【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】連鎖するオールスタープレイヤーの受難 NYKクリスタプス・ポルジンギスが前十字靭帯断裂

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
porgi.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1517821046/0-

2月6日(日本時間7日)、ニューヨーク・ニックスがミルウォーキー・バックスに敗れた試合で、
ニックスのフォワードであるクリスタプス・ポルジンギスが左ひざの前十字靭帯を断裂したとチームが発表した。

ポルジンギスは、第2クォーター途中にダンクから不自然な形で着地したときに負傷した。
彼は痛みからすぐさま左脚を抑え、チームメイトの肩を借りてコートを離れた。

NBA3年目のポルジンギスは今シーズン、平均22.9得点、6.7リバウンド、そしてリーグトップとなる
2.4ブロックを記録しており、チーム・レブロンの一員としてオールスターゲームに初めて選出されていた。



「【NBA】連鎖するオールスタープレイヤーの受難 NYKクリスタプス・ポルジンギスが前十字靭帯断裂」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/08(木) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【NBA】借金5となり、PO出場が危ぶまれてきた新生NYK ポルジンギスも序盤の勢いはなく 

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18nyklal01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1516294066/0-

1月21日(日本時間22日)にステイプルズ・センターで行なわれたニューヨーク・ニックス対
ロサンゼルス・レイカーズの一戦は、堅守速攻で試合をコントロールしたレイカーズが、127-107で勝利した。

ホーム5連勝とした試合後、ルーク・ウォルトン・ヘッドコーチは「ハーフタイムには、
ディフェンスについてだけ選手たちに伝えた」と語った。

「ホームで連勝中、チームの守備は非常に良い」。

直近8試合で6勝を記録したレイカーズ(17勝29敗)は、ジョーダン・クラークソンが29得点、10アシスト、
ジュリアス・ランドルが27得点、12リバンド、カイル・クーズマが15得点で勝利に貢献。
ロンゾ・ボールは左ひざ痛で4試合連続の欠場となった。

敗れたニックス(21勝26敗)は、ティム・ハーダウェイJr.とクリスタプス・ポルジンギスがそれぞれ17得点、
コートニー・リーが16得点をあげている。



「【NBA】借金5となり、PO出場が危ぶまれてきた新生NYK ポルジンギスも序盤の勢いはなく 」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/01/23(火) 12:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

【NBA】ポルジンギス1得点!ビーズリー32得点!表示ミスを疑うような状況で、NYKがBOSに快勝

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18bosnyk01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1513773513/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1513913286/0-

12月21日にマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれた試合で、ニックスは東カンファレンス首位の
セルティックスを102-93で破る金星を挙げた。この試合でマイケル・ビーズリーは、シーズンハイとなる
32得点に加えて12リバウンドの活躍で勝利に貢献。
試合後に「いつから自分の得点力を感じるようになった?」と質問されると、「1989年1月9日から」と答えた。
これは彼の誕生日。つまり「生まれながらのスコアラーだ」と言いたいのだ。

このコメントだけを聞くと、素行に問題を抱えていた過去のビーズリーのままではないか、
という印象を受けるかもしれない。だが、来月29歳になるビーズリーは変わった。
「俺はチームのためにやっている。どういう形であれ、チームに必要なことをする。
それが得点だろうと、リバウンドだろうと、ディフェンスだろうと、俺は自分のベストを尽くすよ」と語る。

つまらないプレーをすれば、ホームであっても容赦なくブーイングを飛ばされる中、ニックスファンは、
第4クォーターだけで18得点を決めたビーズリーを「MVP!」チャントで称えた。
試合後、声援について聞かれたビーズリーは「うれしいけれど、あれは本来KP(クリスタプス・ポルジンギス)
のためのもの」と謙遜し、かつてのトラブルメーカーとは別の顔を見せた。

そのポルジンギスは3試合ぶりに出場したが、リズムをつかめずフィールドゴール11本すべてをミス。
「ビーズリーに助けられた」と話している。エースの不調は気になるところだが、
それでも強豪相手に勝ったことは、チーム力の底上げを示す良いサインだ。
ビーズリーの他、エネス・カンターが14得点10リバウンド、コートニー・リーとジャレット・ジャックが
それぞれ12得点を記録した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00010012-basket-spo


「【NBA】ポルジンギス1得点!ビーズリー32得点!表示ミスを疑うような状況で、NYKがBOSに快勝」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/12/23(土) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ツインタワー欠場のNYK ビーズリーが30得点でけん引も、2ndまで得点に絡んだHOUが逆転勝利

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18nykhou01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1511406691/

11月25日(日本時間26日)にトヨタ・センターで行なわれたニューヨーク・ニックス対ヒューストン・ロケッツは、
試合を通じて18本(47本中)の3ポイントショットを成功させたロケッツが、117-102で勝利した。

第1クォーター終了時点で二桁のビハインドを背負ったロケッツだったが、第3Qはニックスの得点を
わずか13点に抑えて逆転し、4連勝をマークしている。

ジェームズ・ハーデンは、合計44得点を記録したセカンドユニットを称え「これがチームにとって大事なこと。
いつも先発の調子が良いわけではないからね」と、語った。

「ベンチが力を与えてくれて、それで相手との点差を少しずつ縮められた。
後半、特に第3Qは守備が機能して、ショーを見せられたよ」。

ロケッツ(15勝4敗)は、ハーデンが37得点、10アシスト、ライアン・アンダーソンが17得点、
トレバー・アリーザが16得点、クリント・カペラが12得点、15リバウンド、ネネが10得点、
クリス・ポールが13アシストを記録した。

敗れたニックス(10勝9敗)は、マイケル・ビーズリーが今季自己最多となる30得点、カイル・オクインが20得点、
15リバウンド、コートニー・リーが17得点をあげている。クリスタプス・ポルジンギスとエネス・カンターは、
腰痛で欠場した。



「ツインタワー欠場のNYK ビーズリーが30得点でけん引も、2ndまで得点に絡んだHOUが逆転勝利」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/26(日) 20:13:07|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

レブロンへのブーイングが飛び交い敗色濃厚な中、スリーの雨あられでCLEがNYKに大逆転勝利

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18clenyk01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1510625817/
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1510460807/

【AFP=時事】17-18NBAは13日、各地で試合が行われ、クリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)は
エースのレブロン・ジェームズ(LeBron James)が23得点12アシスト9リバウンド、ベンチから出場した
カイル・コーバー(Kyle Korver)が21得点を記録し、ニューヨーク・ニックス(New York Knicks)に
104-101で逆転勝ちを収めた。

 第3クオーターに一時は20点以上の差をつけられていたキャバリアーズは、第4クオーターに入ると
92-97の場面から猛攻を開始。試合時間残り1分23秒でジェームズがフェイダウェーで3ポイントシュートを沈めて
100-97とし、25-24でリードしていた第2クオーター以降では初めて試合の主導権を奪い返した。

 レギュラーシーズンの年間最優秀選手(MVP)に通算4度選出されているジェームズについて、
コーバーは「彼の守備が流れを変えたと思う。彼は常にペイントエリアに入ってプレーを組み立てる。
そこが彼の特別なところだ。彼は何でもできるということを、第4クオーターで示した」とコメントした。

 試合終盤に2本の3ポイントシュートを決めたコーバーは、終了間際にも4本のフリースローを沈め、
ニックスのクリスタプス・ポルジンギス(Kristaps Porzingis)とティム・ハーダウェイJr.(Tim Hardaway Jr.)
による終盤の得点を帳消しにした。

 キャバリアーズはジェームズが最後に2本のフリースローを失敗したものの、ジェフ・グリーン(Jeff Green)が
オフェンスリバウンドに成功してニックスに同点のブザービーターを打たせなかった。

 キャバリアーズはベンチスタートのドウェイン・ウェイド(Dwyane Wade)も15得点を記録。
対するニックスは、ハーダウェイJr.がチーム最多の28得点、ポルジンギスが20得点を記録した。

 この試合の序盤には、ニックスの新人フランク・エンティリキーナ (Frank Ntilikina)を小突いた
「キング」ジェームズに対し、センターのイネス・カンター(Enes Kanter)が顔を突き合わせて
立ちふさがるという場面があり、試合後も両者の間では舌戦が続いた。

 カンターは「ルーキーに向かって、あんなふうにけんかを売ってはならない。大人とやり合え。
自称キングだろうが、クイーンだろうが、プリンセスだろうが、俺たちをばかにするな」と発言。
これに対してジェームズは、「俺たちの勝利だ。それに、あいつの名前に触れることは二度とない」
とコメントした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000030-jij_afp-spo


「レブロンへのブーイングが飛び交い敗色濃厚な中、スリーの雨あられでCLEがNYKに大逆転勝利」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/14(火) 23:27:03|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34
  次のページ

最新記事

ヒルが安定させ、TTがリバウンドを取り、コーバーがブロック 役者が期待通りの仕事でCLE2勝目
【NBA】ウエスタンカンファレンスファイナル ウォリアーズvsロケッツ 3回戦所見
【NBA】復活のカリー スリー5本、35得点の活躍で、チームを、オラクルを沸かす GSW大勝
【NBA】イースタンカンファレンスファイナル キャバリアーズvsセルティックス 3回戦所見
【NBA】レブロンに依存せずディフェンスを締め、ボールをシェアしたCLE 直近とは一転BOSを粉砕
【バスケット】八村塁(ゴンザガ大)をバスケ日本代表に招集 救世主として期待
【NBA】HOU-GSW 1-1タイで、舞台をオラクルアリーナに移す第3戦以降の見解
【NBA】GSWとBOSのファイナルが実現したら、BOSは王者とどの程度やり合えるのか
【NBA】ウエスタンカンファレンスファイナル ウォリアーズvsロケッツ 2回戦所見
【NBA】アリーザ、タッカー、ゴードンらが存在感を発揮!愚直にカリーを攻め続け、GSWに大勝
NBAドラフトロッタリー 全体最下位のサンズが1位指名権獲得!2位キングス、3位ホークス
【NBA】イースタンカンファレンスファイナル キャバリアーズvsセルティックス 2回戦所見
【NBA】BOSが2連勝!荒れ気味の試合を安定させ続けたホーフォード、反面無得点の戦犯JR

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング