FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 前のページ 次のページ

オールNBA 満票1stはハーデンとヤニス、初選出ヨキッチ ケンバも3rd初選出、レブロンは1st落選

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
giannisharden.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1558669548/0-

 NBA今季のベスト5に相当する「オールNBA」が23日に発表され、ヤニス・アデトクンボ(24=バックス)、
ジェームズ・ハーデン(29=ロケッツ)、ステフィン・カリー(31=ウォリアーズ)、ポール・ジョージ(29=サンダー)、
ニコラ・ヨキッチ(24=ナゲッツ)がファーストチームに選出された。

 投票はガード2人、フォワード2人、センター1人を対象にして行われ、セカンドチームとサードチームも選出。
ファースト5点、セカンド3点、サード1点の得点合計によってそれぞれ区分けされていく。

 アデトクンボとハーデンは投票権を持つ100人が全員ファーストチームに名前を記入する
いわば“満票(500点)”での選出。カリーは482点(ファースト91人)、ジョージは433点(同71人)、
ナゲッツからはカーメロ・アンソニー以来、9年ぶりとなるファーストチーム入りを果たしたヨキッチは
411点(同59人)だった。

 セカンドチームはジョエル・エンビード(25=76ers、375点)、ケビン・デュラント(30=ウォリアーズ、358点)、
デイミアン・リラード(28=トレイルブレイザーズ、306点)、カワイ・レナード(27=ラプターズ、242点)、
カイリー・アービング(27=セルティクス、195点)の5人。
サードチームにはラッセル・ウエストブルック(30=サンダー、178点)、
ブレイク・グリフィン(30=ピストンズ、115点)、レブロン・ジェームズ(34=レイカーズ、111点)、
ルディー・ゴベア(26=ジャズ、89点)、ケンバ・ウォーカー(29=ホーネッツ、51点)が選出された。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000127-spnannex-spo


「オールNBA 満票1stはハーデンとヤニス、初選出ヨキッチ ケンバも3rd初選出、レブロンは1st落選」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/25(土) 08:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:49

NBAオールディフェンシブチーム発表 初受賞は1stスマート、ブレッドソー 2ndクレイ・トンプソン

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
klay3.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1558523524/0-

 5月23日(現地時間22日)、NBAは2018-19シーズンのオールディフェンシブチームを発表した。

 これは今季ベストのディフェンダーたちをスポーツライターとブロードキャスター100人の投票によって
選出されるもので、ファーストチームとセカンドチーム各5人(ガード2名、フォワード2名、センター1名。
ポジションは主に務めているもの)に投票。ファーストチームには1位票として2ポイント、
セカンドチームには2位票として1ポイントが付与され、その合計ポイントで決定。
複数ポジションで投票された選手は、最も投票数の多いポジションに集約している。

 それでは、今季のオールディフェンシブファーストチーム、セカンドチームに選ばれた選手たちを見ていこう。
※チーム名は略称、チーム名の右は獲得ポイント(P)、右端は選出歴(①はファースト、②はセカンド)

■オールディフェンシブファーストチーム
センター:ルディ・ゴベア(ジャズ/196P):通算3度目(①×3)
フォワード:ポール・ジョージ(サンダー/195P):通算4度目(①×2、②×2)
フォワード:ヤニス・アデトクンボ(バックス/193P):通算2度目(①×1、②×1)
ガード:マーカス・スマート(セルティックス/145P):初選出
ガード:エリック・ブレッドソー(バックス/100P):初選出

■オールディフェンシブセカンドチーム
ガード:ドリュー・ホリデー(ペリカンズ/90P):通算2度目(①×1、②×1)
ガード:クレイ・トンプソン(ウォリアーズ/82P):初選出
センター:ジョエル・エンビード(シクサーズ/80P):通算2度目(②×2)
フォワード:ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ/61P):通算5度目(①×3、②×2)
フォワード:カワイ・レナード(ラプターズ/39P):通算5度目(①×3、②×2)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00163681-bballk-spo


「NBAオールディフェンシブチーム発表 初受賞は1stスマート、ブレッドソー 2ndクレイ・トンプソン」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/05/23(木) 22:43:57|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:46

【NBA】シーズンMVPはジェームズ・ハーデンが初受賞 これでOKCのコアだった3名全員が受賞に

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
smvp2018.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1529831348/0-

 NBAの各部門の受賞者が25日(日本時間26日)にショーアップ化された「NBAアワード」の中で発表され、
2017年シーズンのMVPは、ロケッツのジェームズ・ハーデン(28)がデビューから9季目で初受賞を果たした。

 ハーデンはアリゾナ大から2009年のドラフト全体3番目にサンダーに指名されてNBA入り。
ロケッツ移籍後6シーズン目となった今季は72試合に出場してリーグ1位の30・4得点と
3位の8・8アシストを記録。3点シュートもリーグ最多の265本(試投722本=成功率36・7%)を成功させた。
プレーオフでは西地区決勝でウォリアーズに3勝4敗で敗れたが、レギュラーシーズンでリーグ全体の
最高成績(65勝17敗)を残したロケッツの中心選手として活躍。
ロケッツのシーズンMVPは1994年のアキーム・オラジュワン以来、24年ぶり2人目となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000098-spnannex-spo


「【NBA】シーズンMVPはジェームズ・ハーデンが初受賞 これでOKCのコアだった3名全員が受賞に」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/06/27(水) 09:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:67

NBAアワード発表 新人王ベン・シモンズ COYは「TOR」ケイシーHC 最優秀守備選手ゴベール など

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
roy2018.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1529831348/0-

 新人王は2016年のドラフト全体トップ指名選手ながら足の故障で1シーズンを全休していた
76ersのベン・シモンズ(21)が受賞。76ersからの選出は1997年のアレン・アイバーソン以来、
21年ぶりとなった。

 リーグ最長身(2メートル8)のポイントガードでもあるシモンズは81試合に出場して15・8得点、
8・1リバウンド、8・2アシストをマーク。初年度でトリプルダブルを12回マーク。
2016年シーズンに28勝54敗だったチームを52勝30敗という好成績に導いた。

 11本すべて失敗した3点シュート、成功率が56・0%だったフリースローなど
まだ“弱点”を残しているが今後の期待値を評価され、今季20・5得点を挙げたジャズの
ドノバン・ミッチェル(21)を退けての受賞となった。

 最優秀監督にはラプターズを東地区全体の1位(59勝23敗)に導きながら解雇された
ドウェイン・ケイシー氏(61)が受賞。ラプターズからの受賞者は2007年のサム・ミッチェル氏以来、
11年ぶり2人目だが、ケイシー氏はその後、ピストンズの新監督に就任している。

 フランス出身のセンター、ルディー・ゴベアー(25)が最優秀守備選手、
サンダーからペイサーズに移籍して大活躍したペイサーズのビクター・オラディーポが最も進歩した
選手に与えられるMIP(MOST・IMPROVED・PLAYER)に選ばれ、
クリッパーズのルー・ウィリアムス(31)は3年ぶりにシックスマンを受賞。
今季の最優秀プレーにはキャバリアーズのレブロン・ジェームズ(33)が2月7日の
ティンバーウルブス戦(延長で140―138)で演じたジャンプシュートによるブザービーターが選出された。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000098-spnannex-spo


「NBAアワード発表 新人王ベン・シモンズ COYは「TOR」ケイシーHC 最優秀守備選手ゴベール など」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/06/26(火) 23:17:02|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

【NBA】圧倒的なパフォーマンスを続けたケビン・デュラント、2年連続のファイナルMVPに選出

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
18gswcle02-d.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1528513061/0-

ウォリアーズのケビン・デュラントは20得点、12リバウンド、10アシストのトリプルダブルをマークし、
2年連続でファイナルの最優秀選手(MVP)を受賞した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000027-reut-spo


「【NBA】圧倒的なパフォーマンスを続けたケビン・デュラント、2年連続のファイナルMVPに選出」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/06/09(土) 19:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:92
 前のページ 次のページ

最新記事

【NBA】リラードがスリー11本、45得点の爆発 敗れたDENも、MPJが安定したパフォーマンスを見せる
【NBA】TJウォーレン選手を放出したフェニックス・サンズ、正しかった模様   INDを下して4連勝
【NBA】前半手を抜いていたかとすら思われる状態からの後半 MIAすら圧倒したMILが貫禄の勝利
【NBA】OKCはレブロンに当てたドートがハッスル 1位確定のLALは覇気のないOFでわずか86得点
【NBA】JJJを欠くMEM、UTAに惜敗で4連敗…上位陣に勝てるビジョンは見えず
【NBA】PHI戦、八村は8得点8REB シュートは不調ながら久しぶりの3Pを決める チームは4連敗
【NBA】MIAバトラーを欠いても崩れぬベテランと若手の融合(ナン以外) 終始BOSに主導権を譲らず
【NBA】PORがHOUとの接戦を制す 要所で効いたギャリー・トレントjr、そして終盤を締めたメロの3P
【NBA】TJウォーレンとかいう無観客の貴公子 ORL戦でまたも32得点の活躍 INDのエースに
【NBA】DFに囲まれても決め切ったブッカーの真骨頂!ブザービーターでチームを3連勝に導く
【NBA】3連敗中のMEMにさらなる悲報 2年目のジャレン・ジャクソンjrが半月板損傷で離脱
【NBA】ADが42得点でUTAにきっちり勝利し、LALの西1位が確定 UTAはクラークソンの低調が誤算
【NBA】注目のザイオンvsモラントは、NOPが勝利しMEM3連敗 しかしSASもPHIに惜敗

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
銀河系まとめブログ
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング