FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

フッドが負傷退場しても、外が壊滅的でも、なおペプシセンターで跳ね返した17点差 PORがDENを破りCF進出!

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
19porden01-e.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1557693700/0-
    http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1557617175/0-

737: 2019/05/13(月) 04:04:46.01

どちらが勝つにせよ面白い試合になって欲しい



「フッドが負傷退場しても、外が壊滅的でも、なおペプシセンターで跳ね返した17点差 PORがDENを破りCF進出!」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/13(月) 07:20:14|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

ディープスリーを決め続けたリラード、時にそのリラードにさえ託され応えたフッド POR-DENも第7戦へ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
19denpor01-d.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1557461552/0-
    http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1557392373/0-

 NBA西地区3位のトレイルブレイザーズは9日、地元ポートランド(オレゴン州)で地区準決勝シリーズの
第6戦に臨み、2位のナゲッツを119-108(前半58―54)で退けて3勝3敗。
東地区準決勝のラプターズ対76ers戦同様に勝負は最終第7戦にもつれこんだ。

 19年ぶりの地区決勝進出を狙うトレイルブレイザーズはデイミアン・リラード(28)が
6本の3点シュートなどで両軍最多の32得点、C・J・マッカラム(27)も30得点を記録するなど
先発のバックコート陣が活躍。さらにベンチから出たロドニー・フッド(26)がプレーオフ自己最多の
25得点を挙げれば、ゴンザガ大で八村塁(21)のチームメートだったフォワード兼センターの
ザック・コリンズ(21)が14得点と5ブロックショットをマーク。プレーオフでベンチ・プレーヤーが2ケタ得点と
ブロックショットを5本以上記録したのはコリンズがリーグ史上3人目となった。

 勝っていれば10年ぶりの地区決勝進出だったナゲッツは後半で流れを変えることができずに苦杯。
センターのニコラ・ヨキッチ(24)は29得点、12リバウンド、8アシストをマークしたが、
第4Qの残り53秒、6反則目を犯して退場となった。

 ガードのジャマール・マーリーは(22)は両軍最長の46分出場して24得点、10リバウンド、
5アシストをマーク。しかしトレイルブレイザーズのバックコート陣に振り回されて最後は勝機をつかめなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000136-spnannex-spo


「ディープスリーを決め続けたリラード、時にそのリラードにさえ託され応えたフッド POR-DENも第7戦へ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/11(土) 07:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

DENポール・ミルサップが24得点と存在感を発揮 PORは低調のリラードを他でカバーできず

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
19porden01-d.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1557272503/0-

 NBA西地区2位のナゲッツは7日、地元デンバーで準決勝シリーズの第5戦を行い、
3位のトレイルブレイザーズを124―98(前半65―47)で下して3勝2敗。
第3Q終了時点で28点差をつけて逃げ切り、10年ぶりの地区決勝進出にあと1勝と迫った。

 第3戦と第4戦でトリプルダブルを達成したセンターのニコラ・ヨキッチ(24)は34分出場して25得点と
チームのプレーオフ記録に並ぶ19リバウンド、さらに5アシストを稼いで勝利に貢献。
2試合連続で30得点以上をマークしていたガードのジャマール・マーリー(22)も第1Qが
無得点だったにもかかわらず18得点、ベテランのフォワード、ポール・ミルサップ(34)も
今ポストシーズンで自己最多の24得点を記録して相手に一度もリードを許さなかった。

 トレイルブレイザーズは今ポストシーズンで初めての連敗。デイミアン・リラード(28)は22得点を挙げたが、
チームのフィールドゴール成功率(36・7%)、3点シュート成功率(27・0%)、
フリースロー成功率(53・3%)はいずれも低調だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000125-spnannex-spo


「DENポール・ミルサップが24得点と存在感を発揮 PORは低調のリラードを他でカバーできず」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/09(木) 10:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

疲れと痛みの中踏ん張ったヨキッチ、クラッチバートン、FTを決めきったマレーと、役者が奮闘したDEN 2-2タイに

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
19denpor01-c.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1557094148/0-

NBA西地区2位のナゲッツはポートランド(オレゴン州)で行われた地区準決勝シリーズの第4戦で
3位で地元のトレイルブレイザーズを116―112(前半57―63)で下して2勝2敗。
第3戦ではNBAでは66年ぶりとなる第4延長におよぶ死闘の末に137―140で敗れたが、
中1日となった一戦で雪辱してホーム・アドバンテージを取り戻した。

 ナゲッツはガードのジャマール・マーリー(22)が与えられたフリースロー(FT)11本をすべて成功させて
34得点を挙げれば、センターのニコラ・ヨキッチ(24)は21得点、12リバウンド、11アシストで
2試合連続のトリプルダブルを達成。マークしてきたトレイルブレイザーズのエネス・キャンター(26)と
ザック・コリンズ(21)の圧力をものともせず、最後は右脚を痛めながらもコートで踏ん張った。
第4Qの中盤すぎからは何度も相手に同点機を与えてしまったが、元トレイルブレイザーズの
ウィル・バートン(28)が残り3分8秒と1分43秒に3点シュートを連続で成功。
敗れていればシリーズ突破確率が5%にまで低下する1勝3敗となっていただけに、
窮地を脱出する貴重なシュートとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000114-spnannex-spo


「疲れと痛みの中踏ん張ったヨキッチ、クラッチバートン、FTを決めきったマレーと、役者が奮闘したDEN 2-2タイに」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/06(月) 23:29:23|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

【NBA】4OTの陰で、DENのオフェンスに違いを作れる元オールNBA選手の出場が切望されていた件

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
itden.jpg
記事元:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/basket/1556949137/

139: 2019/05/04(土) 15:01:56.72

ここでITですゃ!



「【NBA】4OTの陰で、DENのオフェンスに違いを作れる元オールNBA選手の出場が切望されていた件」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/05(日) 16:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  次のページ

最新記事

【NBA】モラント獲得が濃厚なMEM、ドラフト前にマイク・コンリーの放出はあるか 候補はUTA、PHX
【悲報】オフシーズン、未だに声が聞こえてこない、資産価値一位のニューヨーク・ニックス
【NBA】暗黒期ブルックリンを彷彿とさせた、AD獲得に伴うレイカーズの指名権譲渡
【NBA】ペリカンズのジュリアス・ランドル、POを破棄してFAになる模様 ザイオンとの共存は難しく
一夜にして、NBAの未来を担う若手が集う可能性溢れるチームとなった、ペリカンズというチーム
GSW王朝の終焉により、群雄割拠が始まる来季のNBA、面白そうな模様
【NBA】PHIジミー・バトラーが来季のプレーヤーオプションを破棄、フリーエージェントに
アンソニー・デイビスは3選手+1巡目3つとの交換でLALへ レブロンとの最高峰タッグで再びの覇権争いへ
アキレス腱断裂のKD、左膝前十字靭帯断裂のクレイ GSWのマイヤーズGMが、功労者両名への大型契約を示唆
3連覇キラーとなったレナード、3連覇を達成したマコーという、2人のレジェンドを擁するTORというチーム
【NBA】スモールフォワードが続く、近年のファイナルMVP受賞者の傾向
ファイナルMVPはカワイ・レナード 2wayの極致ともいえる驚異的なパフォーマンスで自身2度目の受賞
【NBA】ついに王朝が終焉を迎える ラプターズが王者の3連覇を阻み、カナダに初の栄冠をもたらす

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング