FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【NBA】第7戦、スタメン起用で男を見せたT.トンプソン 大健闘したINDは、2年連続レブロンに散る

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18indcle01-f.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1525027606/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524988920/0-

243: 2018/04/30(月) 02:09:37.97

TTスタメンか!


249: 2018/04/30(月) 02:10:43.62

キャブススタメンヤバすぎだろw



「【NBA】第7戦、スタメン起用で男を見せたT.トンプソン 大健闘したINDは、2年連続レブロンに散る」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/30(月) 15:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:45

【NBA】復活のオラディポ TDでCLEを粉砕!勝負は第7戦へ そしてランスはレブロンを倒せるのか

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18cleind01-e.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524874523/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524720357/0-

 NBA東地区全体5位のペイサーズは27日、地元インディアナポリスで4位キャバリアーズを
121―87(前半57―47)で下して3勝3敗。1回戦のこのカードは29日にクリーブランドで行われる
最終第7戦に勝負が持ち込まれた。

 第2戦からの3試合でフィールドゴール(FG)の成功率が24・5%にまで低下していた
ビクター・オラディーポ(25)は19本中11本を決めて28得点。13リバウンドと10アシストも稼ぎ、
サンダー時代を含めプレーオフ自身通算11試合目で初のトリプルダブルを達成した。
ペイサーズの選手としてはマーク・ジャクソン(1998年)、ポール・ジョージ(2013年)に続いて史上3回目。
身体能力を生かした豪快なダンクも披露するなど、第6戦ではエンジン全開となった。

 キャバリアーズは第3Q終了時点で25点差をつけられて完敗。レブロン・ジェームズ(33)は
サディアス・ヤング(29)のヒジが顔面を直撃して左目の上に裂傷を追いながら奮闘したが、
点差が開いた第4Qは出番なし。31分の出場で22得点、5リバウンド、7アシストという成績に終わった。
勝てば1回戦勝利といいう「クローズアウト・ゲーム」は自身通算13試合目で初黒星。
プレーオフすべてで続いていた連勝も「11」で止まった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000099-spnannex-spo


「【NBA】復活のオラディポ TDでCLEを粉砕!勝負は第7戦へ そしてランスはレブロンを倒せるのか」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/28(土) 23:06:37|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

【NBA】これがキングの真骨頂 クラッチTOから、チェイスダウンブロック⇒ブザービーター!!

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18indcle01-e.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524633969/0-

 NBA東地区全体4位のキャバリアーズは25日、地元クリーブランドで5位ペイサーズに
98―95(前半49―56)で競り勝って3勝2敗。シリーズ初戦を落としながらも1回戦突破に王手をかけた。

 前半は7点をリードされるなど苦戦。しかし第3Qに入るとペイサーズに7回のターンオーバーを誘発させ、
与えられた14本のフリースロー(FT)はすべて決めて32―17と圧倒。第4Qでは途中で約7分間、
フィールドゴール(FG)の成功がなく再びもがき苦しんだが、レブロン・ジェームズ(33)が
残り3秒からのプレーで、正面から3点シュートによるブザービーターを決めて劇的な勝利を収めた。

 鮮やかなブザービーターを決めたジェームズはチームメートのセディ・オスマン(23)と抱き合ったあと
記録席によじのぼって絶叫。その光景を見ていたケビン・ラブ(29)は「だから彼は世界最高の
プレーヤーなんだ」とヒーローのパフォーマンスを絶賛していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000098-spnannex-spo


「【NBA】これがキングの真骨頂 クラッチTOから、チェイスダウンブロック⇒ブザービーター!!」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/26(木) 17:59:19|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32

【NBA】連日の逆転劇から、ランスのDFに悩まされながらも、コーバーのクラッチでCLE辛勝

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18cleind01-d.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524410143/0-

 NBA東地区全体4位のキャバリアーズは敵地インディアナポリスで5位ペイサーズを
104-100(前半60―50)で退けて2勝2敗。20日の第3戦では前半で17点のリードを奪いながら
逆転負けを喫したが、第4戦では土壇場で流れをつかんで1回戦のホーム・アドバンテージを取り戻した。

 レブロン・ジェームズ(33)は46分間にわたってコートに立ち続け、第4Qはポイントガードとしてフル出場。
ランス・スティーブンソン(27)の執ようなマークにしびれを切らしてテクニカル・ファウルを
宣告される場面もあったが、第4Qの8得点を含めて32得点、13リバウンド、7アシスト、
2ブロックショットをマークした。

 ジェームズのプレーオフでの30得点以上は通算100回目。
マイケル・ジョーダン(元ブルズ)のリーグ記録(108回)にあと「8」と迫り、
1回戦を勝ち抜けば今季中に“神の領域”を超える可能性が出てきている。

 キャバリアーズは第3Qでは20―28とリズムを失うなど、第3戦同様に後半は苦戦。
第4Qの5分48秒には3点を追う展開となった。しかし第3戦で3点シュートを3本すべて外して
無得点に終わっていたカイル・コーバー(37)がここから2本の“長距離砲”をサク裂。
99―95と4点をリードして迎えた残り1分52秒にはジェームズがドライブインからレイアップを決めて
ペイサーズを振り切った。コーバーは先発して26分出場し、3点シュートを9本中4本決めて18得点。
先発ガードのジョージ・ヒル(31)が腰痛で欠場する中、ジェームズに続くセカンド・スコアラーとしての
役割をきっちりとこなした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000090-spnannex-spo


「【NBA】連日の逆転劇から、ランスのDFに悩まされながらも、コーバーのクラッチでCLE辛勝」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/24(火) 13:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

【NBA】ボグダノビッチが3P7本、30得点!ランス、ヤングらもレブロンへの効果的な守りで貢献

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18cleind01-c.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524269358/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1524187838/0-

 NBA東地区4位のキャバリアーズは敵地インディアナポリスで5位ペイサーズとの1回戦第3戦に臨んだが、
前半で17点をリードしながら90―92(前半57―40)で逆転負け。シリーズ成績は1勝2敗となり、
4季連続のファイナル出場に赤信号が点灯した。

 この日は全員がニューヨークの人気ファッション・ブランド「トム・ブラウン」のスーツを着込んで
敵地バンカーズ・ライフ・フィールドハウスに到着。レブロン・ジェームズ(33)が自身を含めて
全15選手分を自腹で調達したもので、ネクタイ、ワイシャツ、革靴、カシミアのカーディガンにいたるまで
すべて同じブランドでそろえて気合を入れていた。総額は推定で約1300万円。
その“戦闘服”が勢いをもたらしたのか?前半では完全に主導権を握っていた。

 しかし第3Qで12―23と失速。第4Qの残り3分22秒でついに追いつかれ、その後の接戦でも
シュートの精度を欠いて敗れ去った。第3Q終了時点でリードした試合(この日は6点)は
レギュラーシーズンでは39戦全勝だったが、プレーオフの大事な試合で“唯一の例外”と直面した形。
勝てる試合を落としたという精神的なダメージを被る結果となった。

 ジェームズは42分出場して28得点、12リバウンド、8アシストといずれもチーム最多を記録したが
ターンオーバーも6回。キャバリアーズは残り38秒にジェームズ、残り7・7秒にこの日19得点の
ケビン・ラブ(29)の3点シュート2本で90―91と1点差にしたが、追撃もここまでだった。

 4季ぶりのシリーズ制覇を目指すペイサーズは2勝1敗。ボヤン・ボグダノビッチ(29)が
3点シュートを9本中7本成功させて30得点をたたき出し、ビクター・オラディーッポ(25)も18得点をマーク。
すべてをジェームズがコントロールしているキャバリアーズとは対照的に、得点、リバウンド、
アシストのチームリーダーはすべて別の選手。チーム成績の内容では優劣はさほどなかったが、
バランスのとれたチームワークで試合をひっくり返した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000093-spnannex-spo


「【NBA】ボグダノビッチが3P7本、30得点!ランス、ヤングらもレブロンへの効果的な守りで貢献」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/21(土) 21:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
  次のページ

最新記事

MEM-UTA ハイスコアが常の現代NBAで稀有な守り合い スタメン起用の新人JJJも勝利に貢献
【NBA】レブロン、1試合2度目のクラッチスリーは叶わず SASに敗れたLALは開幕3連敗
CHAを下し,やる気を取り戻し始めたレナードと共に力強さを増す恐竜 「今年こそ」上へいけるのか
【NBA】ATLの新人、トレイ・ヤングが35得点11アシスト!ラブをエースに据えたCLEは開幕3連敗
【NBA】OKC待望のウェストブルック復帰戦 シャンパートがまさかの大爆発でSACが先に初勝利
前回試合の再来を思わせたGSWラストプレー、エルナンゴメスが見事なブロックでDEN開幕3連勝!
【悲報】ジミー・バトラーを欠いたウルブズ マーベリックスに敗れる
【NBA】HOU-LAL 接戦の終盤にロンド、ポール、イングラムらの大乱闘 なだめるレブロン、ランス
【NBA】現代型No.1センター ニコラ・ヨキッチが、チェンバレン以来となるFG100%でのTD達成!
【NBA】UTA戦、クラッチを決めたのはKDでもカリーでもなく、前UTA所属のヨナス・ジェレブコ!
【NBA】NOPミロティッチが36得点 連日のMVP級の活躍で、SACとの殴り合いを制す
【NBA】東の頂上を争う1戦は、TORに軍配 レナード31得点、センターに据えたイバカも良仕事
【NBA】シクサーズがブルズを下し、ホームで今季初勝利 ベン・シモンズはあっさりトリプルダブル

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング