【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


Powered By 画RSS
  次のページ

CLEが見せつけた終盤の強さと見せられなかった安定感 4戦全て接戦ながら、INDをスイープ 

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17cleind01-c.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1492959727/

830: バスケ大好き名無しさん (ワッチョイ 7ff7-f7dw [122.223.7.82]) 2017/04/24(月) 02:12:02.60 ID:s4jLngUW0

みんな寝てんのか?


831: バスケ大好き名無しさん (ワッチョイ 8ac5-ihaL [61.24.120.189]) 2017/04/24(月) 02:13:05.25 ID:SHaUqR8g0

>>830
ちゃんと早く寝て今起きたぜ


833: バスケ大好き名無しさん (ワッチョイ 7ff7-f7dw [122.223.7.82]) 2017/04/24(月) 02:15:34.62 ID:s4jLngUW0

>>831
よくやった
この時間に起きて試合見るの特別感あっていいわ



「CLEが見せつけた終盤の強さと見せられなかった安定感 4戦全て接戦ながら、INDをスイープ 」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/24(月) 19:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

【NBA】インディアナの悪夢…プレイオフ史上初、ハーフで25点差をひっくり返されCLEに大逆転負け

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17cleind01-b.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1492736581/

 イースタンカンファレンス第2シードのクリーブランド・キャバリアーズは現地20日、
同第7シードのインディアナ・ペイサーズに敵地で119対111と勝利。
プレーオフ史上最大の逆転劇を演じ、3勝0敗でカンファレンスセミファイナル進出へ王手をかけた。

 キャブスは49対74の25点ビハインドでハーフタイムを迎えたが、第3Qに13得点を挙げた
レブロン・ジェームズの活躍を原動力に、84対91として第4Qに突入。
その後リードチェンジを繰り返したのち、レブロンのレイアップシュートで105対104と逆転に成功すると、
そのまま逃げ切った。

 ハーフタイム時点での25点差をひっくり返しての勝利は、プレーオフ史上初となっている。

 レブロンは41得点、13リバウンド、12アシストをマーク。プレーオフでの通算得点数を5,669とし、
コービー・ブライアント氏をかわして歴代3位に浮上した。
また、プレーオフ1回戦の自身の成績を20連勝として、マジック・ジョンソン氏らが持つ
歴代最長記録に並んでいる。

 キャブスはレブロンのほかにカイリー・アービング、ケビン・ラブ、JR・スミス、
チャニング・フライが揃って13得点を記録。23日の第4戦でスイープをねらう。

 ペイサーズは、ポール・ジョージが36得点、プレーオフではキャリア最多の15リバウンド、
9アシストの大活躍。しかし、キャブスに大逆転を許し、敗退にリーチがかかった。(STATS-AP)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000313-ism-spo


「【NBA】インディアナの悪夢…プレイオフ史上初、ハーフで25点差をひっくり返されCLEに大逆転負け」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/21(金) 19:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29

【NBA】終盤の脆さは変わらずも、BIG3で89得点!追いすがるINDを凌ぎきったCLEが連勝

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17indcle01-d.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1492326132/

 イースタンカンファレンス第2シードのクリーブランド・キャバリアーズは現地17日、
第7シードのインディアナ・ペイサーズを地元で117対111と下し、プレーオフ1回戦のシリーズを2勝0敗とした。

 キャブスはカイリー・アービングが37得点、ケビン・ラブが27得点、11リバウンド。
レブロン・ジェームズは25得点、10リバウンド、7アシストをマークする一方で、
チームの19ターンオーバーのうち8つを記録。初戦に続き第4Qにペイサーズに反撃を許し、
18点のリードは4点差にまで縮まったが、最後はフリースローで追加点を挙げて逃げ切った。

 キャブスはこれで、ここ3シーズンのプレーオフ1回戦の成績を10連勝とした。
レブロンは、大量リードを失ったことよりも勝利したことが何より重要だとし、「我々は大丈夫。
全くリードしないよりも18点リードはあったほうがいい。
チームは本領を発揮するスイッチを入れようとしている」と語った。

 ペイサーズはポール・ジョージが32得点、ジェフ・ティーグが23得点。第4Qに13点を連取し、
ジョージのスリーポイントシュートで残り20秒に109対113まで迫ったが、わずかに及ばず2連敗となった。

 キャブスは、プレーオフで2勝0敗としたシリーズは12勝0敗としており、
ペイサーズにとっては厳しい展開となった。同チームではまた、ティーグが後半に右手首を負傷。
ネイト・マクミランHCは、ティーグがレントゲン検査を受けると述べた。

 第3戦は舞台をインディアナポリスに移し、20日に行われる。(STATS-AP)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000313-ism-spo


「【NBA】終盤の脆さは変わらずも、BIG3で89得点!追いすがるINDを凌ぎきったCLEが連勝」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/18(火) 22:31:26|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

PO開幕 両エースのぶつかり合いから、CJマイルズが放ったシュートは外れ、辛くもCLEが先勝

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17indcle01-c.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1492267256/

【AFP=時事】16-17NBAは15日、プレーオフ1回戦(7回戦制)が開幕し、
昨季王者のクリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)は109-108で
インディアナ・ペイサーズ(Indiana Pacers)に逃げ切り勝ちを収めた。

 レギュラーシーズンのようにキャバリアーズが終盤に隙を見せると、
ペイサーズはCJ・マイルズ(C.J. Miles)が土壇場で試合をひっくり返すチャンスを迎えたが、
ワイドオープンからのジャンプシュートはリングに嫌われた。

 32得点、13アシスト、6リバウンドを記録し、チームを引っ張ったキャバリアーズの
レブロン・ジェームズ(LeBron James)は試合後、「プレーオフで勝ち方は関係ない。
俺たちは先勝したんだ」と話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000017-jij_afp-spo


「PO開幕 両エースのぶつかり合いから、CJマイルズが放ったシュートは外れ、辛くもCLEが先勝」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/16(日) 15:42:40|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:42

再延長までもつれたINDとの激闘 勝利と引き換えに費やしたのは52分にも及ぶレブロンのPT

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17indcle01-b.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1491067589/

 現地2日に行われたインディアナ・ペイサーズ対クリーブランド・キャバリアーズ戦は、
ダブルオーバータイム(2OT)の末、キャブスが135対130で勝利。レブロン・ジェームズが41得点、
16リバウンド、11アシストで、今季11度目のトリプルダブルを達成した。

 キャブスは4点リードの2OT残り49.7秒、ペイサーズのポール・ジョージにスリーポイントシュートを許して、
128対127の1点差に詰め寄られる。しかし、ケビン・ラブのお返しのスリーやカイリー・アービングの
フリースローなどで6点差まで突き放し、疲労困ぱいながらも白熱戦を制した。

 この日、ここ4年余りで最長となる52分間出場したレブロンだったが、試合終盤のタイムアウト中に
チームメイトのトリスタン・トンプソンと激しく言い争う場面が。レブロンはトンプソンに対して
謝罪したことを明かし、「自分がやろうとした事についてはっきりとした意志があった。
けれど、見た目が良くない形でテレビに映ってしまった」と話している。

 一方、口論についてコメントを避けているトンプソンは、「集団の中で起こるちょっとした誤解だ。
前に進むよ。俺たちは家族、互いの背中をいつも支え合って先に進むんだ」と語った。

 キャブスはレブロンのほか、アービングが23得点、ラブが20得点、12リバウンド、
JR・スミスが18得点を記録。これで今季49勝27敗としており、4日のオーランド・マジック戦に勝利すれば、
イースタンカンファレンス首位のボストン・セルティックス(50勝27敗)と並び、
翌5日の直接対決に臨むこととなる。

 破れたペイサーズは、ポール・ジョージが43得点、CJ・マイルズが27得点をマーク。
プレーオフ進出圏内の8位マイアミ・ヒートと同じ今季37勝40敗としているものの、
タイブレークを握られているため、イースト9位となっている。(STATS-AP)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000313-ism-spo


「再延長までもつれたINDとの激闘 勝利と引き換えに費やしたのは52分にも及ぶレブロンのPT」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/03(月) 23:30:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
  次のページ

最新記事

復帰のUTAゴベールがきっちり存在感を放ち、ジョー・ジョンソンはまたもクラッチで仕事 LACに快勝
【NBA】BOS-CHI 互いにロードのみで勝利する、地元ファン泣かせの展開で2-2タイに
【NBA】ロバーソンがFT2/12と、DFの良さでもカバーしきれない戦犯ぶり OKCホームで痛い3敗目
CLEが見せつけた終盤の強さと見せられなかった安定感 4戦全て接戦ながら、INDをスイープ 
【悲報】大健闘のグリズリーズ しかし何故かここにきてチャンドラー・パーソンズが責められ始める
待望のヌルキッチ復帰のPOR、KDに加えカーHCまで欠場したGSWに逆転負けを喫し、漂う終戦感
マルクが,コンリーが,レナードが,役者達が魅せるクラッチ合戦 最後はMEMの執念実る 2-2タイに
前試合から一転、FG%が40%を切ったMIL ガードコンビが躍動したTOR ロースコアゲームから2-2タイへ
グリフィン負傷退場も、執念の逆転劇を演出したC.ポール UTAはヘイワードの爆発を活かせず連敗
【NBA】最後までチームをワンマンにさせなかったサポーティングキャスト OKCが苦しんだ末の1勝
【NBA】ロンドが骨折離脱で急転!奮起のBOSがスリー攻勢で反撃の狼煙を上げる1勝
MEM、POで負け続けていたSASにやっと勝利!先発起用のザック・ランドルフが期待に応える活躍
CLEに対抗し27点ビハインドで後半に挑んだ、CLEのライバルTOR 終盤追い上げも、MILに届かず

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
女ニートがNBAについて語るブログ
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
ギコあんてな!
あんてなパン
ブルーアンテナ
つべこアンテナ
アンテナシェア
ムササビあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS
パワプロ攻略MATOME
働くモノニュース

カウンター

逆アクセスランキング