレイオフに向けて仕切り直し」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/12(日) 23:50:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【NBA】ハーデンが51得点13リバウンド13アシスト!好調シクサーズもお手上げのパフォーマンス

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17phihou01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1485563480/

 NBAは27日に各地で10試合を行い、ロケッツのジェームズ・ハーデン(27歳)が
敵地フィラデルフィアで行われた76ers戦で51得点、13リバウンド、13アシストをマーク。
今季14回目のトリプルダブルを達成して123―118(前半61―61)での勝利に貢献した。

 ハーデンは12月31日のニックス戦でも53得点、16リバウンド、17アシストを記録。
50得点以上でシーズン2度のトリプルダブルを達成したのはNBA史上初めての快挙となった。

 ロケッツはこのカードで7連勝を飾って35勝15敗。76ersはジョエル・エンビード(22歳)が
32得点を稼いだものの惜敗。3連勝を逃して17勝28敗となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000118-spnannex-spo


「【NBA】ハーデンが51得点13リバウンド13アシスト!好調シクサーズもお手上げのパフォーマンス」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/28(土) 23:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【NBA】エンビードを欠くシクサーズ グリフィン復帰のLACに、最大19点差からの逆転勝利!

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17lacphi01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1485228628/

 フィラデルフィア・セブンティシクサーズは現地24日、ブレイク・グリフィンが復帰した
ロサンゼルス・クリッパーズを121対110で退けた。センターのジョエル・エンビードが
左ひざの打撲で欠場したが、ナーレンズ・ノエルが19得点、リショーン・ホームズが18得点をマークし、
西の強豪から大金星を挙げた。

 試合は前半に19本中12本のスリーポイントシュートを沈めたクリッパーズが、
第3Qに19点リードを奪ったが、シクサーズも負けじと反撃を開始。ノエルがアリウープ、
セルヒオ・ロドリゲスが速攻からのレイアップシュートを決め87対86と逆転に成功すると、
第4Qも勢いを緩めずに点差を広げた。シクサーズが19点ビハインドから逆転勝ちするのは、
2014年12月23日のマイアミ・ヒート戦以来初のこと。

 ホームズは「毎日の努力の成果がコートで現れ始めている」と、手応えを感じていた。

 クリッパーズはオールスター5回出場のグリフィンが、ひざの手術から12月18日以来の復帰。
離脱前の26試合は平均21.2得点、8.8リバウンド、4.7アシストだったが、この日はフィールドゴール(FG)
11本中3本の成功で12得点にとどまった。

 シックスマンのジャマール・クロフォードがスリー6本成功でチーム最多の27得点、
JJ・レディックが22得点で続いた。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000313-ism-spo


「【NBA】エンビードを欠くシクサーズ グリフィン復帰のLACに、最大19点差からの逆転勝利!」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/26(木) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  次のページ

最新記事

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
女ニートがNBAについて語るブログ
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
ギコあんてな!
あんてなパン
つべこアンテナ
アンテナシェア
ムササビあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS
フットボール速報
働くモノニュース

カウンター

逆アクセスランキング