【ランダム記事】
Powered by 複眼RSS

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


Powered By 画RSS
  次のページ

【NBA】カイル・コーバー凱旋試合 CLEが25本ものスリーを決め、RS新記録を樹立と、強烈な恩返し

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17cleatl01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1488538065/

 クリーブランド・キャバリアーズは現地3日、敵地でアトランタ・ホークスと対戦し、
終盤の反撃をかわして135対130で逃げ切った。カイリー・アービングとレブロン・ジェームズが
合計81得点をマークするとともに、チームで25本のスリーポイントシュートを沈め、
レギュラーシーズンのリーグ新記録を樹立した。

 キャブスは、46本中25本のスリーを決め、ヒューストン・ロケッツが12月6日の
ニューオリンズ・ペリカンズ戦で記録した24本成功のリーグ記録を更新。
1月のトレードでホークスから移籍したカイル・コーバーが124対123と1点リードの場面で
放ったスリーが、記録を塗り替える1本となった。

 ティム・ハーダウェイJr.は、コーバーのスリーについて、「カイルは最も肝心な場面で
スリーを成功させた。それが、彼が最高のシューターの1人と呼ばれる理由だ」と元チームメートを称賛した。

 キャブスは、アービングが43得点、レブロンがスリー6本成功で38得点、13リバウンド、8アシストをマークした。

 ホークスは、第3Qの25点ビハインドから立て直し、第4Qを42対29と圧倒するも、一歩及ばなかった。
ハーダウェイJr.が第4Qに11得点をマークし自己最多の36得点、ポール・ミルサップも第4Qに
12得点と奮起し27得点をマークした。

 マイク・ブーデンホルザーHCは、「選手たちが諦めなかったことを誇りに思う」と、コメント。
「我々はもっと良くなるし、今日の試合から学ぶだろう」と、ポジディブに語った。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000314-ism-spo


「【NBA】カイル・コーバー凱旋試合 CLEが25本ものスリーを決め、RS新記録を樹立と、強烈な恩返し」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/04(土) 19:28:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

【NBA】ATLドワイト・ハワードが、HOU戦で強烈な恩返し!最大20点差からの逆転勝利

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17atlhou01.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1486080500/

 アトランタ・ホークスは現地2日、敵地でヒューストン・ロケッツに113対108で勝利。
今オフにロケッツから移籍したドワイト・ハワードが、古巣相手に24得点、23リバウンドの活躍を見せた。

 移籍後初めてヒューストンでの試合に臨んだハワードは、3シーズン過ごしたロケッツの
ファンから概ね温かい歓迎を受け、最初の4分間で8得点を挙げるなど、前半だけで
ダブルダブルを記録した。ホークスは最大20点のビハインドを背負い、13点を追う展開で
第4Qに突入したが、ここでもハワードが逆転の原動力となった。

 ホークスではハワード以外に、ティム・ハーダウェイJr.が残り1分を切った段階で
リードを3点に広げるダンクシュートを決めるなど、33得点で勝利に貢献した。

 ロケッツではジェームズ・ハーデンが41得点、8アシスト、8リバウンドをマーク。
しかし終盤にチーム全体でシュートが決まらず、敗戦を喫した。
クリント・カペラは22得点、9リバウンドを記録している。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000313-ism-spo


「【NBA】ATLドワイト・ハワードが、HOU戦で強烈な恩返し!最大20点差からの逆転勝利」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/03(金) 23:58:23|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【NBA】再々々延長となった結果、NYKは退場者が続出し、ミルサップは出場時間「1時間」!

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
17nykatl01-b.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1485659845/

 アトランタ・ホークスは現地29日、本拠地でニューヨーク・ニックスと対戦。
第4オーバータイム(4OT)の死闘の末、142対139で勝利した。
ポール・ミルサップがいずれもシーズンハイとなる37得点、19リバウンドの活躍でチームをけん引した。

 ホークスにとっては2012年3月25日、ニックスにとっては1951年1月23日以来の第4OT突入となったこの試合。
139対139の残り27.4秒にホークスがミルサップのレイアップシュートで勝ち越しに成功すると、
さらにデニス・シュルーダーがフリースロー1本を沈め、リードは3点に。
ニックスもコートニー・リーが同点を狙ってスリーポイントシュートを2本放つもゴールに嫌われ、
約4時間に及んだ白熱の試合に決着がついた。

 ホークスは今季28勝20敗。ケント・ベイズモアが24得点、シュルーダーが23得点、15アシストをマークした。
この日60分間プレーしたミルサップは、「面白かった。もう二度と同じことはやりたくないが、楽しかったよ」
とコメント。しかし、試合を総括してくれと言われると、「覚えてすらいない」と話した。

 一方のニックスは、第4OTまでにカーメロ・アンソニー、ジョアキム・ノア、クリスタプス・ポルジンギスの
先発3人がファウルアウト。最後はミルサップとベイズモアの勢いを止めることができず、
今季21勝28敗となった。アンソニーが今季最多の45得点、ブランドン・ジェニングスが18得点、
11アシスト、リーが17得点、9リバウンドの成績だった。

 第2OT終盤に6つ目のファウルをコールされたアンソニーは、自身が退場してからの試合を
見守るのがつらかったと述べ、「ああいうオーバータイムでこそ、頑張らなければいけなかった」と吐露。
「疲労困ぱいでも、どこかから活路を見いださなければいけない。なのに、最後のオーバータイムに出られず、
見ているだけというのが難しかった。特にゲームの流れというものを知っているからね。
あの瞬間でこそ自分はコートに立っていたかった」と悔しさを滲ませた。(STATS-AP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000313-ism-spo


「【NBA】再々々延長となった結果、NYKは退場者が続出し、ミルサップは出場時間「1時間」!」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/30(月) 17:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

【NBA】ホークス&キャブス間にて、ピュアシューター カイル・コーバーのトレードを検討か

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
korver.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1483620441/

『スーパーチーム』時代に突入したNBAは、飛び道具を持つチーム同士の争いだ。
そして、潤沢な資金力を持つチームは、近い将来、さらに大きな資金力を手にするようになるかもしれない。

今季のトレード期限日が約1か月後に迫る中、ディフェンディング王者クリーブランド・キャバリアーズが、
リーグで最も脅威とされるスナイパーの一人をロスターに加えるという噂が出始めた。

『The Vertical』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、アトランタ・ホークスとキャブズの間で、
カイル・コーバーを含むトレードの話し合いが進んでいるという。

キャリア13年のコーバーは、今季平均9.5得点、3ポイントショット成功率40.9%(リーグ24位)に加えて、
2.8リバウンド、2.3アシストを記録している。

2年前オールスターに選出されたコーバーは、2014-15シーズンに221本の3Pを成功させ、
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー、クレイ・トンプソンに次いで年間3P成功数で
リーグ3位の数字を残した。ホークスは同レギュラーシーズンをイースタン・カンファレンス首位で通過し、
マイク・ブーデンホルザー・ヘッドコーチがNBA年間最優秀ヘッドコーチ賞に輝いた。

もしコーバーがキャブズに加われば、大きな戦力になるのは間違いない。
キャブズのロスターには、今季の3P成功率2位のチャニング・フライ(46.5%)のほか、
カイリー・アービング(42%)、ケビン・ラブ(39.7%)、イマン・シャンパート(37.5%)ら
3Pのスペシャリストが揃っている。シーズンMVP受賞4回を誇るレブロン・ジェームズも、
2013-14シーズン以降としては自己最多となる37.5%の3P成功率を記録している。
また、右手親指骨折で離脱中のJ.R.・スミス(36.2%)もプレイオフまでには復帰予定だ。



「【NBA】ホークス&キャブス間にて、ピュアシューター カイル・コーバーのトレードを検討か」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/06(金) 23:30:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

【NBA】ホークスが、今季終了後FAとなるポール・ミルサップのトレードを検討

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
paulmil.jpg
記事元:http://tamae.2ch.sc.net/test/read.cgi/basket/1483270133/

 アトランタ・ホークスが、オールスターフォワードのポール・ミルサップについて、
トレード交渉に応じる構えを見せていることが分かった。
米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが関係者の話として、現地1日に報じている。

 同サイトによると、ホークスは今季終了後にフリーエージェントとなる見込みの
ミルサップのトレードについて、積極的ではないながらも交渉を受けつけているという。
また、スリーポイントシューターのカイル・コーバーや、スイングマンのタボ・セフォローシャに
関心を示している球団もあるようだ。

 一方で、チーム事情に詳しい関係者によれば、ホークスはミルサップ、コーバー、
セフォローシャを手放すかどうかは、来月23日のトレード期限までに市場の動向を見極めてから
決断を下すのが得策だと考えているとのこと。

 ホークスは昨季は48勝34敗で、今季は1日終了時点で18勝16敗となっている。
なお、ミルサップはすでに、2017-18シーズンの年俸2,150万ドル(約25億1,000万円)の
契約オプションを破棄する決断を下したと、『ESPN』は伝えている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000314-ism-spo


「【NBA】ホークスが、今季終了後FAとなるポール・ミルサップのトレードを検討」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/03(火) 10:12:15|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
  次のページ

最新記事

【NBA】ニックス、来季に向けての戦術をトライアングルに一本化…順応できない選手は放出も
【NBA】TORデローザンが40得点でけん引 負傷者が相次ぐMIAは後半押し切られて完敗
【NBA】トリプルダブルの一つの完成形に到達 ウェストブルックが史上初FG100%(6/6)のTDを達成
【NBA】ヨキッチを中心に8人が二桁得点!ペイントを圧倒したDENが、締まらないCLEに大勝
【NBA】GSWの控えセンター ジャベール・マギーの評価がひっそり高くなっている
【NBA】アダム・シルバーコミッショナーも問題視 選手の休養とファン心理について
【NBA】DEN-HOU 怒涛の攻め合いは、ハーデンのユーロステップに翻弄されたDENが惜敗
【NBA】昨季を彷彿とさせるカリーとトンプソンの砲台にOKCなす術なし 不穏な空気を残しRS4戦全敗
【NBA】CLEが休養十分で迎えたLAL戦 あわや赤っ恥の展開ながら、最終QにBIG3の爆発で辛勝
【NBA】リラードがシーズンハイ49得点!MIAの5割復帰を阻み、DENを追走する大事な1勝
LAC戦にてBIG3を温存し、予定調和の大敗を喫したCLE 「勝利」か「健常」か、問われるプロの定義
【NBA】皮肉にもC.パーソンズ離脱から4連勝のMEM 敗れたSASは、首位が遠ざかる手痛い一敗
【NBA】MIAに痛手 ウェイターズが負傷退場も、穴を感じさせないプレイでついにPO圏内へ

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
女ニートがNBAについて語るブログ
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
ギコあんてな!
あんてなパン
ブルーアンテナ
つべこアンテナ
アンテナシェア
ムササビあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS
パワプロ攻略MATOME
働くモノニュース

カウンター

逆アクセスランキング