FC2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


  次のページ

【バスケット】NBA選手、五輪参加か 12月22日の開幕目指す

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
olympic_seika_runner.jpg
記事元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603490270/0-
     http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1603488757/0-

1: 2020/10/24(土) 06:57:50.56 ID:CAP_USER9

10/24(土) 6:05配信 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e412af7e969e9f3f1e83f69bd5d601b3df8e5ab

 【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは23日、理事会を開き、2020~21年シーズンについて12月22日開幕を目指す方針を固めた。複数の米メディアが報じた。来年1月スタートの見通しだったのを早め、レギュラーシーズンの試合数を通常の82から72に減らすことで来夏に延期された東京五輪までに全日程を消化し、ウィザーズの八村塁ら選手が五輪でプレーする可能性を広げるという。

 20~21年シーズンの開催案については選手会の承認が必要となる。新型コロナウイルスにより3月に中断した19~20年シーズンは7月に再開し、今月11日にレーカーズの優勝で幕を閉じた。


「【バスケット】NBA選手、五輪参加か 12月22日の開幕目指す」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/10/25(日) 21:21:05|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

【NBA】ESPNパワーランキング 1位LAL、2位LAC、3位MIL、4位DEN、5位DAL、6位GSW

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
5020.jpg
記事元:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/basket/1602630232/
     https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/basket/1602563833/

2019-20シーズンのNBAは、ロサンゼルス・レイカーズの通算17回目の優勝で幕を閉じた。
興奮冷めやらぬなか、『ESPN』は早くも来シーズンのパワーランキングを発表。
リーグ最下位に沈んだゴールデンステイト・ウォリアーズが6位にランクインしている。

『ESPN』は、選手の移籍とドラフトを考慮したうえで、記者40人以上、インサイダー、
編集者らの投票を基にランキングを作成した。

レイカーズはアンソニー・デイビス、ラジョン・ロンド、ケンテイビアス・コルドウェル・ポープ、
エイブリー・ブラッドリー、ジャベール・マギーがプレイヤーオプションを保有。
大黒柱レブロン・ジェームズのほかに、どれだけ優勝メンバーをキープできるかが鍵を握るなか、
リーグ2連覇に向けて現時点でランキングトップに立っている。

ロサンゼルス・クリッパーズ、ミルウォーキー・バックス、デンバー・ナゲッツ、ダラス・マーベリックスと続き、
6位に入ったのがウォリアーズだった。
今回のトップ10でプレイオフに進出しなかったのはウォリアーズのみだが、
左手骨折で60試合を欠場したステフィン・カリー、左膝前十字靭帯断裂のリハビリでシーズン全休となった
クレイ・トンプソンが復活する来シーズンは、巻き返しが期待されている。

『ESPN』のニック・フリーデル記者は寸評で、「カリー、トンプソン、ドレイモンド・グリーンは
自分たちがまだ終わっていないことを証明したいと考えている。
まだハイレベルにプレイできるとリーグの残りのチームに示そうと、意気込んでいるだろう。
しかし、現実的には、優勝した時とはまったく違うチームだ。アンドリュー・ウィギンズはどのようにフィットする?
リーダーシップをもたらしたアンドレ・イグラーラとショーン・リビングストンの穴は誰が埋める?
ドラフト2位指名権を使って何をする? ウォリアーズはまだトップレベルのタレントを有しているが、
タイトルトークを再開する前に多くのギャップを埋める必要がある」と説明。
期待値が高い一方で、オフの補強を含めて不確定要素が多いとも指摘している。

このランキングを受け、『NBC Sports Bayarea』のドリュー・シラー記者も、
「ウォリアーズはこのオフにロースターを大幅にグレードアップすることが期待されており、
非常に興味深い」として、ドラフト2位指名権、1720万ドル(約18億円)のトレード例外条項、
600万ドル(約6億3000万円)のミッドレベル例外条項、ベテラン最低保証契約をどのように活用するかが鍵だとしている。

昨季まで5年連続でファイナルに進出していたウォリアーズの復活も、来シーズンの注目ポイントになるのは間違いない。

『ESPN』における来シーズンのパワーランキング上位10チーム(カッコ内は今季成績)は以下の通り。

1位:ロサンゼルス・レイカーズ(52勝19敗/優勝)
2位:ロサンゼルス・クリッパーズ(49勝23敗/カンファレンス準決勝敗退)
3位:ミルウォーキー・バックス(56勝17敗/カンファレンス準決勝敗退)
4位:デンバー・ナゲッツ(46勝27敗/カンファレンス決勝敗退)
5位:ダラス・マーベリックス(43勝32敗/プレイオフ1回戦敗退)
6位:ゴールデンステイト・ウォリアーズ(15勝50敗/リーグ最下位)
7位:ボストン・セルティックス(48勝24敗/カンファレンス決勝敗退)
8位:フィラデルフィア・76ers(43勝30敗/プレイオフ1回戦敗退)
9位:マイアミ・ヒート(44勝29敗/ファイナル敗退)
10位:ブルックリン・ネッツ(35勝37敗/プレイオフ1回戦敗退)
https://news.yahoo.co.jp/articles/19ca99bc8a7d51c242ded968c5867efab4fac9cd

【ESPN】パワーランク
https://www.espn.com/nba/story/_/id/30040447/nba-power-rankings-way-too-early-edition-next-los-angeles-lakers-miami-heat-all-30-teams

「【NBA】ESPNパワーランキング 1位LAL、2位LAC、3位MIL、4位DEN、5位DAL、6位GSW」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/10/17(土) 09:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27

【NBA】香港支持ツイートのヒューストン・ロケッツGM #ダリル・モリー氏、今月いっぱいで辞任

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
5019.jpg
記事元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602839533/0-

1: 2020/10/16(金) 18:12:13.92 ID:CAP_USER9

2020年10月16日 11:59 
発信地:ニューヨーク/米国
https://www.afpbb.com/articles/-/3310191
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/8/1000x/img_98c8c05077ab44018f228892e8bfa9f6166215.jpg

【10月16日 AFP】米プロバスケットボール(NBA)、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)のダリル・モリー(Daryl Morey)ゼネラルマネジャー(GM)が15日、辞職してチームを去ることになった。同氏は昨年、香港の民主化デモを支持する内容のツイートをして中国とリーグとの間に亀裂を生じさせていた。

 2007-08シーズンからロケッツの球団運営を主導していたモリー氏は、米フロリダ州オーランド(Orlando)の隔離環境下で行われていた今季のプレーオフでチームがウエスタンカンファレンス準々決勝で敗退した後に自ら退団することを決断し、「オーランドから戻ってヒューストン・ロケッツでの素晴らしい14年間を振り返り、家族や親しい友人に自分の考えを相談した後、ロケッツを去ることに決めた」と述べた。

 1年前に投稿した香港のデモに関するツイートによって、NBAが中国のスポンサーを失ったり、同国内でのテレビ放送が約1年間取りやめになったりする事態に陥ったことで、モリー氏の最後のシーズンは厳しい目が向けられた。中国でNBAの中継が再開されたのは、今季のファイナル第5戦が行われた今月9日のことだった。

 2017-18シーズンの最優秀エグゼクティブ賞に輝いたモリー氏について、NBAのアダム・シルバー(Adam Silver)コミッショナーとロケッツのティルマン・ファティータ(Tilman Fertitta)オーナーは、中国側が同氏の解任を求めたり、この問題でNBAの経済損失は約4億ドル(約421億円)にも上ると見積もられたりしていた中でも、擁護する姿勢を示していた。

「ティルマンと私は戻ってきてから何度も話し合った。一緒に過ごしてきた間、彼の揺るぎない支援と助言は、チームの成功にとって重要なものだった」と語ったモリー氏は、ロケッツが今季のプレーオフで敗退した後、ファティータ氏に辞任を申し出て契約終了となった。

 2019年3月にロケッツと5年間の契約延長を結んでいたモリー氏は、次期ヘッドコーチ(HC)を決めるべく10月いっぱいはチームにとどまることになっている。(c)AFP


「【NBA】香港支持ツイートのヒューストン・ロケッツGM #ダリル・モリー氏、今月いっぱいで辞任」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/10/16(金) 21:27:23|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:49

【NBA】トランプ大統領とペンス副大統領、NBAを批判「まるで政治団体」「利権が絡む中国の人権問題については黙っているのに」

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
statue_of_liberty.jpg
記事元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1598566290/0-

1: 2020/08/28(金) 07:11:30.77 ID:CAP_USER9

2020年08月28日 06:32バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/08/28/kiji/20200828s00011061151000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/08/28/jpeg/20200828s00011061150000p_view.jpg

 ドナルド・トランプ米大統領(74)は27日、警官による黒人男性への発砲に抗議して試合をボイコットしたNBAバックスの行動と、その後の試合を延期にしたリーグの判断について触れ、「抗議のことはよく知らないが視聴率が悪いことは知っている。人々がNBAに少しうんざりしているからだと思う。まるで政治団体だ。これは我が国のスポーツ界にとって決していいことではない。」と痛烈に批判した。

 AP通信が伝えているもので、同大統領は今月に入ってラジオ局のインタビューでも国歌斉唱の際に膝をつくNBAの一部の選手の行為について「非常に不愉快だ」と辛らつな見解を述べたばかり。さらに大統領をサポートするかのようにホワイトハウス関係者の“NBAバッシング”が続出。マイク・ペンス副大統領(61)が「ばかばかしくて愚かな行為だ。NBAは利権が絡む中国の人権問題については黙っているのに、警察の発砲については声をあげる」と、CNNの取材に対して答えたことを側近のスタッフが明らかにした。

 さらにトランプ大統領の娘婿、ジャレッド・クシュナー上級顧問(39)は「NBAの選手は経済的に恵まれているから1日休んでも影響はない。平和的な解決こそが重要」と語り、側近の1人でもある共和党のトム・コットン上院議員(43)は「未熟な行為だ。警官が発砲にいたった詳細はまだ明らかになっていないので結論を急いではいけない」とボイコットを選択したバックスの選手たちにきびしい意見を突き付けた。


「【NBA】トランプ大統領とペンス副大統領、NBAを批判「まるで政治団体」「利権が絡む中国の人権問題については黙っているのに」」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/08/28(金) 13:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:68

NBA、現地28、29日の再開に向けて協議

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
4882.jpg
記事元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1598520616/0-

バックスのボイコットを機に、26日のNBAプレーオフの試合はすべて延期となった。
バックスの本拠地であるミルウォーキーがあるウィスコンシン州で、
黒人男性に対する警官の過剰な暴力があったことがそのきっかけとなった。
現状の『Black Lives Matter』活動では社会正義は実現できないと明らかになったのは、
すべてのNBA選手にとって大きな衝撃だった。

今後の対応を巡るその日のミーティングは意見が割れたが、翌27日に関係者が集まり協議を行い、
プレーオフ再開を決めた。
NBAはあらためてミーティングを行い、具体的な再開スケジュールとともに人種的不平等に
NBAとしてどう対処するかの行動計画を話し合うことを明かしている。
それとともに、27日の3試合(ナゲッツvsジャズ、セルティックスvsラプターズ、
クリッパーズvsマーベリックス)の延期を明かしている。

『ESPN』など各種メディアによれば、28日もしくは29日のリーグ再開に向けて方法論が探られているようだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9497cdb3ce1fc9da8df6e00daee917b6190b73cf


「NBA、現地28、29日の再開に向けて協議」 の続きを読む


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2020/08/28(金) 08:10:09|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:33
  次のページ

最新記事

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ

【アンテナサイト】
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
アンテナ速報

【2ちゃんねるまとめ】
銀河系まとめブログ
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング