【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


Powered By 画RSS
  次のページ

【NBA】CLE、終盤のディフェンスとスリーでCHAを下し3連勝 失点は100点超えながらも復調気配

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18clecha01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1510737984/

 NBAキャバリアーズは15日、敵地シャーロット(北カロライナ州)でホーネッツを115―107
(前半61―67)で下して3連勝で8勝7敗。レブロン・ジェームズ(32)が31得点、6リバウンド、
8アシスト、ケビン・ラブ(29)が22得点を挙げてチームを引っ張り、チームは20日ぶりに“貯金1”となった。

 勝負どころの第4Qにはホーネッツに5回のターンオーバーを誘発させるなど、
この日はディフェンスで圧倒。ジェームズは「ゲームプランをそのまま遂行できた。
素晴らしい守りだった」と笑顔をのぞかせた。

 ホーネッツは5連敗を喫して5勝8敗。左ひじを痛めていたニコラス・バトゥーム(28)が
ようやく今季初出場を果たして16得点を記録したが、このカードでは7連敗となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000108-spnannex-spo


「【NBA】CLE、終盤のディフェンスとスリーでCHAを下し3連勝 失点は100点超えながらも復調気配」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/17(金) 12:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

レブロンへのブーイングが飛び交い敗色濃厚な中、スリーの雨あられでCLEがNYKに大逆転勝利

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18clenyk01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1510625817/
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1510460807/

【AFP=時事】17-18NBAは13日、各地で試合が行われ、クリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)は
エースのレブロン・ジェームズ(LeBron James)が23得点12アシスト9リバウンド、ベンチから出場した
カイル・コーバー(Kyle Korver)が21得点を記録し、ニューヨーク・ニックス(New York Knicks)に
104-101で逆転勝ちを収めた。

 第3クオーターに一時は20点以上の差をつけられていたキャバリアーズは、第4クオーターに入ると
92-97の場面から猛攻を開始。試合時間残り1分23秒でジェームズがフェイダウェーで3ポイントシュートを沈めて
100-97とし、25-24でリードしていた第2クオーター以降では初めて試合の主導権を奪い返した。

 レギュラーシーズンの年間最優秀選手(MVP)に通算4度選出されているジェームズについて、
コーバーは「彼の守備が流れを変えたと思う。彼は常にペイントエリアに入ってプレーを組み立てる。
そこが彼の特別なところだ。彼は何でもできるということを、第4クオーターで示した」とコメントした。

 試合終盤に2本の3ポイントシュートを決めたコーバーは、終了間際にも4本のフリースローを沈め、
ニックスのクリスタプス・ポルジンギス(Kristaps Porzingis)とティム・ハーダウェイJr.(Tim Hardaway Jr.)
による終盤の得点を帳消しにした。

 キャバリアーズはジェームズが最後に2本のフリースローを失敗したものの、ジェフ・グリーン(Jeff Green)が
オフェンスリバウンドに成功してニックスに同点のブザービーターを打たせなかった。

 キャバリアーズはベンチスタートのドウェイン・ウェイド(Dwyane Wade)も15得点を記録。
対するニックスは、ハーダウェイJr.がチーム最多の28得点、ポルジンギスが20得点を記録した。

 この試合の序盤には、ニックスの新人フランク・エンティリキーナ (Frank Ntilikina)を小突いた
「キング」ジェームズに対し、センターのイネス・カンター(Enes Kanter)が顔を突き合わせて
立ちふさがるという場面があり、試合後も両者の間では舌戦が続いた。

 カンターは「ルーキーに向かって、あんなふうにけんかを売ってはならない。大人とやり合え。
自称キングだろうが、クイーンだろうが、プリンセスだろうが、俺たちをばかにするな」と発言。
これに対してジェームズは、「俺たちの勝利だ。それに、あいつの名前に触れることは二度とない」
とコメントした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000030-jij_afp-spo


「レブロンへのブーイングが飛び交い敗色濃厚な中、スリーの雨あられでCLEがNYKに大逆転勝利」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/14(火) 23:27:03|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

【NBA】TDのハーデンに加え、カペラとタッカーでリバウンドを制圧 CLEに勝利のHOU 再びの首位

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18clehou01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1510218132/

 11月10日(現地時間9日)、ヒューストン・ロケッツがホームのトヨタ・センターでクリーブランド・
キャバリアーズと対戦。ジェームズ・ハーデンが大活躍を見せ、117-113で勝利を収めた。

 第1クォーターだけで11得点5リバウンド5アシストと奮起し、チームは36-25と11点リード。
続く12分間はキャブスの反撃に遭うと、ハーデンは6得点1リバウンド1アシストを挙げるにとどり、
65-67と試合をひっくり返された。

 しかし、第3クォーターはハーデンが開始3分13秒と同4分1秒に3ポイントシュートを決めて突き放すと、
直後にクリント・カペラとネネの得点をお膳立て。計15得点1リバウンド4アシストを積みあげると、
最後の12分間はロースコアの展開になりながら3得点4リバウンド3アシストをマーク。
約42分間の出場で35得点11リバウンド13アシストに加え、5スティールを記録した。

 また、現地メディア『ESPN』によると、直近30シーズンで1試合30得点10リバウンド10アシスト
5スティール以上を記録したのは、1989年に達成したマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズ)のみ。
キャブス戦で躍動したハーデンがNBAの歴史に名を刻んだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00036152-bballk-spo


「【NBA】TDのハーデンに加え、カペラとタッカーでリバウンドを制圧 CLEに勝利のHOU 再びの首位」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/10(金) 20:46:45|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

【NBA】復調のJRスミス20得点、ラブ32得点16REBの活躍でMILに勝利も、看過できぬCLEの失点数

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18milcle01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1510114497/

 NBAのキャバリアーズは7日、地元クリーブランド(オハイオ州)でバックスを124―119(前半65ー67)で
退けて5勝6敗。5日のホークス戦で胃の不調を訴えて第3Qで“早退”していたケビン・ラブ(29)が
ともに今季自己最多となる32得点と16リバウンドを稼いで勝利に貢献した。

 8連敗だったホークスに敗れたが、この日は後半に入っても集中力を持続。
レブロン・ジェームズ(32)は30得点、8リバウンド、9アシスト、JR・スミス(32)もラブ同様に
今季自己最多の20得点をマークして流れが悪かったオフェンスを立て直した。

 バックスは4連敗で4勝6敗。得点部門1位のヤニス・アデトクンボ(22)はインサイドを制圧して
40得点をたたきだしたが、ターンオーバーも8回記録し、第4Qの残り18秒には6反則目を犯して退場となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000115-spnannex-spo


「【NBA】復調のJRスミス20得点、ラブ32得点16REBの活躍でMILに勝利も、看過できぬCLEの失点数」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/09(木) 09:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

【NBA】ウェイド、コーバーの好調も功を奏さず CLEホームで最下位ATLにまで完敗

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18atlcle01.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1509870144/

[5日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)は5日、各地で試合を行い、
ホークスはキャバリアーズを117─115で下し、連敗記録を8で止めた。

試合序盤から優位に立っていたホークスは、13点リードで迎えた最終クオーターで、
9分を残し2点差まで詰め寄られるも逃げ切っ

ホークスはデニス・シュルーダーが両チーム最多の28得点を記録し、他6選手も二桁得点をマーク。
キャバリアーズはレブロン・ジェームズの26得点を筆頭に計3選手が20点台を記録したが逆転には及ばなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000042-reut-spo


「【NBA】ウェイド、コーバーの好調も功を奏さず CLEホームで最下位ATLにまで完敗」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/06(月) 21:46:34|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27
  次のページ

最新記事

【NBA】OKC、序盤圧倒からのもたつく終盤 SASと対照的な展開で未だ上位進出は見いだせず
【NBA】BOSのあまりの活躍に、オールスター選手ゴードン・ヘイワードの必要性が少し薄まってしまう
【NBA】復帰のクリス・ポール、フェニックスのリハビリ施設でゆったり10アシスト ハーデンも48得点
【NBA】持ち前の守備力で48分間GSWを封じたBOS 攻めてはジェイレン・ブラウンが堂々の22得点
【NBA】CLE、終盤のディフェンスとスリーでCHAを下し3連勝 失点は100点超えながらも復調気配
76ers対レイカーズ シモンズ、エンビード、クーズマ、イングラム 「NBAの未来たち」の熱い競演
【NBA】名門シカゴ・ブルズさん よわい
ルール変更も小事と、FT19本全て成功させたハーデン しかしチームの3PはさっぱりでTORに敗戦
【NBA】フェイスガードのカイリー、ハッスルプレイでけん引 BKNを下したBOS、照準は次戦GSWへ
【NBA】負傷のカリーが欠場したGSW 好調ORLに苦戦は必至…でもなく、開催されるは第3Q劇場
レブロンへのブーイングが飛び交い敗色濃厚な中、スリーの雨あられでCLEがNYKに大逆転勝利
【NBA】序盤ながらも躍進を見せる東の2チーム デトロイト・ピストンズ&ニューヨーク・ニックス
【NBA】ジャズの攻守の要、ルディ・ゴベールがMIA戦で右足を負傷 約4週間の離脱へ

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
女ニートがNBAについて語るブログ
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
ギコあんてな!
つべこアンテナ
アンテナシェア
ムササビあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS
働くモノニュース

カウンター

逆アクセスランキング