【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


Powered By 画RSS
  次のページ

【NBA】MIL-CHA間でトレード成立 マイルズ・プラムリー⇔ロイ・ヒバート&スペンサー・ホーズ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
plumlee.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1486080500/

327: バスケ大好き名無しさん (オッペケ Sra7-3wlU) 2017/02/03(金) 15:25:37.15 ID:j+lpWlrrr

蜂よりによって一番役立たずで身分不相応な
長期高額契約抱えるプラムリー長男獲得かよ草。
バックス側もびっくりしただろうな。



「【NBA】MIL-CHA間でトレード成立 マイルズ・プラムリー⇔ロイ・ヒバート&スペンサー・ホーズ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/04(土) 15:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【NBA】通算7000アシストを達成したレブロン 外に中に、縦横無尽の活躍でCHAを圧倒

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17chacle01.jpg
http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1481410101/

 クリーブランド・キャバリアーズは現地10日、地元でシャーロット・ホーネッツを116対105で下し、
4連勝を飾った。レブロン・ジェームズは、第4Qで17得点と圧倒し、シーズンハイの44得点をマークした。

 この日、43分間プレーしたレブロンは、10アシスト、9リバウンドとオールラウンドに躍動。
11点リードで迎えた第4Qには13連続得点を挙げるワンマンショーを披露すると、
勝利が確定した試合終了間際には会場が歓喜に沸く中、コート中央でボールを人さし指で回してみせた。

 9日に通算得点で歴代9位に浮上したレブロンは、前半の時点で、フロントコートの選手として
リーグ史上初めて通算7,000アシストに到達。レブロンは、通算2万7,000得点、通算7,000アシスト、
7,000リバウンドを達成したリーグ第1号の選手となった。

 キャブス(17勝5敗)は、チーム全体でシーズン最高のフィールドゴール(FG)成功率58%を記録。
序盤から試合の主導権を握り、ホームでの同カードの成績を6連勝とした。

 ホーネッツ(14勝10敗)は、ケンバ・ウォーカーが24得点をマーク。
レブロンとの接触でひざを痛めた様子で、第4Q終盤にベンチに下がった。

 スティーブ・クリフォードHCは試合前、キャブスにスイッチが入ったら止めるのは
難しいとの考えを示していたが、第1QからFG成功率71%を相手に許し、
ロード5連戦は黒星スタートとなった。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00000312-ism-spo


「【NBA】通算7000アシストを達成したレブロン 外に中に、縦横無尽の活躍でCHAを圧倒」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/12/11(日) 23:59:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【NBA】ペリカンズ、ホリデーの復帰から今季初の連勝!好調ホーネッツを破り、追い上げ体制へ

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17chanop01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1479427826/

 ニューオーリンズ・ペリカンズは現地19日、地元でシャーロット・ホーネッツと対戦し、
オーバータイムの末に121対116で勝利。アンソニー・デイビスが38得点、16リバウンド、
ドリュー・ホリデーが22得点、9アシストでけん引した。

 ペリカンズは、第4Q明けに14点ビハインドと厳しい展開に陥ったが、控えのラングストン・ギャロウェイが
このクオーターだけで5本のスリーポイントシュートを含む18得点と大暴れ。
残り18秒にデイビスが同点のシュートに成功しオーバータイムに持ち込むと、
大黒柱は延長戦でも1人で8得点を挙げる活躍で、チームを勝利に導いた。

 第4Qの反撃の原動力となったギャロウェイは、23得点をマーク。
デイビスは、チームが最後に挙げた16得点中11得点を稼ぎ、今季9回目の30得点超えを記録した。
ペリカンズは今季初の連勝を飾り、シーズン成績を4勝10敗としている。

 ホーネッツ(8勝4敗)は、ケンバ・ウォーカーが25得点、マルコ・ベリネリが22得点、10リバウンド、
マイケル・キッド・ギルクリストが10得点、13リバウンドの成績。第4Qの2ケタリードを追いつかれ、
12試合を終えた時点での球団史上最高成績に並ぶことはできなかった。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000313-ism-spo


「【NBA】ペリカンズ、ホリデーの復帰から今季初の連勝!好調ホーネッツを破り、追い上げ体制へ」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/11/20(日) 17:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【NBA】もはやお家芸と化してきた第3Qの失速⇒逆転劇で、ウルブズがホーネッツに敗戦

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17chamin01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1479228359/

 現地15日にターゲットセンターで行われたシャーロット・ホーネッツ対ミネソタ・ティンバーウルブズは、
第3Qに猛攻を仕掛けたホーネッツが115対108で勝利し、連敗を2で止めた。
ケンバ・ウォーカーが30得点をマークしている。

 ホーネッツ(7勝3敗)は、ほかにもフランク・カミンスキーが第4Qに12得点を集中し20得点、
ニコラ・バトゥームが16得点、7アシストで勝利に貢献。第3Qに36対17とウルブズを圧倒し、
ハーフタイムの12点ビハインドをひっくり返した。

 ウォーカーは、ハーフタイムにスティーブ・クリフォードHCに活を入れられたことが功を奏したとし、
「パーフェクトなタイミングだった。僕らにはあれが必要だったんだ」とコメント。
「(前半は)自分たちらしくなかった。監督が僕らに気合いを入れてくれた。
おかげで、元気を取り戻すことができたよ」と語った。

 ウルブズ(3勝7敗)はアンドリュー・ウィギンズが29得点、カール・アンソニー・タウンズが21得点、
8リバウンドをマーク。しかし18ターンオーバーを喫し、そこからホーネッツに20得点を与えた。

 ウルブズは開幕10試合中8試合で前半に2ケタリードを築いているが、そのうち6試合は
第3Qの失速が原因で逆転負けを喫している。トム・ティボドーHCは「大きな懸念だ。
つまり、我々は学んでいないということだ」と語った。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000314-ism-spo


「【NBA】もはやお家芸と化してきた第3Qの失速⇒逆転劇で、ウルブズがホーネッツに敗戦」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/11/17(木) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【NBA】ヒートが第6戦の勢いと、経験値の差を見せ付け、ホーネッツに圧勝 準決勝へ進出

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
16chamia01-c.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1462061896/

 現地1日、イースタンカンファレンス第3シードのマイアミ・ヒートと第6シードの
シャーロット・ホーネッツによるプレーオフ1回戦第7戦は、ホームのヒートが106対73の圧勝。
追い詰められてからの2連勝で、激戦となったシリーズを制した。

 ヒートは前半を12点リードで折り返すと、第3Q中盤にはリードを28点まで広げてワンサイドゲームにした。
ゴラン・ドラギッチが25得点、ジェラルド・グリーンは16得点をマーク。ハッサン・ホワイトサイドも10得点、
12リバウンド、5ブロックで貢献した。

 ヒートは2年連続でクリス・ボッシュを血栓症により失うなどの困難に直面したが、後がなくなってからの
強さを発揮。第6戦のヒーローで、この日は12得点を挙げたドウェイン・ウェイドは「予言者ではないが、
この試合には勝つとわかっていた」とコメント。また、エリック・スポールストラHCは「相手には脱帽だ。
彼らによって、我々は成長した。このチームには、最後の2戦のようなプレッシャーが必要だった」
とホーネッツへの賛辞を送った。

 ホーネッツは得点源のケンバ・ウォーカーとアル・ジェファーソンが合わせて13得点と振るわず。
フランク・カミンスキーがチーム最多の12得点、コートニー・リーは11得点で続いた。

 ウォーカーは最終戦こそ苦しんだものの、「素晴らしいシーズンだったと思う。俺たちは粘り強かった。
多くの故障者が出たが、絶えずチームワークを発揮した。ビッグプレーが必要なときには、それが出た。
多くの人は、俺たちがここに来るとも思っていなかっただろう」と敗退にも胸を張った。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000310-ism-spo


「【NBA】ヒートが第6戦の勢いと、経験値の差を見せ付け、ホーネッツに圧勝 準決勝へ進出」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/05/02(月) 23:42:33|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  次のページ

最新記事

【NBA】ニックス、来季に向けての戦術をトライアングルに一本化…順応できない選手は放出も
【NBA】TORデローザンが40得点でけん引 負傷者が相次ぐMIAは後半押し切られて完敗
【NBA】トリプルダブルの一つの完成形に到達 ウェストブルックが史上初FG100%(6/6)のTDを達成
【NBA】ヨキッチを中心に8人が二桁得点!ペイントを圧倒したDENが、締まらないCLEに大勝
【NBA】GSWの控えセンター ジャベール・マギーの評価がひっそり高くなっている
【NBA】アダム・シルバーコミッショナーも問題視 選手の休養とファン心理について
【NBA】DEN-HOU 怒涛の攻め合いは、ハーデンのユーロステップに翻弄されたDENが惜敗
【NBA】昨季を彷彿とさせるカリーとトンプソンの砲台にOKCなす術なし 不穏な空気を残しRS4戦全敗
【NBA】CLEが休養十分で迎えたLAL戦 あわや赤っ恥の展開ながら、最終QにBIG3の爆発で辛勝
【NBA】リラードがシーズンハイ49得点!MIAの5割復帰を阻み、DENを追走する大事な1勝
LAC戦にてBIG3を温存し、予定調和の大敗を喫したCLE 「勝利」か「健常」か、問われるプロの定義
【NBA】皮肉にもC.パーソンズ離脱から4連勝のMEM 敗れたSASは、首位が遠ざかる手痛い一敗
【NBA】MIAに痛手 ウェイターズが負傷退場も、穴を感じさせないプレイでついにPO圏内へ

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
女ニートがNBAについて語るブログ
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
ギコあんてな!
あんてなパン
ブルーアンテナ
つべこアンテナ
アンテナシェア
ムササビあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS
パワプロ攻略MATOME
働くモノニュース

カウンター

逆アクセスランキング