fc2ブログ

NBAを中心としたバスケットの2chまとめブログ


 

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.5】

twitterへRTするこの記事をtwitterへリツイートする
kensho.jpg

ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.1】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.2】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.3】
ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.4】

13位~17位タイまでの5チーム。


◆23-24シーズン掲載数順位◆

1. 56回 ロサンゼルス・レイカーズ (前回1位タイ【±0】
2. 52回 ゴールデンステイト・ウォリアーズ (前回3位【+1】
3. 51回 ロサンゼルス・クリッパーズ (前回10位【+7】
4. 48回 フェニックス・サンズ (前回11位タイ【+7】
5. 32回 オクラホマシティ・サンダー (前回15位タイ【+10】
6. 28回 ミルウォーキー・バックス (前回18位【+12】
7. 23回 デトロイト・ピストンズ (前回24位タイ【+17】
8. 21回 デンバー・ナゲッツ (前回5位【-3】
9. 20回 ダラス・マーベリックス (前回14位【+5】
10.18回 ワシントン・ウィザーズ (前回4位【-6】
10.18回 サンアントニオ・スパーズ (前回26位タイ【+16】
10.18回 ミネソタ・ティンバーウルブズ (前回6位【-4】
13.16回 フィラデルフィア・76ers (前回7位【-6】
14.15回 インディアナ・ペイサーズ (前回28位タイ【+14】
14.15回 メンフィス・グリズリーズ (前回15位タイ【+1】
16.14回 ニューオリンズ・ペリカンズ (前回11位タイ【-5】
17.13回 オーランド・マジック (前回24位【-6】

17.13回 マイアミ・ヒート (前回23位【+6】
17.13回 クリーブランド・キャバリアーズ (前回22位【+5】
20.11回 ニューヨーク・ニックス (前回19位タイ【-1】
20.11回 ヒューストン・ロケッツ (前回26位タイ【+6】
22.10回 サクラメント・キングス (前回15位タイ【-7】
22.10回 ボストン・セルティックス (前回19位タイ【-3】
22.10回 シカゴ・ブルズ (前回19位タイ【-3】
25. 9回 ポートランド・トレイルブレイザーズ (前回8位タイ【-17】
26. 8回 ユタ・ジャズ (前回8位タイ【-18】
27. 7回 アトランタ・ホークス (前回24位タイ【-3】
27. 7回 ブルックリン・ネッツ (前回1位タイ【-26】
29. 3回 シャーロット・ホーネッツ (前回30位【+1】
30. 1回 トロント・ラプターズ (前回28位タイ【-2】



◆17位タイ・・・掲載数13回
オーランド・マジック(実順位:東8位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
29位 28位 29位 26位 30位 28位 11位 17位

バンケロというドラ1を引いて、低コメント界の覇王の座を辞した昨季。
昨季には及ばないものの、自慢の若手陣とともに
きっちり実順位を伸ばして掴んだ17位タイという現状は悪くなさそう。

HOUと同じく序盤のスタートダッシュ時に得たコメントが中心で、
それ以降掲載頻度は落ち着いているが、チームがプレイイン~プレイオフ争いを
継続している以上は悪くなることもないだろう。
また若手中心チームの中では一番ディフェンスレーティングが良い、
ということも好材料か。

基本的なコメント要因は、
普通にオールスターとなったバンケロ、次いでフランツ、サグス、
ひとつまみのイングルスといった所だが、
オールラウンダーが活躍するよりも、
得手不得手が明確な選手が活躍した方が伸びるのか、
アイザックやフルツ、モーあたりが魅せた時の方が
「うおおおおお!!!」となる頻度が高い。
皆ロマン枠大好きということか。



◆16位・・・掲載数14回
ニューオリンズ・ペリカンズ(実順位:西6位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
13位 10位 19位 5位 11位 25位 11位 16位

昨季は実順位が一時首位に立つなど、センセーショナルな活躍をしていたチームだけに、
やや落ちはやむを得ない所か。
今季もザイオン次第なNOPの盛り上がりではあるものの、
ここまでのザイオンの出場数は44試合と、かなり頑張っている方。
チームもプレイオフ圏内にいる状況を考慮すると、もう少し上でも良さそうな気はするのだが。

どうもNOPと、もう1つの西のチーム(そのチームの時に言います)は、
西の人気四天王「LAL、GSW、LAC、PHX」の4チームにコメントを食われていると思われる。

例えば
PHX戦が11:00~
NOP戦が11:30~
LAL戦が12:30~
みたいなスケジュールが組まれている際、
PHX戦が終わった後にLAL戦に移行するパターンが多く、
NOPについて言及するタイミングを失したまま終わってしまうのだ。

上記のパターンでいくと、ザイオンはKDやWatanabe、
レブロンや八村より注目されないといけないわけだから、これは茨の道。



◆14位タイ・・・掲載数15回
メンフィス・グリズリーズ(実順位:西13位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
4位 11位 4位 12位 26位 7位 15位 14位

昨季、注目度の高い中から不祥事などが続き、プレイオフ初戦で敗退したMEM。

スマートを獲得して新体制で臨んだ新シーズン。
そしてそこそこの位置でジャ・モラントの復帰を待つシーズンだったはずだが。
蓋を開けてみれば、大黒柱アダムズの離脱から始まる離脱ドミノにより、
MEMはすっかり謎チーム筆頭と化してしまった。
チームも敗戦続きで、これはエースが復帰したとしても、
とてもプレイオフ戦線に返り咲くのも難しいと思われる中ではあったが、

逆にここまで謎チームとなるとわりと頑張るのが熊の真骨頂。
ビンス・ウィリアムズjrを筆頭に、グレゴリー・ジャクソン二世、ジェイコブ・ギルヤードなど、
新メンバーが頑張るMEMを応援する声は少なくなかった。
そんな状態で戻ってきたジャ・モラント。
再離脱までわずか9試合ではあったが、熊ワンチャンいけるのか?
と思わせるには充分な存在感を放った。
そして刹那のフルブーストハイパー熊アタックで2回打ち倒されたNOPは泣いていい。

さらにTDLを経てMEMが再び手を出してしまった麻薬「Watanabe」。

西13位という、東だったら間違いなく本ランキング最下位クラスに沈むであろう状況において、
謎チーム⇒エース帰還⇒Watanabe と最後までネタを切らさずにコメントを稼ぎ続けたMEMを
東のチームは見習わなければならない。

そして来季ロスターに残ったWatanabeが、コンテンダーに復帰したMEMと共に優勝を目指すんだ…。



◆14位タイ・・・掲載数15回
インディアナ・ペイサーズ(実順位:東6位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
21位 22位 26位 26位 26位 21位 28位 14位

CHAほどではないものの、
例年20位台を常にフラフラしていた地味チーム筆頭のINDがついに上昇。

その中心となったのはもちろんタイリース・ハリバートンだ。
全盛期カズンズ、AD、ドラモンドなどのように、
スタッツを擦るだけで盛り上がれてしまうタイプで、
アシストとターンオーバーの数を調べるだけでご飯がおいしくなってしまう選手だ。

彼の影響力とともに、チームも浮上。
そこで行われたインシーズントーナメントも、彼の存在をクローズアップさせてくれた。
そしてこのチームの魅力がそのオフェンスにあるわけだが、
ATL以上のオフェンス力で生み出される殴り合いは、
(プレイオフで勝てるかどうかはともかく)視聴者を虜にし、
コメントを盛り上がらせていった。

しかし彼に次ぐコメント要因は、せいぜいベネディクト・マスリンくらいで、
Nrtgの高い選手が他にいないのが玉に瑕。
なおパスカル・シアカムの獲得後には2試合掲載されているが、
どちらも敗戦したもの。
シアカムの獲得自体はとても良いものの、
コメントに寄与していないあたりは非常にINDっぽい。



◆13位・・・掲載数16回
フィラデルフィア・76ers(実順位:東5位)


16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22 22-23 23-24
12位 11位 7位 13位 11位 15位 7位 13位

昨季MVPを獲得したエンビード、
そしてようやく手を離すことができたハーデンと、ドックHC。
こんにちはナースHC。

紆余曲折あったものの、
優勝を勝ち取るべく、万全の態勢で迎えた新シーズン。
マキシーの台頭、ウーブレの躍動、MAXのMAXなど
ハーデンの離脱を感じさせない強さのPHIは、序盤の連勝で一時首位にも立った。
ミドルマスターとなったエンビードはさらに強力になり、
むしろ今季こそMVPにふさわしいと、皮肉のような賞賛をされる始末に。
そしてついにヨキッチとの直接対決にも勝利…。
ついに時代がエンビードを祝福し始めたかとも思われた中訪れた、エンビードの全休。

未だプレイオフ圏内にはいるものの、
昨季のBKNと同じく、エースが残した貯金があるだけの状態。
エンビード離脱後は記事掲載も1つのみと苦しい。

実はトバイアスがもう1段階の変身を残してた、とかならない限り、
PHIの優勝を目指すシーズンは事実上終了しているだろう。
「if・・・」




テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2024/02/21(水) 17:00:00|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<JJレディックが、LAC時代の指揮官だったドック・リバースHCを「言い訳ばかり」と指摘 | ホーム | ゲームのピックアップ数から検証する、各チームの傾向 【23-24シーズン Vol.4】>>

コメント

Watanabeは来季残れたとしてもシーズン最後までキープされるかずっと崖っぷちの戦いよな
  1. No.1 URL |
  2. 2024/02/21(水) 17:35:36 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

IND、NOP、ORLの初PO組は今年は勝ち上がるのはきついかもしれないけど、上位相手でも何かしらできることを見せてくれないと来季以降の注目度がガタ落ちしそう
去年のMINは首位DENに相当食らいついて先への期待感も上がったけど、CLEは一応下位のNYK相手に爆散して肝心な時にダメな子扱いされてた記憶がある
  1. No.2 URL |
  2. 2024/02/21(水) 17:46:15 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

> ◆22位タイ・・・掲載数13回
> オーランド・マジック(実順位:東8位)
管理人さん、ここ17位の間違いっぽいですー
vol.4のやつが残ってるみたい
  1. No.3 URL |
  2. 2024/02/21(水) 18:29:01 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>管理人さん、ここ17位の間違いっぽいですー
>vol.4のやつが残ってるみたい

アザス
直しました
  1. No.4 URL |
  2. 2024/02/21(水) 18:46:38 |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

ヒールドとペインが意外と馴染んでるんだよなー76
とはいえ他のTDL組(+ドック)と同等に視聴意欲掻き立てるかと言うとなかなか厳しいが

スーパースターのモーバンバ、なんとかしろ

INDはマコネルを推せ、とにかく推せ
  1. No.5 URL |
  2. 2024/02/21(水) 19:15:49 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

ほとんど東のチームしか出てこねえ、、、
はやく西のチーム批評を聞かせろ!笑
  1. No.6 URL |
  2. 2024/02/21(水) 21:16:19 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

16位〜30位の中に東が10チーム!どれだけ西高東低なんだよ、、、
  1. No.7 URL |
  2. 2024/02/21(水) 23:41:27 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

西のパシフィック4馬鹿のNrtgが高すぎるんよ
  1. No.8 URL |
  2. 2024/02/22(木) 00:07:48 |
  3. バスケ大好き名無しさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nbama.blog.fc2.com/tb.php/9415-a660b471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

最新記事

【NBA】イースタンカンファレンスファイナル BOS-IND 展開(INDがどれだけ頑張れるか)予想
【NBA】オールルーキーチーム 1st:ウェンビー、チェット、ミラー、ハケス、ポジェ 2nd:ライブリー、GG、キヨンテ、アメン、ケイソン
【NBA】MEM在籍時以来となる、2度目となるCFに挑むマイク・コンリー NBA随一の堅実かつIQの高いプレーでチームをファイナルに導けるか
【NBA】ルディ・ゴベア、許されるどころか選手としてのステージを2つ3つ上げてくる
【NBA】身内問題で心身ともにダメージも MIN戦でパフォーマンスを落としたMPJは、DEN復権の補強ポイントとなるのか
【NBA】DAL勝ち上がりのキーマンとなったDJJは、POでこそ光り輝くビヨンボタイプなのか
NBAの、そしてミネソタの時代が動く 王者DENをgame7で下したMINがCF進出決定
【NBA】70%近いFGでMSGを静まり返らせたINDがCF進出!NYKはOG4分、ブランソン骨折と、心身出し切っての敗退に
【NBA】ホーネッツがそだてたPJワシントン、腕組みポーズで一躍人気に
【NBA】SGAエースの重責は果たすも、1位OKC散る DALが西CF進出決定
【NBA】トレイ、デジャンテ、カペラ…ドラフト1位指名権獲得のホークスの動きは再建か補強か
【NBA】ユーゴスラビアとかいう人材の宝庫www
【NBA】INDが完勝 互いのホームを取り合う激戦は第7戦へ ハートも苦しくなったNYKはどうなる

スポンサードリンク

最新コメント

カテゴリ別

月別アーカイブ

RSS・twitter・facebook

リンク

【バスケ関連】
NBA ALL-ROUND MAGIC
NBAまとめアンテナ
【アンテナサイト】
とろたまヘッドライン
勝つるあんてな!
つべこアンテナ
ウリエルあんてな

【2ちゃんねるまとめ】
MLB NEWS

カウンター

逆アクセスランキング