【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


Powered By 画RSS
  次のページ

【NBA】リバウンドとスリーとヨキッチでGSWを圧倒!DEN,プレイオフ1回戦への期待感が高まる圧勝

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17gswden01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1487044212/

[13日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)は13日、各地で試合を行い、
ウォリアーズはナゲッツに110─132で敗れた。ウォリアーズはケビン・デュラントが25得点。

しかしステフェン・カリーが11得点にとどまり、9敗目を喫した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000062-reut-spo


「【NBA】リバウンドとスリーとヨキッチでGSWを圧倒!DEN,プレイオフ1回戦への期待感が高まる圧勝」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/14(火) 16:00:41|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:52

【NBA】強烈なブーイングの中一番盛り上がったのは、試合ではなく煽り合いとなった、KD凱旋試合

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17gswokc01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1486824846/

 ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地11日、敵地チェサピーク・エナジー・アリーナで
オクラホマシティ・サンダーに130対114で勝利を収めた。ケビン・デュラントは古巣相手に
34得点のチーム最多をマークした。

 デュラントは、昨年夏にプロ入りから8シーズンを過ごしたサンダーを退団し、
ライバルチームのウォリアーズに移籍して以来の古巣凱旋。会場は異様な熱気に包まれ、
地元ファンからは、ウォーミング中から選手紹介の際、試合中もボールを触るたびに、大ブーイングが送られた。

 デュラントは、「バスケットボールは普段も楽しいけれど、こういう雰囲気だと特に楽しい」と、コメント。
「会場のファンはすばらしかった。これまで聞いたことがないくらい大きな声を出していた」と、
初凱旋の雰囲気を振り返った。

 試合は序盤こそ接戦だったが、ウォリアーズは第1Q終盤から徐々に点差を広げ、
第2Qには22本中16本のフィールドゴール(FG)に成功。ハーフタイムに73対50と大きくリードした。

 第4Qにはサンダーに12点差まで迫られたが、それ以上は相手を寄せつけず。
デュラントが元相棒のラッセル・ウェストブルック越しに決めたスリーポイントシュートで、
残り約3分半に123対104と再びサンダーを引き離した。ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが
ともに26得点で貢献した。

 サンダーは、ウェストブルックが47得点、11リバウンド、8リバウンドと大暴れ。
しかし、ウォリアーズの圧倒的な層の厚さとバランスの良さの前に、またも敗戦を喫した。

 ウェストブルックは、デュラント退団以来、2人の関係に注目が集まっていることについて、
意味がないとコメント。「もう終わったこと。彼は彼のチームのためプレーをしているし、
僕は自分のチームでプレーをしている。彼は彼の仕事をし、僕は自分のやるべきことをやる。
それだけ」と、語った。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000314-ism-spo


「【NBA】強烈なブーイングの中一番盛り上がったのは、試合ではなく煽り合いとなった、KD凱旋試合」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/12(日) 21:00:37|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:45

12REB,10AST,10STL,5BLK,「4」得点 D.グリーンが色々ととんでもないスタッツをたたき出す

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17gswmem01-b.jpg

記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1486642881/

 NBAは10日に各地で9試合を行い、ウォリアーズのフォワード、ドレイモンド・グリーン(26歳)が
敵地メンフィスでのグリズリーズ戦で4得点ながら12リバウンド、10アシストと自己最多の
10スティールをマーク。1994年2月17日のデビッド・ロビンソン(元スパーズ)以来、
23年ぶり史上6回目のカドラプル・ダブル(4部門で2ケタの成績)は逃したが、
今季4回目のトリプルダブルを得点抜きという珍しい形で達成した。

 リバウンドとアシストとスティールで2ケタの数字を残したのは、スティールとブロックショットが
公式記録となった1973年シーズン以降では、得点も2ケタだったアルビン・ロバートソン
(元スパーズ=1986年2月18日、20得点、11リバウンド、10アシスト、10スティール)以来、
史上2人目(非公式では3人目)。試合は122―107(前半62―49)でリーグ全体首位の
ウォリアーズが勝って今季の成績を45勝8敗とした。

 このカードはここまで今季2戦2敗だったが、この日はクレイ・トンプソン(26歳)が36得点、
ケビン・デュラント(28歳)が24得点をマーク。ベンチから出たアンドレ・イグダーラ(33歳)も
22得点を稼いで第3Q終了時点で21点差をつけた。

 グリズリーズは33勝25敗。ガードのマイク・コンリー(29歳)は20得点と9アシストをマークしたが、
チームのターンオーバーは19回を数えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000115-spnannex-spo


「12REB,10AST,10STL,5BLK,「4」得点 D.グリーンが色々ととんでもないスタッツをたたき出す」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/11(土) 15:56:46|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

【NBA】最終盤、カリーがまさかのレイアップを外し、SACに敗戦 GSW今季延長で3戦3敗…

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17gswsac01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1486175450/

 ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地4日、サクラメント・キングスと敵地で対戦し、延長戦の末、
106対109で敗れた。キングスではデマーカス・カズンズが延長戦に6得点を挙げ、32得点をマークした。

 キングスの1点リードで迎えた延長戦残り6.9秒、ウォリアーズはステフィン・カリーがジャンプシュートに失敗。
ところがキングスは、カズンズがリバウンドを取り損ね、ウォリアーズに追加点のチャンスを与えてしまう。

 しかし、カリーは残り4.9秒のレイアップシュートもミス。ダレン・コリソンがフリースロー2本を決めて
3点リードとすると、ウォリアーズはグリーンの同点を狙ったスリーポイントも外れ、キングスが辛くも逃げ切った。

 キングスはコリソンが18得点をマーク。また、ベンチメンバーが合計45得点を挙げ勝利に貢献した。

 ウォリアーズは、カリーが35得点をマーク。しかし、延長戦で試合を左右する大事なシュートを落とし、
今季の延長戦の成績は0勝3敗となった。

 スティーブ・カーHCは、ケボン・ルーニーへのファウル判定を不服とし審判に向かっていったため、
第3Q残り約3分半に退席処分となった。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000313-ism-spo


「【NBA】最終盤、カリーがまさかのレイアップを外し、SACに敗戦 GSW今季延長で3戦3敗…」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/05(日) 23:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27

【悲報】インサイドが手薄なはずのウォリアーズ センターのバレジャオを解雇し、PGと契約…

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
varejao2.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1486175450/

 ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地3日、ロスターの枠を空けるため、控えのベテランセンター、
アンダーソン・バレジャオをウェイブ(契約解除)したことを発表した。

 米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトがリーグ関係者の話として報じたところによると、
ウォリアーズはバックコートに層の厚さと若さを求めており、NBA下部組織デベロップメントリーグ
(Dリーグ)のスーフォールズ・スカイフォースでプレーするポイントガードのブリアンテ・ウェバーと
10日間契約を交わす予定だという。

 Dリーグで1月の月間MVPに輝いたウェバーは、平均16.5得点、7.4リバウンド、7.2アシスト、
スリーポイントシュート成功率36%をマークしている。

 ウォリアーズは、控えポイントガードのショーン・リビングストンが腰の故障で2試合を離脱している。

 バレジャオは今季、わずか14試合の出場にとどまっていた。ウェイバー公示期間が明けると、
完全フリーエージェントになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000311-ism-spo


「【悲報】インサイドが手薄なはずのウォリアーズ センターのバレジャオを解雇し、PGと契約…」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/05(日) 00:01:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
  次のページ

最新記事

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.5  5位-1位
PHI-ATL間で、イリヤソバと2巡目指名権のトレード なお優勝Cのスプリッターまでついてくる模様
【NBA】ベンチのグレードアップを狙うWAS BKNボーヤン・ボグダノビッチを含むトレードが成立
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.4  10位-6位
【NBA】LALルー・ウィリアムスと、HOUブリュワーがトレード 優勝に向けてひたすら磨き続けるOF力
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.3  21位-11位
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.2 30位-22位
当サイトでの、ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 Vol.1
【NBA】デマーカス・カズンズ、ペリカンズに放出!アンソニー・デイビスとの最強ツインタワー結成へ
KDからウェストブルックへのアリウープに会場は大興奮!MVPは52得点のアンソニー・デイビス
【NBA】ダンクコンテスト INDのグレン・ロビンソン三世が優勝!期待のアーロン・ゴードンは失速
【NBA】寄付イベントで急遽登場したカリー ハーフコートショット0/9本と、残念な結果に
【NBA】3Pコンテスト 前回優勝のトンプソンは当たらず HOUエリック・ゴードンが優勝!

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
女ニートがNBAについて語るブログ
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
ギコあんてな!
あんてなパン
ブルーアンテナ
つべこアンテナ
アンテナシェア
ムササビあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS
パワプロ攻略MATOME
働くモノニュース

カウンター

逆アクセスランキング