【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】血栓症により事実上の現役引退となっていたクリス・ボッシュ 現役復帰を示唆

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
bosh4.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1518676254/0-

元NBAオールスターのクリス・ボッシュは、血栓症により2015-16シーズンを最後にプレイしていない。
健康面の状態が気がかりながらも、ボッシュは復帰の可能性を模索し続けている。

ボッシュは、『ESPN』の『First Take』に出演した際「今もジムで練習している。
まだバスケットボールがプレイできるよ。まだ終わっていない。復帰するために努力しているんだ」と語った。

ボッシュが今季のプレイオフに出場するためには、3月1日(日本時間2日)までに
チームと契約を結ぶ必要がある。強豪との契約を希望しているボッシュは、
契約先のトップ3候補にヒューストン・ロケッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、
古巣トロント・ラプターズをあげている。

復帰すれば再び体調が悪化するのではないかという周囲の懸念については、ボッシュ本人も理解している。
しかし本人は、命を危険に晒すつもりはないと言う。

ボッシュは『First Take』で「自分の命を危険に晒すつもりはない。復帰すれば周りは心配すると思う。
でも、命の危険が伴う事態にはならない」と語った。

昨年11月、ボッシュは現役選手として前に進む可能性を残すと話した。2014-15シーズンに44試合に
出場したボッシュは、オールスターブレイク中に血栓が見つかり、残り試合を欠場。
翌シーズンに復帰し53試合に出場したものの、トロントで開催された2016 NBAオールスターゲームに
出場するため現地入りした直後、再び血栓が発見された。

それから1試合にも出場していないボッシュは、NBAキャリア13年でラプターズとヒートに所属し、
平均19.2得点、8.5リバウンドという成績を残している。



「【NBA】血栓症により事実上の現役引退となっていたクリス・ボッシュ 現役復帰を示唆」 の続きを読む


  1. 2018/02/17(土) 15:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

【NBA】トロント・ラプターズが、東の単独首位に躍り出る!しかしあまり注目されていない模様

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18torcha01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1518229220/0-

509: 2018/02/12(月) 07:56:09.42

TOR1位独走おめぇぇぇ



「【NBA】トロント・ラプターズが、東の単独首位に躍り出る!しかしあまり注目されていない模様」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/13(火) 15:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【NBA】東の首位攻防は、カイリー復帰のBOSからTORが大勝 ラウリーがスリー6本の23得点

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18bostor01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1517821046/0-

2月6日(日本時間7日)にエアカナダ・センターで行なわれたボストン・セルティックス対
トロント・ラプターズの一戦は、カイル・ラウリーが23得点と活躍し、ラプターズが111-91で大勝した。

ラウリーのほかにCJ・マイルズが20得点、デマー・デローザンが15得点したラプターズは、
この勝利で首位セルティックスに1ゲーム差まで迫っている。
一方のセルティックスは連勝を4で止められてしまった。

この試合で怪我から復帰したカイリー・アービングは「やられてしまった」と悔しさをにじませた。

「序盤であれだけやられて、そこからも続けて攻撃されると倒されてしまう。いいチームはそれができる」。

四頭筋の怪我でここ3試合を欠場していたアービングは、22分の出場で17得点をあげた。

第1クォーターを22-18のリードで終えたラプターズは、第2クォーターにはベンチメンバーがリードを広げた。
ラプターズは同クォーターで19本中13本のシュートを決め、ハーフタイムを58-37の大差で迎えた。
ラウリーもそんなベンチメンバーの活躍を褒め称えた。

「我々は2つのチームを持っているといっても過言ではない。それが強みになっている」。



「【NBA】東の首位攻防は、カイリー復帰のBOSからTORが大勝 ラウリーがスリー6本の23得点」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/02/08(木) 13:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

【NBA】大黒柱バトラーを欠いたMIN それでもチームとして一皮剥けた、強豪TORからの大きな1勝

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18tormin01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1516461026/0-

1月20日(日本時間21日)にターゲット・センターで行なわれたトロント・ラプターズ対
ミネソタ・ティンバーウルブズの一戦は、アンドリュー・ウィギンズが後半だけで22得点を記録し、
ウルブズが115-109で勝利した。

ジミー・バトラーがひざの負傷で欠場し、カール・アンソニー・タウンズもファウルトラブルに苦しんだ中、
ウィギンズがチームを勝利に導いた。試合後ウィギンズは「うちにはプレイを熟知した選手が多い」と語った。

「これがNBAの試合。誰かがけがをしても、代わりにステップアップする選手がいる。うちは良いチーム。
ステップアップして、プレイを決められる選手がいる」。

ウルブズ(30勝18敗)は、ウィギンズが29得点、タウンズが22得点、10リバウンド、
タージ・ギブソンが14得点を記録した。

敗れたラプターズ(31勝14敗)は、カイル・ラウリーが今季自己最多の40得点、
デマー・デローザンが20得点をあげている。



「【NBA】大黒柱バトラーを欠いたMIN それでもチームとして一皮剥けた、強豪TORからの大きな1勝」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/01/22(月) 14:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【NBA】負けて名を上げたTOR GSW相手の27点ビハインドにも屈せず、最後まで戦い続ける

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18gswtor01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1515897649/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1515810074/0-

 NBAは13日に各地で7試合を行い、リーグ全体で首位を走るウォリアーズは敵地トロントで
東地区全体2位のラプターズを127―125(前半81―54)で振り切って35勝9敗。
ロードで12連勝、このカードでは8連勝を飾った。

 ただし最大27点のリードを奪いながら第4Qに1点差まで詰め寄られるなど苦戦。
123―122で迎えた残り45秒には、足首の捻挫から3試合ぶりに復帰したステフィン・カリー(29歳)が、
成功率92・6%(今季)を誇っていたフリースローを2本とも外すなど、土壇場ではもがき苦しんだ。

 それでも残り21秒、この日25得点のケビン・デュラント(29歳)がジャンプシュートを決めて突き放して勝利。
カリーは24得点、クレイ・トンプソン(27歳)は26得点をマークした。

 ラプターズは29勝12敗。主力ガードのカイル・ラウリー(31歳)が尾てい骨を痛めて3試合連続で欠場したが、
デマー・デローザン(28歳)が38分の出場時間で42得点をたたき出すなど奮闘。
しかし最後の詰めを欠いてホームでは今季3敗目(15勝)を喫した。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000111-spnannex-spo


「【NBA】負けて名を上げたTOR GSW相手の27点ビハインドにも屈せず、最後まで戦い続ける」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/01/14(日) 21:12:58|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
  次のページ

最新記事

【NBA】SACホーム同点から、ウェストブルックがブザービーター!TDも達成し幸先の良いスタートに
【NBA】接戦の終盤、入らないスリーに、レブロン、レブロン…4位WASに惜敗したCLE、差は0.5ゲーム
【NBA】SASのエース、カワイ・レナード 今季中の復帰は難しいか チームの50勝到達にも赤信号
【07-08シーズン NBAファイナル回顧】 レイカーズ-セルティックス〇 第6戦終了間際~終了後
【NBA】オールスターにてアメリカ国歌を披露したファーギー、SNS等からの非難を受け謝罪を表明
【NBA】おつかれジミー・バトラー?オールスター本戦で唯一の出場時間なし
NBAオールスター ディフェンスを締め、チームを、試合を盛り上げ続けたレブロンが3度目のMVP
ダンクコンテストの裏で、カーター、ラビーン、ゴードンの評価が勝手に上がっていくシステムが構築
スラムダンクコンテスト ナンスJrとの決勝で、ビンスカーターの再現ダンクを決めたミッチェルが優勝
【NBA】不調者が相次いだスリーポイントコンテスト 最後に28ポイントでデビン・ブッカーが見事優勝
【NBA】ライジング・スターチャレンジ チームワールドの大勝で、3Pを7本決めたボグダノビッチがMVP
【NBA】血栓症により事実上の現役引退となっていたクリス・ボッシュ 現役復帰を示唆
MILとDEN、2人の化け物エースが揃ってトリプルダブル しかし試合をより支配したのはDENヨキッチ

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング