FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】TORに前半での30点近いビハインドから、ラスト2分で1ポゼまで詰めるも、ラウリーに突き放されOKC惜敗

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
4413.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1579013440/0-

ラプターズ(26勝14敗)130―121*サンダー(23勝18敗)



「【NBA】TORに前半での30点近いビハインドから、ラスト2分で1ポゼまで詰めるも、ラウリーに突き放されOKC惜敗」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/01/16(木) 23:59:33|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

共にエースを欠く中、TORがDALからチーム史上初となる30点差からの大逆転!ラウリーが最終Qだけで20得点

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
20daltor01.jpeg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1576992418/0-

 NBAは22日に各地で5試合を行い、王者ラプターズは地元トロントでマーベリクスに110―107(前半42―51)
で競り勝って21勝8敗。第3Qの残り2分55秒で53―83と30点差を追う絶望的な展開だったが、
この日32得点をたたき出したガードのカイル・ラウリー(33)が第4Qだけで20得点をマークして流れを変えた。

 第4Qの6分30秒には95―95。30点差をわずか9分25秒間で追いつくという“超高速”の反撃だった。
残り32・2秒に再逆転を許したものの、残り25・8秒に自己最多の21得点を記録した
フォワードのクリス・ブーシェイ(26)のダンクで108―107。
そのブーシェイが残り1・6秒にフリースローを2本とも成功させて勝負を決めた。

 30点差の逆転勝利はラプターズのチーム最大点差記録。NBAで30点差をはねのけて白星を挙げたのは、
2009年12月21日にブルズを102―98で下したキングス(最大35点差=第3Qの3分10秒で44―79)以来、
10年ぶりとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000143-spnannex-spo


「共にエースを欠く中、TORがDALからチーム史上初となる30点差からの大逆転!ラウリーが最終Qだけで20得点」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/12/23(月) 18:29:47|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

【NBA】レナードがトロントの祝福の中、リング授与 試合はPGの不調を層の厚さでカバーし、王者に勝利

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
20lactor01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1576123276/0-

 NBAは11日に各地で11試合を行い、クリッパーズは敵地トロントで昨季王者のラプターズを
112―92(前半64―46)で退けて3連勝で19勝7敗。昨季のファイナルでラプターズを初優勝に導き、
MVPとなったあとにクリッパーズに移籍したカワイ・レナード(28)は試合前にチャンピオン・リングを授与された。

 試合は第2Qでクリッパーズが37―14と一気に流れを変えて敵地で快勝。
レナードは終始ダブルチームによる圧力をかけられながらも23得点をマークして勝利に貢献した。

 ラプターズは16勝8敗。ホームでは今季チーム初の開幕9連勝を飾ったが、その後は3連敗となった。
レナードに代わる新・大黒柱のパスカル・シアカム(25)が24得点をマーク。
しかし得点源でもあるガードのカイル・ラウリー(33)は放った7本の3点シュートを
すべて失敗して6得点に終わった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000178-spnannex-spo


「【NBA】レナードがトロントの祝福の中、リング授与 試合はPGの不調を層の厚さでカバーし、王者に勝利」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/12/13(金) 07:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

【NBA】シアカムが第1Qから19得点、前半40点差の惨劇も、後半奮闘したUTAが大敗の粉飾には成功

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
20utator01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1575244659/0-

876: 2019/12/02(月) 08:08:03.16

さて、TOR-UTAを観ようか

TORは今日のUTAから、MIA、HOU、PHI、CHI、LACと続く前半の山場に入る


「【NBA】シアカムが第1Qから19得点、前半40点差の惨劇も、後半奮闘したUTAが大敗の粉飾には成功」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/12/03(火) 07:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

【NBA】レナードがLAC移籍後、初の古巣との激突 シュートが低調な中での激しい守り合いをLACが制す

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
20torlac01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1573533445/0-

 昨季のファイナルでラプターズを初優勝に導いてMVPとなったカワイ・レナード(28)はクリッパーズ移籍後、
初めて古巣と対戦。フィールドゴール(FG)の成功は11本中2本で、
ターンオーバーを9回犯すなどミスの多い内容となったが、それでも12得点、11リバウンド、
9アシストをマークしてチームをけん引した。

 クリッパーズは地元ロサンゼルスで98―88(前半51―46)で昨季の王者を下して7勝3敗。
レナードの得点は伸び悩んだが、ルー・ウィリアムス(33)が21得点、
モントレズ・ハレル(25)が14得点と11リバウンドを記録するなど、
ベンチスコアでは56―35と圧倒して第4Qを25―10として逆転した。

 レナードが移籍し、さらにカイル・ラウリー(33)とサージ・イバカ(30)の両主力を欠く
ラプターズの連勝は3で止まって7勝3敗。パスカル・シアカム(25)は16得点と10リバウンド、
6アシストをマークしたが、FG成功は17本中6本にとどまった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000160-spnannex-spo


「【NBA】レナードがLAC移籍後、初の古巣との激突 シュートが低調な中での激しい守り合いをLACが制す」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/11/12(火) 19:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
  次のページ

最新記事

【NBA】最終Qでバークス、延長でリーの放った逆転3Pは共に外れ ヨキッチは安定の44分出場でGSWに辛勝
【NBA】イングラムのブザービーターは叶わずも、延長で悪い流れを断ち切り勝ちきったNOP UTAは10連勝でストップ
【NBA】MINのジェフ・ティーグ、グラハム⇔ATLアレン・クラブがトレード ティーグは古巣復帰、MINはラッセル獲得狙いか
【NBA】八村はシカゴ遠征に帯同 試合はWASの新スタメンがゲームを引っ張れず、CHIに敗戦
【NBA】BKNがPHIに敗戦 カイリー・アービングはFG28.6%、マイナス29と、復帰後未だフィットできず
【NBA】マーケル・フルツがクラッチ含むトリプルダブルで、LALを撃破!LALは2本のダンクミスが響く
【NBA】TORに前半での30点近いビハインドから、ラスト2分で1ポゼまで詰めるも、ラウリーに突き放されOKC惜敗
【NBA】ヤニスに負けじと、レナードも29分で43得点 なおトリスタン・トンプソンは24分で無得点
【NBA】ヤニスが21分出場で驚異の37得点…これはヤニス獲得を狙うニックスの接待である可能性も
【NBA】序盤の低調はどこへやら、UTAが西2位に浮上!BKNはカイリー32得点も勝利に届かず
【NBA】示したのは、モラントの本物感と、MEMの未来 HOUに快勝したMEMが6連勝!なお渡邊は出場せず
Gリーグ渡邊雄太がウォリアーズ戦で31分出場19得点10リバウンド 今季初のダブルダブル!
【NBA】ザイオン・ウィリアムソン 最終Qのクラッチタイムでおねむになる(なおチームは勝利)

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング