FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】ダーク・ノビツキー(40)が、同一球団での21シーズン目となるDALとの1年契約

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
dirk3.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1532161873/0-
     http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532422978/0-

 ドイツ出身のフォワード、ダーク・ノビツキー(40)が23日、
NBAマーベリクスと1年500万ドル(約5億6000万円)で正式に再契約。
1998年のドラフト全体9番目に指名されたノビツキーはマーベリクス以外に在籍したチームがなく、
同一球団で21シーズン目を迎えるのはNBA史上初めての出来事となった。

 ノビツキーはマーベリクスで通算1471試合に出場して平均21・2得点。2007年にはシーズンのMVP、
2011年にはファイナル制覇に貢献してMVPに選出されている。
球宴出場は13回を数え、史上6人目(米国以外の選手では初)の通算3万得点(現在3万1187得点)も達成。
しかし昨季はデビュー年を除くと最も低い平均12・0得点に終わっていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000111-spnannex-spo


「【NBA】ダーク・ノビツキー(40)が、同一球団での21シーズン目となるDALとの1年契約」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/07/25(水) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

【NBA】LAC一筋のセンター、デアンドレ・ジョーダン 因縁のDALに、3年越しとなる移籍

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
deandre-jordan3.jpeg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1530418699/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1530289789/0-

【関連記事】
オールNBA発表 1stはレブロン、ウェストブルック、カリー、レナード、   デアンドレ (2016/5/27)
DALと契約間近だったデアンドレ・ジョーダン、一転LAC残留!DALはどうなってしまうのか (2015/7/9)
クリッパーズのセンター、デアンドレ・ジョーダンがマブスと4年契約 (2015/7/4)

ロサンゼルス・クリッパーズからフリーエージェントになったディアンドレ・ジョーダンが、
ダラス・マーベリックスと1年2410万ドル(約26億6600万円)の契約を結ぶ予定と
『New York Times』のマーク・スタイン記者が伝えた。

ジョーダンは先日クリッパーズとの契約最終年を破棄してFAとなった。

29歳のジョーダンは、1年目から10年目までクリッパーズに在籍。昨季は平均12得点、
15.2リバウンドを記録した。

前回FAになった2015年、ジョーダンはマブスとのマックス契約締結に口頭で合意するも、
後に約束を反故にしてクリッパーズと再契約を結んだ。



「【NBA】LAC一筋のセンター、デアンドレ・ジョーダン 因縁のDALに、3年越しとなる移籍」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/07/02(月) 12:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

【NBA】「タンクIQ」「タンク芸術」というパワーワードを駆使したDAL、TORに延長で惜敗

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18daltor01.jpeg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1521168303/0-

東カンファレンス首位を走るラプターズ。その勢いはとどまることを知らず、
3月16日にはオーバータイムの末122-115でマーベリックスに勝利し、11連勝を達成した。

これで11連勝、2月23日にバックスにオーバータイムの末に敗れているが、その前にも7連勝をしており、
直近19試合で18勝1敗という好成績。52勝17敗で、東カンファレンス2位のセルティックスとの差は
5ゲームと独走態勢に入った。

そんなラプターズの強さの秘密は、勝つべき試合を落としていない、ということに尽きる。
昨年12月26日のマブス戦に敗れて以降、ラプターズは勝率5割を下回るチームに1敗もしていない。
年々競争力が高まっているNBAで、これを実行するのは容易いことではない。
ラプターズを率いるヘッドコーチのドウェイン・ケーシーは、106-99で勝利した15日のペイサーズ戦の試合後、
チームの強さについて、「ウチの選手たちは一丸となって戦っている。
全員が一丸となってゲームプランを実行している」と語った。

そして今シーズンのラプターズは、ホームゲームに圧倒的に強い。
マブス戦に勝利し、今シーズンのホーム戦績はリーグベストの29勝5敗。
東の第1シードを獲得すればプレーオフでも大いに有利となる。

4月から始まるプレーオフの結果を予想するのは難しいが、今のラプターズの力、勢い、
ケミストリーを見る限り、NBAファイナルに進出する可能性が球団史上最も高いと言えるのではないだろうか。



「【NBA】「タンクIQ」「タンク芸術」というパワーワードを駆使したDAL、TORに延長で惜敗」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/03/18(日) 15:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

【NBA】好ゲームが続いていたDAL S.カリーに貫録の決勝スリーを決められ惜敗 連勝4でストップ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18gswdal01-b.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1514896015/0-

1月3日(日本時間4日)にアメリカン・エアラインズ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズ対
ダラス・マーベリックスの一戦は、ステフィン・カリーが決勝スリーポイントショットを決め、
ウォリアーズが125-122で勝利した。

ウォリアーズは試合残り4分32秒で114-102とリードしながらも、なかなか試合を決めることができていなかった。
ターンオーバーやシュートミスが続き、残り39.9秒でついにスコアは120-120の同点に持ち込まれた。

そこからクレイ・トンプソンとハリソン・バーンズがそれぞれ得点。最後はインバウンドパスを受けたカリーが、
ドレイモンド・グリーンのスクリーンを使い、決勝スリーを決めた。
マブスのダーク・ノビツキーは「リーグ最高のシューターに対して、あまりにもフリーな状態で打たせてしまった」
と最後のプレイを悔やんだ。

カリーは32得点し、足首の怪我から復帰後に出場した2試合で合わせて70得点あげている。
カリーは「ドレイモンドが素晴らしいスクリーンをかけてくれた」と話した。

「ヨギ(フェレル)の不意を突き、自分の場所から決めることができた。あのシュートを打ち、決め、
試合を終わらせる自信がある」。

ウォリアーズはこれでアウェイでの連勝を8に伸ばした。一方、プレイオフチーム相手に勝利を積み重ねていた
マブスの連勝は4で止まった。

マブスはウェスリー・マシューズが22得点、ドワイト・パウエルがキャリア最多タイとなる21得点した。



「【NBA】好ゲームが続いていたDAL S.カリーに貫録の決勝スリーを決められ惜敗 連勝4でストップ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/01/05(金) 11:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【NBA】クラッチでチームを引っ張ったのはデニス・スミスJr DALを今季最長の4連勝に導く

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18dalokc01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1514692958/0-

12月31日(日本時間1月1日)にチェサピーク・エナジー・アリーナで行なわれた
ダラス・マーベリックス対オクラホマシティ・サンダーの一戦は、ラッセル・ウェストブルックに
トリプルダブルされながらも、マブスが116-113で接戦を制した。

ウェストブルックが38得点、15リバウンド、11アシストの活躍でシーズン12度目のトリプルダブルを
記録したものの、最後に試合を決めたのはマブスのルーキーガード、デニス・スミスJr.だった。

スミスは自身の19得点中11点を試合最後の1分39秒で獲得し、チームのシーズン最長となる4連勝へと導いた。

マブスのリック・カーライルHCは「彼は素晴らしかった」とスミスを賞賛。

「試合終盤、貴重なシュートを数本、重要なフリースローも数本決めてくれた。
アップダウンの激しい試合だった。彼も難しい時間帯を経験していたが、常にエネルギーを持ち、
前を向き、アタックし続けていた。タイムアウト中も周りのチームメイトを鼓舞していたんだ」。

リードが21回も入れ替わる激戦で、最後まで結末のわからない試合となった。

終盤にスミスが連続でスリーポイントショットを決め、マブスが残り1分17秒で111-108とリードした。
残り30.4秒でスミスがドライブからのレイアップを決め、ダラスは113-110とリード。
さらに、ウェストブルックが外した3Pショットをリバウンドしたスミスが、残り15.8秒でフリースローを2本決めた。

スミスは「オープンシュートだから打ったんだ」と説明した。

「だから次のも打とうと決めて、そうしたら入り始めた。試合残り5分くらいから、
そろそろ調子を上げてなんとかしないとって気づいたんだ」。

サンダーはポール・ジョージが25得点、カーメロ・アンソニーが21得点とそれぞれ活躍したが、
最後の30秒でウェストブルックが3本の3Pショットを外してしまった。



「【NBA】クラッチでチームを引っ張ったのはデニス・スミスJr DALを今季最長の4連勝に導く」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/01/02(火) 10:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
  次のページ

最新記事

脅威の高校生として名を馳せ、デューク大でデビューを果たしたザイオン・ウィリアムソン
【バスケ】売春疑惑の日本代表4選手を強制送還 それぞれ女性を伴いホテルで行為
【回顧】2007-2009 誰もがNBAの未来を夢見た、ドワイト・ハワードが全盛期な頃の評価
【回顧】世紀の大逆転を演出した、ブランドン・ロイ最後の輝き 11年プレイオフ1回戦 対DAL第4戦
『メロドラマ』の末、ナゲッツからニックスにカーメロ・アンソニーが移籍した時の反応
【回顧】2007年NBAドラフト時の反応 (1位オデン 2位KD 3位ホーフォード 4位コンリー)
【バスケット】≪日本65-71台湾≫ 悪夢のような第3Q バスケ男子、黒星発進 ジャカルタ・アジア大会
【NBA】カーメロ・アンソニーを瞬間的に獲得したホークス メロの要望に応え、専用ジャージを作成
【NBA】スパーズを離れたレナード 長い沈黙を破り、ファンとチームに向けた感謝の手紙を公表
【兵庫】バスケ部女子に「ゴキブリ」「単細胞」「負けるマシーン」 暴言の57歳教諭を戒告
【10-11シーズン NBAファイナル回顧】DALがMIAを破り優勝、ダーク・ノビツキーがFMVP獲得
【恒例】1年じっくり寝かせて育てるPHIの流儀 ルーキーのザイール・スミスが左足を骨折
ジャリルオカフォーがNOPと契約合意 カズンズロスを嘆くニューオリンズ民に笑顔を届けられるか

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング